ナビゲーションをスキップ
月別

トピック

s1097-45-1.jpg
建設業界で社会保険加入指導が強化されています。2017年3月末を期限として、業界全体の社会保険適正加入をめざしたとりくみが官民あげて行われており、組合事務所にもそれに関わる相談が多数寄せられている状況です。
 国土交通省は「社会保険加入に関する下請ガイドライン」を策定し、「適切な保険」に加入していない作業員に関して4月以降の現場入場を認めない方針を示しています。このガイドラインで示されている「適切な保険」とは、雇用保険・健康保険・年金保険のことを指し、個人事業所や法人事業所、労働者の有無などさまざまな形態に合わせて社会保険の加入指導が各所で行われています。
 組合事務所に寄せられている相談の中には誤った認識による「適切な保険」ではない社会保険への加入指導が行われている事例もあります。
 京建労に加入していて、法人事業所や5人以上の労働者を雇い入れている事業所の中には、協会けんぽ(健康保険)の適用を除外し、国から「適用除外承認」を受けた建築国保に加入している事業所もあります。そういった事業所に対し現場担当者が協会けんぽへの加入を指導するケースが少なくありません。
 「適用除外承認」を受けた建築国保は、国が定める「適切な保険」であり、現場入場にあたり条件を満たした社会保険のひとつです。
 混乱する現場の中で自身が加入するべき社会保険は何なのか理解を深めていくことが今求められています。京建労では社会保険に関する組合窓口での相談を随時受け付けています。またセミナーなども開催していますので、気軽に相談をお寄せください。
【建築ニュース1097号(2017年3月15日付)】
sけんせつ経営セミナーCPD(16.12.03).jpg
 京建労では「若者が育つ建設産業へ」をひろく訴えて
建設産業全体の労働環境の前進のための活動を2016年度の運動の重点のひとつにしています。

「社会保険の整備」という重要な課題に際して
現場からは「必要な社会保険に加入しないと現場に入れない」という声とともに
元請・下請の現場管理者のなかでも、「法定福利費の別枠支給・請求」に関する周知が遅れており「話が通じない」「もらえない」「賃金に含まれている」などと言われたといった実態も多く聞こえてきます。

s1059-1- (6).jpg
 現在、地元建設会社や大手専門工事企業から京建労へ「講師の派遣依頼」が相次いでいます。
 協力業者や下請業者を対象とした、安全大会や勉強会で社会保険未加入問題を題材にした講義が多くひらかれる中で、「現場のことをよく知っている」と同題材での講義で、京建労が選ばれています。
 2017年を期限として、官民あげて加入促進が行われる中で、なかなか加入がすすまない現状があります。元請や大手企業から喜ばれる理由は「現場目線での講義」です。講義を介し、「社会保険の相談は京建労へ」と現場でも広がっています。
【建築ニュース1059号(2015年5月15日付)】
事業所代表が分会役員に
 組合員訪問を代表とした、京建労の"ネットワーク力"は魅力的です」と話すのは、左京支部下鴨分会の執行委員・中部さんです。

【解説】現場に若者がいない

2013年12月 5日(木)
現場労働者の賃上げ・待遇改善と、カギを握る「標準見積書」
1027-2-8.jpg
 今、建設産業で働く20代30代の若者が激減し、従事者の高齢化がすすんでいます。このままでは将来、国民の安心安全を守る建設産業が立ち行かなくなるという危機感から、国は若年層の入職をすすめなければならない(上表)として、さまざまな対策を打ち始めています。本部・酒井仁巳書記長が、10月8日に開催された全建総連「若者が入る建設産業をめざす学習会」で話された国が示す方向性を紹介します。

建設業協会と初の会談
1026-1-1.jpg
9月12日、京都府建設業協会・岡野益巳会長と、京建労・吉岡徹委員長の会談が組合結成以来初めて行われました。これは2012年10月に社会保険未加入問題で事務レベルでの意見交換を行ったときに、同じ建設業の団体として入札問題や後継者対策、災害復旧と地元業者の役割など、多くの点で問題意識が一致したことをきっかけに、岡野会長と吉岡委員長の会談を申し入れ実現しました。会談には京都府建設業協会より平岡幹弘専務理事・山口彰事務局次長、京建労より酒井仁巳書記長・松原秀樹書記次長が同席しました。


京建労発★子育て応援企画

2013年12月 2日(月)
キッズパーク笑顔はじける大盛況
1024-1-1.jpg
 8月25日、時折雨脚が強まる悪天候の中、子育て応援企画「キッズパーク」が京都市梅小路公園・緑の館を会場に開催。
 子育て世代やその家族・子どもたちと、次世代建設委員・青年部・主婦の会、模擬店に協力した左京支部、伏見支部の仲間をはじめ要員や本部・支部役員などあわせて約330人が参加しました。

―適正な契約による適切な賃金水準確保に向けて―

 今年3月末日に国土交通省が発表した2013年度公共工事設計労務単価。
 全国平均で過去最高の平均16%アップになりました。また、京都においても全職種平均で12.5%アップになり、例えば大工で1万8200円(昨年1万6100円)、塗装工で1万9300円(昨年1万6700円)など大幅に引き上がっています。
 7月3日に行われた安倍首相と日本共産党・志位委員長との党首討論にて、志位委員長が自民党とゼネコンとの利権に汚れた癒着を明らかにしました。京建労はこの癒着に対し、満身の怒りを込めて、緊急抗議声明を発表しました。
1022-4-6s.jpg
 夏休みの子どもたちが楽しめる、京建労が準備した子育て応援のイベントに家族そろってご参加ください。
 8月25日(日)梅小路公園・緑の館にて「キッズパーク」を開催します。とんかち教室(貯金箱づくり)、トールペイント、万華鏡づくり、人形劇など子どもたちが無料で楽しめる企画が盛りだくさんです。詳しくは配布されるチラシを♪

木材利用ポイント・追加募集

2013年7月16日(火)
 国内産木材を活用した新築・リフォームに、国(=林野庁)が最高60万円相当のポイントを付与する「木材利用ポイント制度」が2012年4月から始まり、住宅施工業者の登録がよびかけられていましたが、このたび登録事業者の追加募集が告示されましたので組合員のみなさんにお知らせします。登録申請の期限は7月31日です。京建労技住対部では、大工・法人事業主のみなさんに直接ご案内しています。

 建設業退職金共済制度(建退共)は、建設事業所むけに国がつくった退職金制度です。働いた日数分の証紙を手帳に貼ってもらい、退職時に貼った枚数(年数)分の退職金が支払われる制度です。
1017-1-2.JPG 北朝鮮がアメリカに向けて発射するミサイルを哨戒するためのXバンドレーダー基地を京都府京丹後市に建設する計画が、2月の日米首脳会談ののち急速に進展し、地元では『寝耳に水』と不安が広がっています。
 日本機関紙協会京滋地方本部は4月11日、「共同取材」として8人がレーダー基地建設予定地の京丹後市に入り、住民の意見を聞きました。

支払われていますか?生活できる賃金

2013年4月15日(月)

2013-sekkeiroumutanka.jpg昨年度比15%の大幅増 / 元請はこの金額で積算している

  国土交通省は3月29日、2013年度の公共工事設計労務単価(基準額)の全51職種について、平均額を公表しました。
 2013年度の単価は、従来の単価設定を大きく見直し、2012年度の1万6,504円から15%引き上げられる結果になりました(全国平均)。

1016-3-1.JPG【山科】
 京建労や個人で組織している「山科原発ゼロの会」のとりくみで、原発に代わるエネルギーとして注目されている自然エネルギーの活用例を直接見ようと、3月2日に滋賀県方面に視察ツアーを行い、総勢37人、京建労から4人が参加しました。

職業訓練校が43期修了式

2013年4月 4日(木)

1015-5-1.JPG 全京都建築高等職業訓練校(西山恒夫校長)は3月16日、第43期修了式を行い、5人の修了生が2年間の訓練を終え、まちの建築現場に巣立ちました。

有事の際は 攻撃目標になる

 3月20日午後、京都教育文化センターで、米軍が丹後半島に配備しようとしている「Xバンドレーダー」の危険性を学ぶ学習会が開催され、160人が参加しました。

建設の立場から反対 / 全建総連が要請

2013年3月 5日(火)
 全建総連が提起し、建設労働者職人・業者の立場から全国の仲間が地元の国会議員への要請行動にとりくんでいる「民主的で公平な税制と税務行政の確立を求める要請書」の内容は、「庶民や小零細事業者が景気を実感できない中では、消費税率の引き上げを実施しないでください」「建設業において、小零細な事業者に消費税が正しく支払われるよう実効性のある対策を講じてください」「納税者権利憲章を早期に制定してください」「担税力に応じた真に公平な税制を創るため、また、社会保障制度の維持・発展のためにも、大企業や高額所得者、資産家に対する課税を強化してください」などの10項目にのぼります。

被災地の現場から / 職人足りず派遣も

2013年3月 4日(月)
1013-3-2.JPG 2011年3月11日に発生した東日本大震災は太平洋沿岸の東北地域を津波がのみ込む大災害に発展し、災害後、全建総連や京建労は地元の建設仲間に対する手道具や街頭で集めた復興募金を送るなど、被災者の生活支援を第1にした支援にとりくんできました。
 2012年6月と9月の復興ボランティアに参加した糸井利明さん(大工)は、被災者の「生き残ったのが幸いしたのかどうかわからない。どうして生きていけばいいのか...」などの声を聞き、「継続した支援が必要」と心に決め、単身仙台入り。2012年12月中旬から2013年1月末まで、復興住宅建設の支援に入りました。

景勝地のサクラ伐採 なぜ?

