住宅デー


電話による住まいの無料相談デーを開催しました

2021年度の「住宅デー」は、新型コロナウイルス感染症の影響から、これまで行ってきた木工教室、網戸張替え、包丁研ぎなどのボランティア活動を自粛し、6月13日に本部と支部による電話相談「無料相談デー」にとりくみました。(写真は上から順に、乙訓支部、伏見支部、宇治支部の当日の様子)

【30件の電話が寄せられる】

西京支部では独自に音源を作って当日宣伝カーを走らせたり、中丹支部では、綾部のラジオ局「FMいかる」から取材があったほか、全体で30件の電話があり、雨漏り修繕やクロス張り替えなどの相談がありました。

相談に立った参加者からは、「コロナ禍が収まれば分会で開催したい」「住宅デーは地域の仕事おこしに必要」など、電話相談だけでは物足りないという声が多くありました。一日も早くコロナ前の状況に戻ってほしいと願う声も聞かれ、2022年度に向けて各地で親しまれてきた「住宅デー」の再開を検討していきます。

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に
(C)2017, 全京都建築労働組合, All Rights Reserved.