Web建築ニュース

いらかの波 No.1170

2020年10月6日

私はいま70歳で、孫が6人います。お正月になるとお年玉が大変です。私の心配事は「今の日本で子どもたちが生活できるのか」ということです。日本政府は自分たちのことばかり考えず、子どもたちの未来のことをもっと考えてほしい。子どもは日本の宝なのだから▼いま日本は新型コロナウイルス感染症で大変です。これは世界でも同じです。コロナで死ぬか経済で死ぬか、先行きが不安です。早くワクチンができて元の生活に戻ってほしいです▼仕事がなく生活に困り、自死が急増しました。これはまぎれもなく政府の責任です。憲法を変える前に、政治を変えてほしい。そして安倍政権が終わり、新しい総理大臣が誕生しました。いま国民は何を求めているのか、新しい日本政府はしっかり考えてほしい。自分たちばかりではなく、国民の代表として責任をもって頑張ってほしいと思います▼京建労も2020年で創立から70周年を迎えました。これからも新しいことに挑戦してほしいと思います。京建労もいま、改革の時期なのかもしれません。新型コロナに負けない組織づくりをめざすためにも、困っている人がいたら仲間が声をかけ、助けあって強い組合になろう。
(林)

【建築ニュース1170号(2020年10月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に