2013年3月 4日(月)
1013-5-6.jpg1013-5-5.JPG

失われる景観に市民の怒り / 何ちゅうこと しやがるねん

 宇治橋の上流側、府内屈指の景勝地として府立公園にもなっている「塔ノ島」のサクラ・モミジなどの樹木352本のうち約100本がいきなり伐採され、「貴重な観光資源が失われた」と市民から苦情が相次いでいます。
 樹木の伐採は、国土交通省・淀川河川事務所の流域整備によるものですが、2012年11月、宇治市民に周知されない間に工事が着手され、すでに島の本流に面する桜並木はすべて伐採、島の半分を掘削する工事が進行しています。

1013-6-1.jpg 1013-6-2.jpg 京建労新年号機関紙コンクールを開催しました。支部機関紙の部(本部・主婦の会、青年部含む)と、分会・支部主婦の会の機関紙の部に分け、それぞれ審査の結果、次の通り決まりました。

北朝鮮の核実験に抗議する

2013年2月16日(土)

【本部・西森睿治自治体部長の談話】

 2月12日、北朝鮮が地下核実験を行い、日本でも地震の揺れを観測したという報道に驚いている。被爆国日本で原水爆禁止運動を展開している京建労として、世界とアジアを核の恐怖に陥れる北朝鮮の暴挙に抗議する。国際連合をはじめ、世界の軍縮の流れにも反する今回の実験は、国際社会から厳しい批判を受けるだろう。
 北朝鮮が核実験を選択したことは、全くの間違いであり許し難い。武力で紛争を解決はできない。

2012-3- (3).JPG 京都市南区在住の中嶋さんは、2011年春に脳梗塞を患い左半身が不随となる障害が残り、50年間慣れ親しんだ中華料理店を店じまいし、自身のリハビリ生活に適した住宅の改善を考え、この分野の住宅改修に実績のある小山隆太郎さん(中京支部所属・大工)に「まとめて相談する」ことにしました。

1012-2-1.JPG 2月7日午後、伏見支部が建設政策研究所(建政研)の辻村定次副理事長を招き意見交換会を行いました。
 このとりくみは、産業対策活動の前進をはかるため「事業所セミナー」を2012年度から継続してとりくんでいる同支部が、ゼネコン・住宅企業の系列で働く労働者の組織化のための「知恵だし会議」との位置付けで企画したもの。

 1月20日ウェスティン都ホテル京都で行われた「春の大運動活動者会議」での小森陽一さんによる記念講演「強まる改憲策動とそのねらい」の要旨を一部紹介します。(文責は編集部)


y-komori.JPG  新年のあいさつは省略させていただきます。とてもお目出度いとは思えない2013年の幕開けです。
 今回の総選挙の結果は、現在の小選挙区制という選挙制度が民意をゆがめる制度であり、これを抜本から変えなければいけないと示された選挙であったということですね。

63年の底力を発揮しましょう

2013年1月 1日(火)

1010-2-1.JPG あけましておめでとうございます。
 今年ほど、心からそうごあいさつできかねる年はありません。それは何よりも政局が国民不在だからです。
 一昨年の東京電力福島第一原発の悲惨な事故を忘れたかのように、経済第一主義で再稼働のみならず、輸出までもくろむ財界企業と、それを容認する烏合の議員。日本の産業、医療、全ての分野をアメリカ企業いいなりにする、TPPへの参加を推しすすめる野合政党、成長戦略として、税と社会保障の一体改革を強行する保守政党、どれもが社会が平和で豊かであってこその生業です。私たち建設職人にとって見過ごすことのできないものです。

京建労のいよいよ出番です

2013年1月 1日(火)

1010-2-2.JPG 新年、おめでとうございます。
 東北被災地の仲間が「原発ゼロと消費税増税ストップは、この地で生きていく担保」と言いました。

【NPO法人建設政策研究所・村松加代子専務理事】
 2013年は建設技能労働者の働くルールづくり、地域建設業者によるインフラ構造物の老朽化対策や防災・減災対策がますます期待されます。建設技能労働者と地域建設業の展望はそこにあります。
 近年、建設業への若年入職者は著しく減少し、国土交通省は「建設産業の再生と発展のための方策2011・2012」を出しました。
 しかし、それは「保険未加入企業の排除」を強調した一面的なもので、若年技能者の入職を促進する抜本的な改善策ではありません。
 建設産業の危機、それをもたらす建設産業の基礎体力の低下は、労働者の賃金などへ際限なくしわ寄せされる業界の重層的な取引構造によります。
 劣悪な賃金・労働条件の産業に若年者は入ってきません。

同志社大学の研究者が / 京建労に来訪

2013年1月 1日(火)

工務店の経営を研究 / 顧客との結びつき どのよう

 2012年11月29日、京建労会館に同志社大学の研究者・恒松木綿子さんが来訪。工務店経営についての研究で、「当事者の話を聴きたい」とのことでした。

996-2-5-.JPG仕事・くらし・平和守る国会をつくろう

 民主党・野田内閣が重要公約を次々に投げ捨て、国民の怒りの中、急きょ決まった総選挙。自民党・安倍元首相が「国防軍創設」、日本維新の会が「核武装が必要」(石原代表)、「独裁こそ最善」(橋下代表代行)など発言する中、12月16日に投票日を迎えます。仲間の仕事とくらしがかかった総選挙。今回の有権者の判断が日本の行く末を決めるといっても過言ではない情勢です。
 マスコミ報道に惑わされず、自分と仲間のくらしを見つめて、最善の判断を下しましょう。京建労は、仕事・くらし・平和・憲法を守る国会を確立しようと、投票をよびかけています。

宇治市長には能塚たえこさんを

2012年12月 4日(火)

1009-1-2.JPG 衆議院・市議補選とのトリプル選挙でたたかわれる宇治市長選挙で、京建労本部・宇治支部ともに社会福祉法人理事長・能塚たえこさんを推薦。能塚さんは、福祉が輝く宇治市政をめざして奮闘しています。
 宇治市内にお知り合いのある仲間は、能塚さんの押し上げにがんばっている宇治支部の仲間の激励をお願いします。
【写真・能塚さん(左)と握手する宇治・杉原支部長(右)】

 仲間が名づける「○○解散」

 仲間から寄せられた今の政治を見た印象とは。

 乙訓支部所属のNPO耐震診断士・組合員有志でつくる耐震施工グループ「スペース業」は、11月に機関紙を発行し、グループ所属の仲間が着工した耐震リフォーム工事が、のべ18件・工事総額で1億円を突破したことを報じました。

1009-5-3.JPG 「住まいは人権」をスローガンに、人と環境にやさしい住まいづくりを提案している「新建築家技術者集団」は11月17日~19日、千葉県市川市の和洋女子大学で全国研究集会を開催しました。参加者は約100人。京建労技住対部から書記局1人が参加。

1009-6-4.JPG 青年部では、支部同士が連携して行う「合同企画」を推奨しています。
 これは、南部の青年部が合同の会議や企画をとおして、お互いの活発化に成功したことにならって、全体に広がってきたものです。
 支部青年部活動には、中心役員の仕事上の変化や、結婚・子育てなどの環境の変化によって、影響を受けやすい傾向があります。
 しかし、他支部と連携をして支えあうことで、青年部員の結集が弱まりそうな支部でも「積極的な参加ができる」と好評で、2012年度でこれまでに7回の企画が開催され、のべ21支部が参加しています。

 著者の斎藤氏・原冨氏はともに、埼玉土建出身。
 国や自治体が発注する仕事で問題にされてきた入札価格の適正化路線は、昨今の新自由主義経済のしくみの中で「安ければよい」という風潮を生み、現場の賃金や労働条件は劣化の一途をたどりました。
 若い入職者に恵まれない産業の悩みは、医療・印刷・教育・維持管理など公契約事業に共通する悩みで、仕事を発注する公的機関が生み出す貧困、「官製ワーキングプア」とよばれるものです。

