ナビゲーションをスキップ
月別

木と技・京の家づくり協議会

全国有数の規模で出発

'03-5-3.JPG【川久保雄二郎・協議会議長】
 「京建労」「全京都建設協同組合」「京・杉の家・座」の3者で事務局を立ち上げた『木と技・京の家づくり協議会』が国土交通省に認可されました。8月6日の発表。
 この協議会は、地域の中小建設業者(年間着工50棟以内)が長期優良住宅を木造で建築する際、「年間5棟」を限度に国の助成金(100万円/棟。地元産材活用型住宅は120万円/棟)が交付され、協議会のルールに従って配分される仕組み。