青年部

「つながり広げて、支えあおう」/青年部が仲間ふやし決起集会

2017年11月13日

青年部は10月8日、京建労十条駐車場にて「秋の仲間ふやし月間中間決起集会&BBQ交流会」を開催しました。
参加したのは6支部から15人の仲間たちで、仲間ふやしの経験交流や仕事のことなどおおいに盛り上がりました。また衆議院解散・総選挙の公示を控えて、政治の話題も多く語られ、自分たちのくらしや未来も活発に議論されました。
開会に先立ち青年部長の日笠廷志さんがあいさつに立ち「青年部の仲間ふやし到達は少し停滞気味です。青年部はつながりがいのち。仲間から仲間へ声をかけあって500人の青年部実現へ力を貸してください」と参加者に訴えかけました。

訓練生もみんなで参加/その場で加入の仲間も

仲間ふやしの報告では伏見支部が3人の仲間がふえたことを報告。参加者からもひときわ大きな歓声があがりました。
また京建労の職業訓練校からも2年生が全員参加し、日ごろの活動などの報告をしてくれました。訓練生で青年部未加入だった左京支部の松田星華さんが仲間の声かけで加入し、「これからよろしくお願いします」と元気に報告をしてくれました。
参加者には6月に行われた「良縁ガテラブ」に参加してくれた仲間たちも多くいて、女性を前に緊張したことやカップルになったその後の話などでも盛り上がりを見せていました。
参加した村上保さんは「休みの日はあまり人とは会わないので、こうやって仲間たちと話せてとても楽しかったです。青年部の企画はこれからも参加したい」と感想を寄せてくれました。

【建築ニュース1111号(2017年11月1日付)】

一覧に戻る

特集

  • 社旗保険加入指導
  • 若者に魅力ある建設産業に