1004-2-7.JPG 京都総評は9月8日あさから、第75回定期大会を中京区の「ラボール京都」で開催しました。
 大会には25組合・20地域から152人の代議員をはじめとする185人が出席し「いまこそ憲法をくらしと職場に生かそう/働きがいのある人間らしい仕事を実現しよう/京都の労働者の団結の砦。京都総評の拡大強化をかちとろう」とする2012年度運動方針を全会一致で採択しました。

1003-2-1.JPG 府内全支部が一堂に会する活動者会議・出陣式に先駆け、8月22日、西京・右京・乙訓・亀岡・船井の西ブロック5支部の代表が西京支部事務所に集まりました。
 昨年までの経験交流や意見を交換し、ともに今年度の仲間ふやしの成功をめざそうというもの。

1003-5.jpg 基地撤去を求める沖縄県民のたたかいを取材しようと、本部青年部副部長の森川浩治さんと編集部は、8月4日~6日に沖縄へ。
 ヘリパッド建設に反対し基地ゲート前に座り込んでいる東村・高江の住民、日米安保条約破棄を要求して基地被害をなくす運動を繰り広げている沖縄統一連、新基地建設に反対し辺野古海岸座り込み抗議を続ける新基地反対協議会の代表にお話を聞きました。

【山科】国民の怒りが沸点に

2012年7月18日(水)
1001-1-7.JPG 東日本大震災・福島原発事故から16ヵ月となった7月11日、全国各地で「反原発」の行動が行われました。

 4月20日から募集が始まった京都市の新事業「まちの匠の知恵を生かした耐震リフォーム支援事業」は、制度利用を希望する市民で、申込窓口が長蛇の列になっています。
 20日あさ、リフォーム工事の注文主からの依頼で、窓口にやってきた左京支部の森下克徳さん(瓦工事)の報告によると「受付開始の午前10時の15分ぐらい前に窓口に到着したが、渡された整理番号は56番だった。

955-1-8.JPG【山科】
 東日本大震災の影響で山科団地にも56世帯の方が被災地から避難し、慣れない地で不自由な生活を続けています。震災から1年以上が経過した今なお、被災者が大きな苦しみを抱える現状が目の前にあります。
 私たちは「京都にいながらできる復興支援」として、「物産展」を山科支部でもとりくむことを決定。

消費税増税ストップに意見交換

2012年4月17日(火)
995-1-3.jpg【本部・酒井仁已書記次長】
 4月7日、日本共産党京都府委員会主催で「社会保障と経済・財政の立て直し懇談会」が開催されました。
 「消費税大増税ストップ! 社会保障充実、財政危機打開の提言」の意見交換に共産党府委員会が京都経済と社会保障分野を支える府民各層にむけてよびかけたものです。会場のウエスティン都ホテルには各界から450人が、京建労本部・各支部からも多数が参加しました。
 「税と社会保障の一体改革」のニュースが連日、新聞紙上にのぼる国会情勢。
 大手メディアは、「この改革を急げ」とばかり「増税は既定路線」のような報道に終始しています。
 本紙では「増税なのに、負担増」と伝えましたが、いま一つピンとこない...。
 今号では、この問題の事情に詳しい医師・津田光夫さんを主婦の会の2人が訪ね、お話を聴きました。
 (記録・見出しは編集部)

 「核兵器のない世界へ、非核平和の日本、核被害の根絶をめざして」をテーマに2012年3・1ビキニデーが静岡県で2日間にわたり開催され、京都代表団37人が参加しました。

DSC00265.JPG 2月16日午後、瓦組合で行われた起震実験に参加してきました。
 全体参加は120人、京建労からは12人が見学しました。
 瓦組合では、阪神・淡路大震災以降、京都大学防災研究所と共同して技術開発にとりくんでいます。

992-3-1.JPG【中京】
 2月15日よる7時より、中京社会保障推進協議会主催で『税と社会保障一体改悪学習会』が行われ全体で25人、中京支部から4人が参加しました。

992-4-1.JPG 3月11日に東日本大震災から1年を迎えるにあたって、3月10日に開催される「バイバイ原発3・10京都」よびかけ人14人に名を連ねる、コンシューマーズ京都(京都消団連)理事長の原強さんにお話を聞きました。

 第20回全建総連機関紙コンクールが開催され、全国から307紙の応募がありました。
 京建労からも支部機関紙の応募があり、支部機関紙の部で、「北支部ニュース」が奨励賞を受賞。
 手書き及び、青年主婦の会の部門では、伏見支部の「おれんじつうしん」が特選に選ばれました。
 また、第三種郵便取得の県連・組合の部では、京建労の「建築ニュース」が優秀賞を受賞しました。

京都市長選挙の結果について

2012年2月15日(水)

991-1-1.JPG 2月5日投開票が行われた京都市長選挙で、京建労が推薦したたかってきた「京都市政を刷新する会」の中村和雄さんは、4年前の得票を3万2,450票上回る18万9,971票(得票率46.1%)を獲得し、現職候補に肉薄しましたが、残念ながら及びませんでした。
 中村市長実現のため、昼夜を分かたぬ奮闘をいただいた、組合員・家族のみなさん、支援に駆けつけてくださった全国の仲間のみなさんに心から敬意を表します。本当にご苦労様でした。

991-1-3.jpg 2月12日から13日にかけて静岡県で開催の第51回全建総連全国青年部協議会定期総会において、全国青協議長に京建労の森川さん(京建労青年部書記長)が選出されました。

991-1-2.JPG 全労連近畿ブロック主催で、2月9日午後から「ストップ再稼働! 福井の原発は全て廃炉に! 2・9関西電力本社包囲行動」が行われました。
 デモ行進前に行われた大阪市中央公会堂での学習交流会に200席ほど用意された座席はうまっており、京建労から9人が参加。

991-3-2.JPG 中小工務店が長期優良住宅を建築する際、100万円(地域材活用の場合120万円)が補助される「木のいえ整備促進事業」が2011年度で終了し、2012年度から『地域型住宅ブランド化事業』として、助成金の申請方法が変更 されることになりました。

制定すすむ 公契約条例

2012年2月15日(水)
 公契約条例を導入する自治体がふえています。
 2011年11月に神奈川県相模原市が、同年12月には東京都多摩市が、条例を制定し、2012年4月からの施行を決めています。
 これらの背景には、全建総連の長年にわたる建設産業民主化の全国的運動、神奈川県や東京の加盟組合による、地方議員・地元業界との懇談、建設現場で語り広げる活動、他産業労働者との共同のたたかいなどの努力がありました。

 全建総連が要求してきた、2012年度の国保組合に対する補助金は、総額で3,222億3,000万円(対前年度比29億円減)となりました。12月24日の臨時閣議の決定。

国政も京都市政も いま、刷新のとき

2012年1月17日(火)

989-2-6.JPG 国民の多数が期待した「政権交代」。『コンクリートから人へ』のスローガンはどこへやら...。野田政権が「税と社会保障の一体改革」と称して、消費税の10%引き上げを表明し、国税通則法を改悪するなど、国民から税金収奪の動きを強めています。
 国政も京都市政も「民・自・公」のオール与党がすすめる政治と、国民・市民生活との矛盾は深まるばかり。
 「いま、政治を変えたい」と願う人々にとって、京都市長選挙は政治刷新のチャンスの情勢になっています。

989-1-2.JPG 京都市が12月19日の市長記者会見で「まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業」(以下「耐震支援事業」)を2012年度から開始することと「いのちを守る橋りょう健全化プログラム」を策定したことを発表しました。
 京建労では、この制度の利用を市民に宣伝し、積極的に活用しようとよびかけ。同制度を拡充する運動を提起しています。

告示ひと月前 突如の記者発表 / 選挙直前 争点ぼかし?

