お知らせ

建築ニュースが2年連続最優秀賞/京滋機関紙コンクール

2022年2月2日

 日本機関紙協会京滋地方本部は2021年12月11日に「2021京都・滋賀機関紙・誌コンクール」の審査結果発表を行いました。結果は第1種Aでは建築ニュースが、第1種Bでは左京支部ニュースが最優秀賞と各部門の最高賞に輝きました。建築ニュースは2年連続の最優秀賞受賞となりました。
以下に第1種Bで優秀作に選出された京建労の機関紙を紹介します。
【佳作】棟(山科)、京建労伏見支部主婦の会ニュース。
【努力賞】北支部ニュース。

【建築ニュース批評抜粋】
コロナ禍において、仲間のくらしや仕事、組合活動のあり方が非常によくわかる機関紙でした。奮闘する分会の仲間に寄り添った機関紙づくりはすべての組合の手本となりうる姿勢です。
組合員に加えて家族の声が生きている紙面に「読まれている機関紙」というのがよくわかります。

【建築ニュース1197号(2022年2月1日・15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に