お知らせ

現場で働くすべての仲間と

2021年6月1日


京建労は建設業の仲間の労働組合として、あらゆる場面でサポートします。
あなたもぜひ、加わりませんか。

コロナ相談7000件以上、仲間に寄り添い動かす

組合員の事業所を訪問し声を聞く支部役員

活用できる制度や現場の感染対策など、訪問や相談会で情報提供を行っています。その数7000件以上。熱中症対策として必要な「空調服」が京都府の補助金の対象になるなど、現場の声で実現させてきました。

働き続けられる建設業界へ、現場の声とどける

2019年の京都府との交渉は、初めて京建労会館で開催

設計労務単価は上がっても、労働者の賃金は上がっていません。若者が希望を持って働き続けられる業界にと、国や自治体、企業と交渉。「コロナ禍だからこそ現場従事者に適正な賃金が支払われるべき」と訴えています。

働く仲間のどんなステージでも

CCUSのIDカードを掲げる仲間

法人化や独立など、前向きな転機となる場面でも力になるのが京建労。必要な保険や手続き、帳簿のつけ方など丁寧に相談にのっています。建設キャリアアップシステム(CCUS)の登録認定機関として、スキルアップも応援。

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に