 発表された事業はいずれも、①組合がこれまで掲げてきた住宅リフォーム(改修)助成制度の創設・拡充、市民の安全・安心に役立つ身近な公共事業の推進という要求に合致するもので、私たちの運動が、行政の施策に反映した貴重な成果です。②一方で、2月5日に投票を迎える京都市長選挙で「住宅リフォーム助成制度創設」の争点ぼかしを狙った現市長側の戦略と見ることもできます。

989-4-1.jpg 2012年2月5日告示、12日投票でたたかわれる、八幡市長選挙で、「市民のための市政をすすめる八幡市民の会(以下、市民の会)」は、現市会議員(無所属)の長村善平氏の支持を決定しました。
 京建労としても、綴喜八幡支部とともに、八幡市長選挙の候補者として支持することを機関会議にて決定しました。

DSC_0201.JPG【吉岡 徹 執行委員長】

 組合員・家族のみなさん、あけましておめでとうございます。
 本年がみなさんの仕事・くらし・ご家庭にとって、幸多き年になりますよう期待申し上げます。
 昨年は、東日本大震災・福島第一原発事故が、国民にとっての転機を投げかけることになりました。

988-2-3.JPG 京建労が推薦した京都市長選挙予定候補者・中村和雄さんから、次のあいさつが寄せられています。 

 京建労組合員のみなさん、新年あけましておめでとうございます。弁護士の中村和雄です。
 いよいよ1月22日告示・2月5日投票で、京都市長選挙が行われます。
 私は、京都から脱原発宣言を世界に発信します。関西電力や政府に対して、期限を明確にしたすべての原子力発電所の廃止を迫ります。

 現場での分別をていねいに行うことが自慢の解体業者代表の左京の組合員が昨年、滋賀県内の現場で被った、不払い工事代金216万円のうち、従業員に支払う労務費分174.3万円の、元請・戸田建設㈱による立替払いが実現し、解決しました。

988-2-2.JPG 政府・野田内閣が「税と社会保障の一体改革案」として消費税の段階的税率引き上げを明記する緊迫する情勢の中、各地で「消費税の増税は絶対にいや!」との宣伝行動がとりくまれています。

988-3-3.JPG 全建総連関西ブロック青年部協議会は、12月4日に「関西青協・統一行動」として、全国の建設仲間でとりくむ首都圏アスベスト訴訟への「公正判決要請署名」行動を行いました。

水車で電力つくる / 美山の喫茶店

2012年1月 1日(日)

988-4-9.JPG 南丹市美山は、高地が湛えた湧き水が由良川にそそぐ地域。山間を渡る風も時折強く吹く農村地域です。国道162号線わきで喫茶店「水車」を営む岩崎義幸さんは、こ土地の豊かな自然を利用し、小電力を生産しています。

土木技術は 市民を自然災害から守るため

988-6.7-9.JPG 山城北土木事務所に勤務する府職員・中川学さんは、住民のための、安全で住みよい地域づくりを目的に、技術者・科学者・自治体関係者らでつくる国土問題研究会(国土研)の事務局長。
 また、中川さんは、2002年、阪神大震災の教訓を忘れず、市民のための防災を考えようと自治体労働者・建設労働者らが「宇治・防災を考える会」を結成、地震防災、河川問題など、土木技術を市民生活に生かすとりくみを行ってきました。
 同・防災の会では、昨年10月、宇治市内で「原発を考えるつどい」を宇治城陽久御山革新懇と共催し、97人の市民を集めるなど、東日本大震災後の、国民の防災意識を助ける活動を展開。
 国土研はこうした市民団体の委託を受けて研究を積み重ね、国土保全と防災に役立つ情報を提供しています。

896-5-4.JPG【乙訓】
 向日市まつりが京都向日町競輪場で11月19~20日開催されました。
京建労乙訓支部では、NPO防災・耐震センターに登録している耐震診断士チームが、耐震模型の展示や耐震改修工事の施工事例をパネルにして展示しました。
 子ども向けサービスコーナーとして、"スーパーボールすくい"も準備して、楽しんでもらいつつ、展示ブースへ誘導したところ、1,000人ぐらいの市民が押し寄せ、『住まいの1分間アンケート』に364通の回答が寄せられました。

986-5-1.JPG【綾部】 
10月22日、NPO住まいの安全・耐震センターの診断士2人で、依頼者の富士野邸に、耐震診断の結果の説明に行きました。
診断結果の計算書を手渡し、近江診断士の、数値の見方、補強案の考え方などの、ていねいな説明を真剣に聞かれ「無料と聞いていたので、ここまでしてもらえるとは...」と喜んでおられました。
 説明後、綾部にも住宅リフォーム助成制度があると助かる人が本当に多いのにと、語りあいました。

886-5-3.JPG 11月19日、伝統的建築物の耐震性能を考えるシンポジウムが、京田辺市商工会議所4階・きららホールで開催されました。 このシンポジウムは、日本古来の軸組み工法の研究と日本の建築文化の普及にとりくんでいるNPO法人伝統木構法の会などが主催し、「大震災からこれからの家づくりを学ぶ企画」として開催されたものです。

984-3-7.JPG 市民の住生活、地元建設業者、行政庁にとって「三方よし」の制度としての住宅リフォーム助成制度の創設を求める、「安心・安全・快適・環境のための京都住宅助成制度創設推進協議会」が、10月27日、京都御所近くの京都ガーデンパレスで発足しました。
 加盟団体は次の通り。京都府瓦工事協同組合、京都府管工事工業協同組合、全京都建設協同組合、京都府電気工事工業協同組合、京都府電気工事工業組合、京都府塗装工業協同組合、京都府板金工業組合、京都表具協同組合、全京都企業組合連合会、京都府商工団体連合会、京都中小業者団体連絡会、全京都建築労働組合、京都畳商工協同組合。

 7月に伏見、8月に左京が被災地入りし、現地の人々との対話を重ね、ボランティア行動に弾みがついています。
 左京では、11月19日・20日に現地での支援行動を計画。すでに20人を超える参加者を組織。「他支部の仲間も、ぜひ参加を。一緒に行動し救援の輪を広げよう」とよびかけ。

983-2-5.JPG  10月12日、京都府内各地でいっせいおはよう宣伝が行われました。府内で約300人が参加しました。
 通勤や現場に向かう仲間や、組合未加入の職人さんに向けて、独自のプラカードやのぼりを手に加入を訴えかけ、京建労の存在をアピールしました。

P1200582.JPG【全建総連・全国青年技能競技大会】

 9月19日から3日間にわたって開催された同大会で、京建労の代表選手の高橋弘之さん(左京)がベスト16に入賞しました。

 東日本大震災の復興をめぐっては、大企業・資本主導の「創造的復興」か、被災地に暮らす人々の生活再建を最優先の課題にすべきであるという「人間の復興」かが、鋭い対決点になっています。
 このコーナーでは、神戸女学院大学・石川康宏教授が"伏見支部労働学校"で行った講演と著書をもとに、現在の日本をとりまいている政治・経済情勢について、読者のみなさんとその問題点を共有し、打開の方向を考えようと、問題提起するものです。(文責・編集部)
 2011年度賃金アンケート活動は、6~7月に実施し、6040通(6月現勢比35・2%)の調査票を回収しました。
 ここに、調査票の記入に協力いただいた仲間のみなさん、回収活動に奮闘していただいた役員・班長のみなさんに感謝申し上げます。
 9月13日に開催された本部賃対部会の出席者5人に加え、建設政策研究所・関西支所の表木五郎氏(事務局員)にご参加いただき、有効回答5952通から、直近の仲間の就労・賃金実態を分析しました。
(文責は賃対部、見出しは編集部)

982-6-1.JPG 982-6-2.JPG 9月2日、東山区泉涌寺に近い山裾に、グループリビング「やすらぎの家・今熊野」が完成しました。"グループリビング"とは、孤立しがちになる高齢者が、住み慣れた地域でたすけあい・見守りあいながら暮らすことを目的とした、共同生活空間です。
 介護施設とは異なり、これまでの人生で付き合ってきた近隣の方々が変わらず近くにいて、家庭の雰囲気も満喫できるのが特徴。9月5~11日まで行われた完成見学会には、毎日10人を超える入居希望者らが訪れ、地域が高齢者とともに暮らす「住宅の新しい形」と注目を浴びています。

 民主党政権に代わって以降、早3人目の野田新首相が誕生した。
 野田氏は、組閣を前にして、米国オバマ大統領との電話会談を行っている。
 その後の報道では、「沖縄普天間基地の辺野古基地建設など、自公政権でもできなかったことが推しすすめられようとしている」といわれている。

平議員と意見交換

2011年9月16日(金)
981-2-4.JPG【本部・松原秀樹書記次長】
 9月4日に、平智之衆議院議員(民主党)との懇談会を行い、組合側からは、吉岡委員長、北村・吉田副委員長、池田書記長、酒井・松原書記次長が参加し、1時間半にわたって意見交換しました。
 平議員から「今の皆さんの問題意識をお聞かせください」との投げかけに、各々の意見や要望を伝え、それに議員が答えるという形ですすめられました。

【解説】政府・国土交通省は2007年6月、「建設産業政策2007」を発表。この中で「建設産業が活力を回復していくために、構造改革の実施が必要。"技術力・施工力・経営力に優れた企業"が生き残ることで、建設産業を成長産業に転換する」と、行政機関・業界に大号令をかけました。
 「政策2007」が示す業界再編の手法は「市場を通じて淘汰(=生き残り競争)をすすめる」というもので、当時の小泉内閣の構造改革路線(=弱肉強食の市場ルール)そのものです。

若年技術者育成 / 講座はじまる

2011年9月16日(金)

 8月28日、国土交通省の『若年技能者育成事業』にもとづく技術者育成講座が開講しました。
 この講座は、全建総連が国に要望し実現したもので、2011年度より3ヵ年計画で講座・実習を展開。技能検定や、建築士資格取得の一助ともなるので、京建労としてこの事業に参加しています。
 京建労では開講にあたり、22歳以上35歳以下の青年大工(2011年3月31日時点の組合員)を対象に受講をよびかけ、23人の受講生で開講しました。
 講座は、一級や二級の技能士・建築士を有し、職業訓練指導員や京都府の技能検定委員の方々に指導にあたってもらっています。

