Web建築ニュース

第91回全京都統一メーデーアピール

2020年5月1日

第91回全京都統一メーデーは、新型コロナウイルス感染拡大に対処しなければならない重大事態の下で、二条城前での大集会及びデモを取りやめる決断をしました。同時に、本日付の新聞広告(京都新聞)やSNSメッセージプロジェクトなどで、ひろく府民の皆さんに、メーデーの意義と私たちの決意を発信します。

今ほど、いのちを守るために、労働者の団結が求められる時はありません。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に先頭で立ち向かっている医療や公衆衛生現場、福祉労働者をはじめとする仲間に団結して、命と暮らし、雇用と生業を守りぬくために力を合わせることを心から呼びかけるものです。これまで政府が進めてきた保健所の統廃合や感染病床の削減をはじめ、公衆衛生部門と医療提供体制の縮小再編の被害は甚大です。自治体リストラを改め、医療提供体制の充実を強く求めます。

緊急事態宣言が発せられたもとで、「休業要請と補償はセットで」の悲鳴に応え、政府は、休業要請による収入減少を直接完全補償するべきです。昨年の消費税増税によって、景気悪化が進むところに、コロナによる経済危機が重なりました。今こそ直ちに消費税減税を行い、全ての人々のくらしと生業を守るべきです。大企業の内部留保も軍事費も、いのちと暮らしのためにつかう政治こそ求めましょう。

「#月48万円必要」で全国に話題を呼んだ生活実態調査(最低生計費試算調査)の結果を確信にして、「8時間働けば、普通に暮らせる社会」の実現へ、全国一律最賃制度と最賃1500円をめざす運動を進めましょう。

安倍政権は、相変わらず改憲に執念を燃やしています。広範な市民と野党の共闘の力で、改憲を阻止し憲法が輝く平和な社会を実現しようではありませんか。

働く者の団結で、賃上げと均等待遇を実現し、労働者・国民本位の経済を取り戻すために、労働組合を強く、大きくしましょう。全ての労働者・府民の力をいまこそ総結集することを呼びかけるものです。

日本初のメーデーから一世紀。どんな情勢下でも、闘う歴史と伝統を受け継ぎ、働くものの団結で、生活と権利、平和と民主主義を守るため、ともに奮闘しましょう。

働くものの団結、万歳!  第91回メーデー万歳!

 

2020年5月1日

第91回全京都統一メーデー大会

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に