Web建築ニュース

2022.9.2

「核兵器のない平和で公正な世界のために」/原水禁世界大会に仲間30人

 原水爆禁止2022年世界大会は「被爆者とともに、核兵器のない平和で公正な世界を~人類と地球の未来のために」をテーマに開催され、京建労代表団としてメイン会場となる広島大会(8月4日~6日)に参加しまし……

2022.9.2

【新連載】地下足袋と軍靴をこえて 建設労組がなぜ平和運動を?その源流をつなぐ②

社史には名も残らぬ大量動員の労働者 大手ゼネコンの社史の中には、戦争協力が本格化していく当時のことがたくさん書かれています。 例えば「大林組百年史」を見ますと、「旅順港閉塞作戦」では、「港の出入り……

2022.8.3

原爆の記憶をつなぐ京建労代表団/原水禁世界大会に広島へ

 8月4日から6日にかけて開催される「原水爆禁止世界大会・広島」に京建労の本部・15支部・本部青年部・本部主婦の会を代表して合計30人が参加します(7月27日現在)。 7月26日には、京建労会館と中……

2022.8.3

被爆地への折り鶴を支部代表に

 2022年度の原水爆禁止世界大会に向けて、支部の代表が被爆地に折り鶴を奉納するとりくみを行っている京建労の組織は、乙訓支部(教宣平和部が担当)、右京支部主婦の会、醍醐支部主婦の会です。 乙訓支部で……

2022.8.3

【新連載】地下足袋と軍靴をこえて 建設労組がなぜ平和運動を?その源流をつなぐ①

まえがき  「建設労働者の腕や知識は絶対に戦争に利用させてはいけない。建設産業というものは、平和であってこそ『社会的有用産業』として発展することができる。平和でなければ建設産業は駄目なんだ」  こ……

2022.7.15

あの悲劇から77回目の夏/広島へつなぐ平和の行進

広島市と長崎市に原子力爆弾が投下され、今年で77年を迎えます。罪のない多くの市民が無差別に殺戮され、生き延びた人々も後遺症に悩まされ続けています。京建労も「平和な世の中に核兵器はいらない」「悲劇は繰り……

2022.7.5

核廃絶 思いつないで被爆地へ/世界平和を願い「国民平和大行進」

 6月21日、核兵器禁止条約の第1回締約国会議がウィーンで開会されたその日、「原水爆禁止世界大会」に向けて全国を徒歩でつなぐ「国民平和大行進」が滋賀県から京都府に引き継がれて、ラクト山科公園での引き継……

2022.5.16

ロシア・ウクライナ情勢に乗じた改憲許すな/施行75年の憲法記念日に集う

 5月3日に開催された「生かそう憲法 守ろう9条 5・3憲法集会in京都」は、「円山公園音楽堂」に2500人を集めて開催されました。京建労からは市内・南部・中丹地域の仲間が会場に集まり、北部支部はライ……

2022.5.7

平和憲法今こそ守ろう/ロシアによるウクライナ侵略に抗議

 4月23日、ロシアによるウクライナ侵略に抗議する「いのちを守れ! 平和を願う街頭演説&デモ行進」が京都市役所前で開かれて京建労からも参加しました。プラカードなどを持ち寄って集まった参加者は全体で18……

2022.4.15

建設業は平和産業/改憲反対全国署名にご協力を

 岸田首相は所信表明演説で改憲への意気込みを語りました。首相だけでなく、自民党、公明党、日本維新の会、国民民主党も改憲へ前のめりの姿勢を明らかにしています。「誰も殺さない、誰も殺させない」その理念がつ……

最新記事

カテゴリー

月別

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に