980-1-2.JPG【組合を語る仲間・西京・二宮さん】

 西京支部の二宮昭さん(78・大工)は、30歳を過ぎた昭和60年代初めごろに京都に移住、大工職人としての生活をしてきました。
 京建労に加入したのは、京都で知り合った大工仲間から「京建労って知ってるか? 職人の組合や。お前も入らへんか、どや」と、誘われるままに加入。
 以後、右京支部(その後、西京)で分会役員・執行委員。
 二宮さんは「多くの仲間が、建築国保や一人親方労災などの具体的なメリットを求めて加入した経験を語るが、僕は組合と出合った時の『職人の組合』というのに、いまも魅力を感じています」と話します。

980-3-1.jpg 教宣部は8月20日、「原発の真実に迫る」と銘打った共同取材企画を実施しました。
 このとりくみは、マスコミが報道しない原発内部の労働のあり方、原発立地地域の市民の運動、原発がそもそも日本に導入された経緯などを取材するもの。
 「共同取材」のねらいは、一つの取材先を複数の編集部が共有し、それぞれの機関紙で宣伝すること。今回の企画には、本部・支部から19人の有志が参加しました。
 参加者らはこの取材で、原発が経済・社会・文化の破壊をもたらしたこと、重層下請構造のもとでの危険な被ばく労働の存在など、新聞やテレビが伝えない事実に触れました。

京都市長選挙に中村氏推薦を決定

2011年8月 3日(水)
 京建労は、8月1日に開催した2011年度第3回執行委員会にて、来年2月に行われる京都市長選挙に立候補表明をされた、中村和雄氏を、京都市長候補として推薦することを決定しました。
 京建労本部に訪れた中村和雄氏は「公契約条例が全国的に広がりを見せるなか、正当な働きかたを京都でも」と訴えました。
 また、「厳しい情勢のもとだからこそ、出馬する決意を固めた」と語りました。

978-3-1.JPG 京都府自動車運転免許試験場近く、伏見区羽束師の工事現場。乙訓支部の渡辺利幹さんが施工する物件は、『長期優良住宅』。同支部の一級建築士・中井美佐子さんの設計で、6月29日に現場を公開、構造見学会を開催しました。
  この屋上のある木造3階建ての新築物件は、高い耐震性・維持管理の容易性・省エネ性能の確保等、数世代にわたっての使用を可能にするための条件をクリアした仕様です。
 また、京都市景観条例の規制地域内であることから、良好な景観の形成や、地域の居住環境の向上にも配慮しています。

 宮津市では2009年4月から「耐震リフォーム助成制度」として、工事費用の50%・限度額100万円の住宅助成制度ができています。

 京建労が運営している地域建設業者・施工店検索ホームページ「住まいの相談館」にあなたのお店の情報を紹介しましょう。
 このページは、住まいの修繕・リフォームを考えている住民(注文者)が、自宅パソコンから地域の身近な施工店を探す、業種別の紹介ページです。
 施工事例の写真を掲載している業者ページや、登録業者数の多い地域ほど、多くの閲覧者を集めているなどの特徴があります。
 「快適な住宅で、すこやかにくらしたい」。どんな人でも抱く要求に応えるために開設したホームページ「住まいの相談館」。あなたも登録し、お店の存在を地域にアピールしましょう。
 登録は無料。施工実績の写真紹介、自社ホームページへのリンクも可能。登録申込書は組合にあります。

 京建労各支部のゴルフファンが「同好会」をつくり、毎年2回のコンペを開催して4年。
 第8回となるコンペ大会は「震災復興支援」を銘打ち、6月22日、京丹波町のゴルフクラブで開催しました。今回の参加者は39人でした。

「建築ニュース」では、読者のみなさんの協力で、仲間ふやし運動を盛り上げるため、「京建労に加入していて、よかった」(助かった)という、あなたの思いを募集しています。
 自薦・他薦可。簡単な原稿にして、本紙編集部までお送りください。

新年度役員を代表してのあいさつ

975-1-1.JPG【吉岡徹執行委員長】
 いま、東日本大震災を口実にしての「消費税の大幅アップ」「社会保障費の個人負担増」「国会議員比例区の定数削減」「憲法改悪の為の審査会の再起動」と、大企業優遇、国民に対するさらなる締め付けがもくろまれています。

 大会2日目、0時45分に招集された臨時本部執行委員会で「規約改定案」を修正し再提案することが確認され、代議員の討論・無記名投票の結果、賛成69票・反対55票(投票数127・無効3)で、過半数の賛成で可決しました。

975-23-11.JPG 大会1日目午後、建設労働者の生命と健康を危機に陥れた「アスベスト」製造企業と国の賠償責任を問う「建設アスベスト京都国家賠償訴訟」の原告団・弁護団が紹介されました。

大会宣言(抄)

2011年6月 7日(火)
 京建労第59回定期大会は、ガレリアかめおかで出席者総勢320人による熱心な討論によって、京建労の2011年度運動方針・予算、規約改定および役員体制を参加者総意により採択しました。
 未曾有の建設不況の中、職人・労働者の厳しい実態が語られ、組織強化に向け議論が交わされました。継続仲間をふやし、建設業で働く者のいのちとくらしを守る運動が必要です。

975-9-5.JPG母ちゃんのため制度あるうちに...

 「工事費の10%・10万円限度」の京丹波町住宅リフォーム助成制度は、山村での生活に活気を与えています。

今回のいっせい地方選挙は、参議院選挙で示された、有権者の「民主はダメ、自民には戻れない」という意識を逆手にとった、マスコミの地域政党持ち上げ報道の中で行われました。また、3月11日に起こった大震災で社会情勢は一変、選挙戦の様相も大きく変わりました。

972-1-3.JPG 綴喜八幡支部の仲間、上池伸さん(大工)は、被災地の避難所でくらす人たちのプライバシー保護のために、木製パーテーションを作製し、現地へ届けるとりくみを行っています。
 このとりくみは、全建総連が事務局団体となっている「NPO・伝統木構造の会」が「一枚の目隠しやすらぎ支援」として全国によびかけているものです。

 医療関係者・京建労・自治体労働組合など21団体でつくる京都社会保障推進協議会(京都社保協・津田議長)は、都道府県単位での制度"一元化"と、後期高齢者医療制度廃止後の高齢者、退職後の勤労者が加入することになる市町村営国保の実態を調べようと、昨年12月から府内各所(伏見区・宇治市・福知山市など)で「国保実態調査」を実施しました。

 神奈川県川崎市は、人口142万人の政令都市ですが、2010年12月議会で「市契約条例の一部改正案」が全会一致採択され、今年4月から実施されることになりました。2009年9月の千葉県野田市につづく公契約条例の誕生です。

2011年3月15日(火)

 3月11日午後2時46分、宮城県・三陸沖を震源地とするマグニチュード9.0を記録した大地震は、「東日本大震災」と呼称される大災害になりました。
 京建労は、激震や大津波で、ご家族を亡くされた方々に心から哀悼を申し上げます。家屋等、生活基盤に深刻な被害を受けられた方々にお見舞い申し上げ、みなさんの一日も早い生活復興に期待します。
 京建労は、国民生活の基礎をなす「衣・食・住」の『住』を担う産業で働く労働者でつくる労働組合として、今般の痛ましい災害に、組合員一同、心を痛めており、私たちの技術と経験を生かした復興支援にとりくんでまいります。
 国・自治体の地域再建にあたっては、市民生活の早急な復興を最優先とし、被害拡大させないよう特別のご配慮をお願いします。


 2011年3月15日

※追記:募金活動など詳細はこちら

970-4-4.JPG 船井郡京丹波町で、住宅改修補助金交付制度(リフォーム助成制度)が昨年12月に発足しました。
 4月から受付開始することになり、町内の建設業者が新しい制度について学ぼうと、船井北桑田民商と京建労船井支部が3月4日よる、丹波マーケスコミュニティホールに京丹波町土木建設課長・同係長を招き、制度説明会を共同で開催しました。

969-4-1.JPG【福知山】
 2月17日、11時から支部事務所において「福知山支部シニアの会」の設立総会と交流祝賀会が開催された。呼びかけ人が何度も集まり協議を重ね今回の運びとなった。
 福知山支部では高齢化がすすみ、1月末現勢400人に対して65歳以上の仲間は全体の23%の92人。その内26人が加入、当日18人が参加した。

P1030338.JPG 「耐震改修助成制度を使いたい」という人の要望に身近な職人がこたえようと、乙訓支部の耐震士仲間8人による、地域のすまいを守る施工チームが発足し、そこでは、診断士講習の受講や独自の勉強会など、精力的に活動しています。

 民主党は「納税者の権利を守る法律を作る」と公約し、国民の期待を背負って政権交代しました(2009年8月)。
 ところが、今国会で、中身がまるで正反対の「国税通則法」改悪案を成立させようとしています。

