お知らせ

【8月6日ヒロシマデー】原水爆禁止日本協議会のホームページの案内

2021年8月6日

【8月6日ヒロシマデー】
原水爆禁止日本協議会のホームページのご案内です。
本日は広島に原爆が投下され、人類史上初めての原子爆弾による悲劇から76年。
広島では平和記念式典 (広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)が開かれるなどして朝からニュース等でもご覧になった方も多いかと思います。
京建労が永続的な核廃絶署名の活動等とともに、毎年参加している「原水爆禁止世界大会」が8月2日の「国際会議」からとりくまれており、8月6日は午前10時から「ヒロシマデー集会」が開催されます。
リンク先の「原水協」のホームページから各情報にアクセスしてください。
(表示されているのは画像です。URLからジャンプします)
なお、各集会はオンライン(ZOOM・ウェビナー・参加には登録が必要です)開催となります。
京建労では、休日となる8日「テーマ別集会・被爆者とともに核兵器のない平和で公正な世界を‐禁止条約に参加する日本をめざして」・9日「ナガサキデ―集会」に各地で視聴会をひらいて参加します。
コロナ禍の折、感染拡大も広がるなかにあって、各所では小規模なとりくみとなりますが、日本中・世界中で大きく前進をしている「核兵器禁止」の流れを学び合って、今後の活動にいかします。
/以下、ホームページより引用/
原水爆禁止世界大会とは
1945年8月6日、9日-広島・長崎に原爆が投下され、2つの街が一瞬にして、「地獄」に突き落とされました。広島、長崎ではその年のうちに約21万人もの尊い命が奪われました。しかし、原爆を使用したアメリカは、広島・長崎への原爆被害が世界に伝わることを恐れ、厳しい報道管制をおこない、実態は日本国民にも、アメリカ国民をはじめ世界の人びとにも知らされませんでした。
1954年3月1日、アメリカが太平洋ビキニ環礁でおこなった水爆実験によって日本国民は三度の原水爆による被害を受けました。ビキニ水爆被災事件をきっかけに、広島・長崎の被害、放射能による惨禍を広範な国民が知り、核兵器の廃絶を求める「原水爆禁止署名」が全国でとりくまれ、1年余で当時の有権者の過半数3400万に達しました。
こうした原水爆禁止を求める大きな国民の声を背景に、1955年8月、広島で第1回原水爆禁止世界大会が、翌56年には、長崎で第2回原水爆禁止世界大会が開かれました。以来毎年、世界の人々と連帯して世界大会が開催されてきました。いまや核兵器廃絶は世界の大きな流れに発展しています。

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に