 菅内閣が国会に上程する税制大綱には納税者権利憲章の策定、国税通則法改正(改悪)が含まれています。
 大綱によると、納税者権利憲章は国税庁に対する強制力のない行政文書としています。

 京建労は、党派が議席を争う国・地方の議会選挙について、組合員の政党支持・政治活動の自由を尊重し、労働組合の統一3原則を守り、仲間の要求を掲げてたたかいます。
 組合は、仲間の仕事・くらしに打撃を与えている消費税の増税路線や、大企業本位の経済運営、住民の政治参加を制限する「地方主権改革」路線に反対し、地元経済の活性化、中小企業振興と労働者・国民の権利の拡大、日本国憲法を尊重し、平和な社会とくらしやすい地域の実現をめざしてたたかいます。
 政党をえらぶ選挙において組合は、組合員への情報提供を基本とし、特定政党・候補者の推薦や活動資金の提供をしません。政党選挙における、組合内での政治活動は、それぞれの党派の後援会組織が自主的に行うことになっています。

京建労60年の歴史に学び

2011年1月 1日(土)
966-2-7.jpg 組合員・ご家族のみなさん、明けましておめでとうございます。2011年の年頭にあたり、本年がみなさまにとって良い年でありますように、心から祈念し、仲間とご家族のすこやかなくらし実現のために、本年も全力で奮闘する決意を申し上げるものです。
 昨年の11月に開催した「創立60周年記念・京建労まつり」は、みなさんのご協力のもと、1万人を超える参加者を迎えて成功をおさめました。
 長引く不況のいまこそ、京建労60年の歴史に学び、仲間の要求を大切にし、要求実現のために団結して、ご一緒に困難を切り開こうではありませんか。
 「地方分権」から「地域主権」へ。それは、国民(住民)の合意がないまますすめられている行政の大改革です。
 いったい誰のため、何のための改革なのか...。医療・教育・建設産業の分野の、有識者の見解を紹介します。私たちは主権者。「国と地方行政の主人公」です。仕事とくらしに影響が大きいこの改革、しっかりと見極め、必要な声をあげる必要がありそうです。

DSC_0025.JPG yokatani3.JPG 11月27日午後から、伏見区の呉竹文化センターで、「ミュージック・ピース・フェスティバル・in伏見」が、出演者31組・観客600人の参加で行われました。
 このとりくみは「平和」を唯一の一致点に、賛同できる個人・グループなら誰でも参加できる演奏会で、今回で3回目。全グループが参加する実行委員会で、演奏時間や出演順をみんなで決める民主的運営に徹しています。
 事務局担当で、伏見地区労の四ヶ谷ひろ子さん(円内)は「演奏会は地域の労働組合が、地域住民の結びつきをつくるためのもので、毎年出演者がふえています。『平和』をキーワードに、幅広い市民が自主的に参加できる運動として広がっています」と話しています。

966-6-8.JPG 966-6-7.jpg 普天間基地をかかえる沖縄県宜野湾市には、「基地政策部」が存在します。同市はもちろんのこと、沖縄県全体に普天間基地の返還を求める声が広がる中、「返還後の跡地開発計画が具体的にすすんでいる」ということで、青年部書記長の森川浩治さんが、宜野湾市役所を訪ねて、基地跡地対策課の名幸仁さんに話を聞きました。

966-7-2.JPG 沖縄本島・北端にある辺戸岬は、北の沖に鹿児島県(与論島)を望む土地で、1960年代、沖縄各地で展開された、祖国復帰運動の記念碑が建っています。
 日本は終戦後、GHQ進駐の時期を経て、社会の民主化がすすめられてきましたが、住民から土地を取り上げ、強力な軍事基地の島に変え、自国の支配下にしようとしたアメリカの思惑で、1951年、サンフランシスコ「講和」条約が調印されました。
 在日米軍の基地面積の75%以上が狭い地域に集中する「基地の島」の出現や、「対米従属」を最優先する日本政府の基本路線は、こうした占領時代の歴史を背景にしているといえます。

966-7-6.JPG 本島北部の東村では2005年のSACO合意にもとづく新ヘリパッド(離着陸場)の建設に反対する住民のたたかいが続けられています。

仲間の機関紙 入賞あいつぐ

2010年12月 3日(金)

965-6-1.JPG  「2010京都滋賀機関紙コンクール」には、労働組合や住民団体などから、全体で90紙の応募がありました。
 京建労の仲間の機関紙からは7紙が入賞しました。
 各賞は、以下の通り。


▼第1種・労働組合
最優秀賞「建築ニュース」
▼第2種・労働組合
優秀賞「かわら版」(乙訓)
佳作 「いしずえ」(中京)   「羅城門」(南)       「棟」(山科)
   「宇治支部ニュース」
努力賞「左京支部ニュース」
 なお、表彰式は12月16日、午後6時から機関紙会館にて行われます。

DSC_0106.JPG 全建総連大会に日程終了後、北村・吉田副委員長、中村自治体部長ら京建労代表4人が秋田県庁を表敬訪問。「全国発」の住宅リフォーム助成制度の県内での効果について懇談しました。

侵略戦争 事実見つめ / 真の日韓 平和友好へ
2010sensouten1.jpg 毎年恒例の「平和のための京都の戦争展」が、8月3日~8日、京都市北区の立命館大学国際平和ミュージアムで開催され、6日間で7千人の参観者を集めました。

959-6-1.jpg【福知山】
 福知山市下佐々木自治会では、8月8日、毎年恒例の夏作業を行った。
 三岳地区では、京都府の管理河川である「佐々木川」の草刈りを委託され、各自治会に割り振り、河川美化に協力してきた。7~9月の工期ではあるが、お盆の道作りと兼ねる自治会が全てで、夏の一番暑いこの時期と重なり、例年はひたすら水分補給を訴えていた。。

記者魂、原爆投下 / 直後の ヒロシマを

2010年8月 5日(木)

 広島に原爆が投下された1945年(昭和20)8月6日~8日は、広島市内の日刊新聞が発行不能でしたが、被害を目撃した「中国新聞」(本社・広島市)の記者・カメラマンら3人が、新聞休刊日の被爆当日・直後の広島のようすを後世に伝えようと、戦後(1980年8月6日)、手書き新聞を発行しました。

おたより大募集

2010年8月 5日(木)
qr.jpg 「建築ニュース」では、仲間と家族のみなさんからの投稿のハガキ、FAX、メールを随時受け付けています。
 左のQRコードは、機関紙編集部のメールアドレス(honbu004@kyokenro.or.jp)です。携帯電話のバーコードリーダー機能で読み取りご活用ください。
 仕事現場や生活の場で「見たこと・聞いたこと・感じたこと」を簡単な文章にして、機関紙編集部までお送りください。短歌や、川柳、絵手紙なども大歓迎です。
 機関紙に掲載された投稿には、薄謝を進呈します。

【声明】 参議院選挙の結果について

2010年7月20日(火)

1.
 7月11日に投開票された参議院選挙の結果、与党・民主党は改選54議席に対して、44議席と後退し、非改選の議席数と合わせても、参議院での過半数を獲得することはできませんでした。
  この結果は、昨年の総選挙で、国民の「政治を変えてほしい」という願いをうけて政権の座についたものの、後期高齢者医療制度や普天間基地移転問題など、重要な問題で国民の期待を裏切り続け、さらに、選挙直前に消費税の10%への増税と、大企業減税を打ち出したことに対する、国民の批判の高さを示したものです。

DSC_0005.JPG 京丹波町瑞穂の国道173号線わきにある質志(しづし)鍾乳洞は、京都府唯一の鍾乳洞で府指定の天然記念物。いまから推定で約2億6千年前の海洋が地殻変動によって形成された洞窟です。
 洞窟の近辺は竹下内閣が国の予算1億円を全市町村に交付した「ふるさと創生基金」で、整備がすすめられ、最近でも1日に100人の見学者を集めるスポットになっています。

県民は屈せず

沖縄県自治体一般労働組合 長尾健治 執行委員長

954-9-6.jpg いま沖縄は、「民族の怒りに燃える島」になった感を強くしています。鳩山首相の再訪に対し、地元紙「沖縄タイムス」は「火に油」、社説で「辺野古回帰」は、「怒 怒 怒 怒 怒...」の見出しをつけて大きく報じました。

京都府知事選挙の結果について

2010年4月20日(火)

【声明】 ① 2010年4月11日投開票された京都府知事選挙で、京建労も参加する「府民本位の新しい民主府政をつくる会」の門ゆうすけ氏は、30万7826票(得票率36・7%)を獲得しましたが、山田啓二氏52万9927票(得票率63・3%)に及ばず、残念ながら勝利することができませんでした。「今度こそ府政を転換しよう」と奮闘してきただけに、残念でなりません。
 この選挙戦に、連日昼夜を問わず大奮闘された組合員のみなさんに心からの敬意と感謝の意を表します。また、この間「国保一元化の流れを京都から断ち切ろう」との思いで、120人を超える全国の仲間が応援にかけつけていただくとともに、建設業者への声かけに協力いただき、われわれも大いに励まされました。全国のみなさんの期待に応えることができず、お詫びをするとともに心からお礼を申上げます。

950-2-6.JPG【福知山】
 3月20日午後、中丹勤労者福祉会館で、福知山市合併検証のつどいが、市民50人で開催。支部から5人参加しました。
 福知山市は合併5年目ですが、合併後、多くの市民から「こんなはずではなかった」と不満の声が聞こえてきます。

 広島の秋葉市長が会長を務める「平和市長会議」は、府内の全自治体にも、加盟をよびかけてきました。 
 2010年に入り、福知山市・宮津市が同会に加盟することになりました。
 これで、京都府内では、27自治体のうち、9自治体の加盟となりました。
 「非核の政府を求める京都の会」では、「未加盟の自治体首長の多くが、5月のNPT再検討会議、夏の反核平和事業に向けて、前向きに検討されている」と報告しています。

 

 1950年代当時は、建設業で働く職人は「道具を持っているから」という理由だけで、事業税がかけられていました。
戦後の権力的な徴税に加えて、職人・親方という上下関係のもとで「職人に事業税をかけるな」の運動がわきおこりました。
「死んでも(税金を)払え」という税務署の家財道具差押えとのたたかいの中で、18人の大工が集まって「全京都自由労働組合・大工支部」を結成しました。これが現在の京建労の始まりです。1950年7月20日のことでした。

秋田県が住宅リフォームに助成

2010年2月15日(月)
 秋田県が今年3月から、県民の住宅増改築・リフォーム工事に助成する「住宅リフォーム緊急支援事業」を創設します。都道府県段階での「住宅リフォーム助成」は全国初。
 同事業は、住宅リフォーム工事費の10%を助成するもので、上限は20万円。秋田でできて、京都でできないはずはありませんね。

DSCN0132.jpg 「地元経済活性化と地元建設業者の育成強化を求める要請」に対する宇治市との懇談会を2月8日に実施しました。
 組合からの要請項目は、耐震改修助成制度の改正や住宅改修助成制度・小規模事業者登録制度の創設、入札制度の改善など、7項目です。

947-1-1.JPG 京都総評は2月6日あさから、京建労会館で、国民春闘の勝利をめざす意思統一の場となる、地区労代表者会議を開き、25人が参加、地域での春闘の組み立て方などについて、話し合いました。
 2010春闘は、府知事選挙勝利、組織拡大の前進を一体の課題として、地域ごとに宣伝、集会やデモ、訪問・要請活動を通じて、地域の経済団体や中小企業・市民団体・労組などへの訪問・対話・提案にとりくむことが提起されています。

 城陽市議会は12月24日、12月定例議会の閉会本会議で、京建労洛南支部が提出した請願「公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保等に関する意見書採択を求める請願」について、賛成多数で採択しました。
 賛成は共産・市民ネット城陽・太陽の会の各会派(11人)、反対したのは自民党緑生会・自民党一心市心会・公明の各会派と、無会派議員(10人)。

読者の文芸

2010年1月 1日(金)

初夢で 景気良くなる 夢を見る
   綴喜八幡・保田利夫さん

お正月 子らと過ごせる 幸ありぬ
   南・澤田妙子さん

機械より 未来に生きる 匠技
   山科・青井岳人さん

拡大を 仲間がつなぐ 連帯に
   西京・西留夫さん

門建てる 技術は京建労にあり
   中京・五十嵐弘治さん

声かけや きょうも門もん あすも門
      要求通す 門出とせねば
   北・五十嵐一志さん

 

 ひき続き、建築ニュースでは、読者のみなさんに参加いただくコーナーをふやしていく予定です。これまでにいただいている「おたより」はもちろんのこと、絵手紙・川柳・ポエムなどの投稿を大募集しています。

【京都大学・岡田知弘教授】
okada.JPG 現代では、「人間の生活領域」(生活地域)と、「資本の経済活動の領域」(全世界)のかい離がはげしく、金融危機をつくりだしてしまった。
 私たちは、こうした中、地域経済をつくる主体に目を向けるべきだと考えます。
 地域経済の再生は、中小企業・個人経営の事業者・農林漁業や、住民が主体となるNPOなどが、活躍する受け皿をつくることから始めるのが適切です。

DSC_0002.JPG 「いいまちねっと・東山」は、2002年から活動している市民組織で、区内の諸団体で構成。京建労東山支部も参加しています。
 「ねっと」では、最近は「交通問題」にとりくんでいます。
 東山といえば、清水寺に高台寺、祇園と、全国の名だたる観光名所。「ねっと」事務局長の前田直人さんは「年間1300万人を超える人が訪れる東山を、『歩いて楽しく、住む人にとってもくらしやすい地域に』というのが、私たちの活動」と話しています。

daigo01.JPG世界遺産の地に / 宅地開発の手
 伏見区醍醐地域は、「五重塔」が美しい世界遺産・醍醐寺を有する緑豊かな地域ですが、1990年(平成11)から、宅地開発計画が持ち上がり、上醍醐地域の山が削られる工事が始まりました。
 「1994年(平成6)にこの地に引っ越してきて、醍醐寺と周囲の緑にほれこんできたのに、ほかの町と変わらない状態になるのでは、地域の魅力が失われる」と、立ち上がったのは、この地域にくらしている、久保絹子さんら「だいご歴史さんぽの daigo2.JPG会」のメンバーら。

【民主府政の会・門祐輔代表委員・知事選挙予定候補】
P1130171.JPG 京建労の組合員のみなさん、あけましておめでとうございます。
 いよいよ4月の知事選挙本番に向け、私の基本政策である「ひと・いのち・くらしが最優先となる、新しい民主府政・府民の生活に温かい府政の実現へ、引きつづき、お力添えをよろしくお願いいたします。
 私はこの間、府内各地を訪問し、府民のみなさんのお話を聞かせていただいているのですが、感心した地域がいくつかありました。

職業訓練功労賞に則藤正夫さん

2010年1月 1日(金)
944-5-1.jpg11月14日からの2日間にわたり開催された「京都ものづくりフェア2009」に於いて、京建労の職業訓練校で、実技の教官をつとめる、則藤正夫さん(右京)が、京都市長表彰・職業訓練功労賞を受けました。
 長年の功績を称えられた、則藤さんは「私も訓練校の1期生です。講師になってからも、自分自身も勉強しながらやってきましたが、もう71歳です。これからは講師の後継者も育てたいですね」と語りました。

地域の依頼で御社づくり

2010年1月 1日(金)

上京の仲間が作業

091206 (7).JPG 京都市上京区の六軒町通一条を北へ行ったところに、まだ真新しい、お地蔵さんの御社(おやしろ)があります。
 これは工務店を営む上京支部の河原康二さんが、隣の町内から依頼されて製作し、11月1日に落慶法要が行われたものです。
 大工として、この御社づくりの作業にあたったのが、同じく上京支部書記長の九里正さん。
 お寺に安置されたままになっていた、お地蔵さんを祀るために、地域の人たちが、信頼のできる地域の工務店に頼まれた仕事です。
 完成後、作業にあたった九里さんの案内で、京建労の職業訓練校41期生の大野浩和さんと野村幸佑さんが、御社を訪ねました。

 

944-4-3.jpg 福知山市三和町にある大原神社のすぐ近くに、大正時代まで神社の周辺集落に住む人がお産の際に使っていた、切り妻屋根で天地根元造の小屋・産屋が今も大切に守り伝えられ、残されています。

大原神社の宮司・林秀俊さんは「常の生活をするところから、神様がおられる命の源の川の流れを挟んだ対岸は神様や、先祖に近いところの象徴」と説明します。
 そこにあるのが、京都府指定有形民俗文化財の「大原の産屋(うぶや)」です。

戦前の五条通りを再現

DSC_0012.JPGのサムネール画像 DSC_0008.JPGのサムネール画像

 五条通りは、現在でこそ道幅60メートルの、京都を代表する大通りですが、現在の姿になるまでに、戦前・戦中の「建物強制疎開」の歴史があります。
 疎開前の住宅の位置を、聞き取り調査し、「疎開前五条通り」の道幅を探求するとりくみに、年金者組合の仲間らがとりくんでいます。

 北村副委員長が EUを訪問

DSC_0074.JPG 日本経済のグローバル化がすすむ中で、中小零細企業の大量倒産と、そこで働く労働者の失業が深刻。仲間の間にも将来不安が広がっています。
 北村副委員長がEU代表部を訪ね、「小企業は欧州経済のバックボーン(背骨)」とする欧州小企業憲章や、EU諸国での建設技術者の地位向上のとりくみ等について、フィロン広報部長と対談しました。(文責・見出しは編集部)。

 本部執行委員会の席上、情勢報告で明らかにされてきましたが、、京都府北部で実施のはこびとなった住宅改修助成制度は、早くもすばらしい経済効果をあげていることが、調べでわかりました。

 京丹後市と与謝野町で、住宅改修助成制度の予算が、増額されました。
 京丹後市議会の9月補正予算で、これまで上限3万円の100件分・予算300万円として実施されてきた同制度に対して、「予想以上の申請が今後見込まれる」として、240万円が追加されました。

声明・総選挙の結果について

2009年9月 7日(月)
 8月30日に投開票された総選挙の結果、自民・公明の与党が議席を激減させ、自民党が衆議院で第1党から転落し、1955年の結党以来初めて、第1党が入れ替わり、62年ぶりに政権が交代する、日本政治の画期的できごとになりました。
 今回の総選挙の結果は、麻生首相の失言や官僚の不祥事によって、一時的に民主党に"風"が吹いたのではなく、国民の積もりに積もった批判の結果であり、「構造改革路線NO!」の国民の審判です。
 今年10月1日より、京都市内4ヵ所のクリーンセンター及びエコランド音羽の杜では、産業廃棄物の受入れが廃止されることになりました。
 産業廃棄物は、この改正により、民間の産業廃棄物処理施設で処理をすることになります。
930-4-2.jpg現代の生活と融合した葛屋

 船井支部の坂井正和さん宅の隣では、多くの人の知恵と知識をあつめた、茅葺き屋根の民家が完成間近。
 風土・伝統・現代の生活を融合させるための工夫が随所にこらされています。

画像 004.jpgのサムネール画像のサムネール画像今回の請願運動は、2001年に否決された『住宅改修助成制度創設の請願』以来の運動で、当時は日曜日を中心に短期間で全議員に働きかけました。議員要請は、平日夜の1時間程度の行動で、府会議員・町会議員への要請も同時に行った関係で、スケジュールも過密になり、全議員に当たりきるのが本当に大変でした。

市長候補「正義の弁護士」中村さん。951票差まで追い上げた

 2月にたたかわれた京都市長選挙では、「京都市政を刷新する会」の中村和雄氏を候補に押し上げ、大奮闘しました。

 京建労は、住民のみなさんとの共同で、制度の創設と拡充をすすめる活動にとりくんできました。
有識者・宗教者などのよびかけ人が壇上に

個人・団体にネットワークを

瑕疵担保履行法が 来秋適用へ

2008年7月 3日(木)
 2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(以下「品確法」)で、新築住宅の基本構造部分(基礎・土台・柱・梁など)および雨水侵 入を防止する部分(屋根など)について、施工者の瑕疵担保責任が明確化され、引渡し後10年間、「瑕疵部分」についての補修が義務付けられました。

防ごう熱中症

2008年7月 3日(木)

 熱中症とは、高温な環境下で体温調節や循環機能に障害がおこる病気で四肢の痛みやめまい、おう吐や下痢などさまざまな症状となって現れ、致命率が高く、緊急の治療が必要な場合があります。炎天下の作業現場ではとくに注意しましょう。

北東アジアの非核化へ賛同を

2008年4月15日(火)
上がポスターデザイン、地球の周りに賛同者の氏名・団体名が並ぶ予定

2007年度分申告の留意点

2008年2月15日(金)
所得税の税率が個人住民税の10%への一本化との関係で税率が変更。

史上初 まつり開催/梅小路公園に2500人

2007年12月28日(金)

 晴天に恵まれた11月25日、下京区の梅小路公園で行われた「主婦の会まつり」は、会員や組合員、家族、市民など、2500人の参加で賑わいました。

改憲派にはパッチギを

2007年12月28日(金)
わかりやすい話のなか、時に激しく会場へ問いかけた井筒監督

井筒和幸さん(映画監督)

新春座談会

2007年12月28日(金)

座談会の参加者(敬称略)

本部組織部長:小林 護
左京:平山幸雄
伏見:浅野 強
宇治:三須磨一也
洛南:西村涼一
福知山:高橋義行
司会:(本部)大久保寿行

中村和雄さん 市民ウォッチャー・京都 代表 市民共同法律事務所 弁護士

 5月8日、弁護士の中村和雄さんが来年2月の京都市長選挙に出馬する意向を表明し、幅広い組織・団体との懇談を通じて支持・推薦を広げ、市民生活 重視の新しい京都市政に転換しようと訴えました。中村氏は、京建労の大会にも来ひんとして出席し、出馬にあたってのあいさつをのべました。内容は次の通り です。

 建設関連労組・民主団体でつくる建設政策研究所・関西支所(片方信也理事長)は7月9日、大阪・淡路で政策研究集会を開催しました。

「楽しそうね」と、参加するオーストラリア人(醍醐)

耐震診断など職人の技術を提供/「頼りになる」と、住宅相談

嵐山・中ノ島公園で署名を訴える主婦の会

 主婦の会では、毎月担当支部を決めて6・9行動をとりくんでいます。6・9とは、広島・長崎に原爆が落とされた日、二度とこのような惨事が起こらないよう「核兵器廃絶」を訴え署名行動を行っているものです。

地元業者の仕事確保に関心

懇談する組合代表

わだつみ像前で不戦の決意新たに

 12月8日、立命館大学・国際平和ミュージアムで「わだつみ像前集会・不戦のつどい」が行われました。学徒動員など同大学の戦争協力を反省し、「二度とペンを銃に替えない」との決意を新たにするもので、今年で52回目です。


主婦の会/仲間との交流に心通わせ

2005年11月26日(土)

「いつまでも健康で美しくいたい」と、澤田先生の話を聞き入る主婦の会の仲間

もっともっと大きな会へ〜155人の新しい仲間表彰される支部代表

パソコンをずらり並べて機関紙づくり講座

 教宣部は11月6日、支部機関紙や分会機関紙の発行に携わる仲間をふやそうと「パソコンによる紙面づくり講座」を開催。事前の案内で 「町内会報や家族新聞にも応用できます」とのふれこみで、当日13人の仲間が学習しました。講師には日本機関紙協会京滋地方本部の四ヶ谷事務局員を招きま した。

 かねてから病気療養中だった京建労元書記長・福島幸一さんが10月26日早朝、逝去されました。享年81歳。

 京都市議会は10月13日、自民・公明・民主都みらいなど与党会派の提案・賛成多数で、悪質リフォームに対する対策強化を国に要望する意見書を採択しま した。意見書の内容は「500万円未満の軽微な建設工事」の請負にあたって建設業許可を必要としない現行の建設業法を「見直す」(=許可要件の拡大)を国 に要求するものとなっています。

感謝の言葉を述べ支援者と握手する大西候補

 9月4日告示、11日投票で城陽市長選挙がたたかわれました。

 選挙結果は、「山砂利跡地埋め戻し凍結」「第二名神建設の見直し」「城陽の地下水を守り、税金のムダ遣いを是正する」などの基本政策を広範な市民に訴えてきた大西忠氏が善戦しましたが、現職の橋本昭男氏の得票にあと一歩及びませんでした。

実行委員のみなさんの紹介

 山科区では昨年1月に山科・9条の会が結成され、現在1,200人の賛同署名、1万3千筆を超える憲法9条改悪反対署名が寄せられています。

弔辞を読み上げる京建労・田辺本部委員長

 京建労草創期からの幹部であり、京都における建設労働運動の草分けとして先頭に立ってこられた、元京建労執行委員長の浅田源三郎さん(享年90歳)が8月11日、午前6時34分、志半ばにして逝去されました。

取材するときの心構えは...真剣にメモをとる参加者お手柔らかに! 本部教宣部員の添削をうける

 8月7日、醍醐プラザホテルにて第34期教宣学校を開校。全体で32人が参加しました。

 本校は、組合における機関紙活動に携わる教宣活動家の初頭教育と位置付け、毎年開校しています。参加者は「取材の仕方、記事の書き方」から「見出 しのつけ方、レイアウト(紙面の整理)の仕方」など、基本的な講義を受けたあと、実際に外に出て機関紙活動の基本である取材に臨みます。


みなさんの声援を背中で感じた。あいさつする今西さん

 7月20日、京都地裁にて今西税金裁判第8回目の公判が開かれ、法廷は百人を超える傍聴で満席となりました。今回は、当時今西和政さん(山科支部)を調査担当した署員の陳述・尋問と、遠藤・山科民商事務局員と原告・今西さんの陳述・尋問が行われました。

池田次長のはなしに聞き入る参加者

【主婦の会・奥野博子事務局長】 主婦の会では、7月16日(土)京建労会館ホールにて、幹部学習会を19支部と本部、合わせて67人の参加で行いました。


自らの体験談を語る三原書記

 7月10日、京都総評青年部は最低賃金生活体験報告集会を開催。30人が参加しました。