ナビゲーションをスキップ
月別

コラム:いらかの波

いらかの波 No.1100

2017年4月20日(木)
 継続は力なり。先人から受け継がれ、読まれ、待たれ、そして書き継がれた建築ニュースが、今号で1100号を迎える

いらかの波 No.1099

2017年4月 6日(木)
 建設業界においては社会保険未加入対策が大詰めを迎えた▼「適切な保険に加入していることが確認できない建設従事者については、特段の理由がない限り現場入場を認めないとするべき」と国交省通達で明記され、4月より実施される。この「適切な保険」に加入する原資となる法定福利費の確保が、組合の大きな課題となっている

いらかの波 No.1098

2017年3月21日(火)
 4月1日、福島県内の4町村の避難指示が解除される。年間被ばく量は20mシーベルト(Sv)以下になった。安倍首相は「本格的な復興のステージを迎えます」と宣言した。はたしてそうなのか

いらかの波 No.1097

2017年3月 6日(月)
昨年末に父が他界いたしました。葬儀のあと母が言います「京建労きょうけんろうって言うてはった時が一番元気やったね」。ここで出会ったみなさまに筆舌に尽くしがたいご助力を頂戴した父に成り代わり「京建労」に御礼申し上げます

いらかの波 No.1096

2017年2月17日(金)
 2009年1月28日、京建労はこの日から3日間にわたり京都府庁を包囲した。掲げた要求は「京都府は府民のくらしを守れ」だ

いらかの波 No.1095

2017年2月 7日(火)
 LCC(格安航空会社)の参入で、韓国や台湾、香港へと、ゲストハウスや民泊を利用して便利で安く、異国の文化に触れることができる

いらかの波 No.1094

2017年1月 3日(火)
 新年あけまして、おめでとうございます。今年一年、無病息災で過ごせるのが何よりですが、皆さんはいかがでしょうか▼2017年は「酉年」です。海に囲まれた日本。水質の良さは私たちにさまざまな恵みを与えてくれます。「酉」にさんずいがくっつけば良薬にも毒にもなる「酒」となります。知人や友人と酌み交わし、家庭では目標の成就を願い祝盃をあげられた方もいたのではないでしょうか

いらかの波 No.1093

2016年12月16日(金)
長いトンネルを抜けるとそこは姫路だった。現在通っている建設現場の話である。あさ6時に最寄り駅へ。新大阪駅から新幹線で姫路駅。それから一駅先まで行く、約90分の道のり。姉に言うと「初めて聞いた。大工さんが新幹線で仕事に行くの!」。私も、お初です

いらかの波 No.1092

2016年11月15日(火)
 『生活費』とは生活のための「食料・住居・光熱・教育・保険医療費」などである。この生活のために、汗みどろとなって働いて、我々の生活費となる

いらかの波 No.1091

2016年11月 9日(水)
私宛に一通の封書が届いた。差出人は地域の「社会福祉協議会」と書かれている。何事かと思えば「敬老会のご案内」とある。まったく気にもしていなかったが「数え年七十歳以上の人に送付しています」とのこと

いらかの波 No.1090

2016年11月 1日(火)
「穴太衆(あのうしゅう)」。織田信長の時代から続く城の石積みを担ってきた人たちが滋賀県にいるらしい。最初は「ヘー」と単に物珍しく聞き流した

いらかの波 No.1089

2016年10月 5日(水)
「呼吸(イキ)すれば、胸の中(ウチ)にて鳴る音あり。凩(コガラシ)よりもさびしきその音!」。石川啄木の歌が、やっと分かったように感じるとは、現在の不幸かと思う

いらかの波 No.1088

2016年9月20日(火)
先日、乙訓支部の運動会に参加した。初めてのとりくみということもあり、会場は少し緊張感に包まれていた

いらかの波 No.1087

2016年9月 6日(火)
 ドイツの銃撃の惨事、共和党大会の混乱と並びでアメリカCNNがスマートフォン向けゲームソフト「ポケモンGO」の配信の波紋を報じていた

いらかの波 No.1086

2016年8月 4日(木)
先日、往復はがきが我が家に届いた。開けてみると出身中学校卒業生の合同クラス会の案内だった

いらかの波 No.1085

2016年8月 4日(木)
 まだまだ梅雨明けの声は聞こえぬが、毎日クーラーボックスの中に冷えた麦茶と水、そしておしぼりを入れて現場へ向かっている。帰宅するときにはすべて空となり、作業着は汗の染みがつくほど。先日現場で仲間が熱中症で倒れたと聞いた。他人事ではない

いらかの波 No.1084

2016年7月13日(水)
22日参議院選挙公示の日、一斉にポスターが張り出された。京都は4人、前回と比べて幸福実現党のポスターがふえた

いらかの波 No.1083

2016年6月17日(金)
連日、新聞紙面で報じられている舛添東京都知事の金銭にかかわる話題に関し、「公私混同」へ怒りの声が寄せられている

いらかの波No.1082

2016年6月17日(金)
 「疑似科学」という言葉を聞いたことがあるだろうか。一見、科学的に説明するがそうではない、「ニセ科学」ということらしい。世の中にはこんな欺瞞が満ちあふれている

いらかの波 No.1081

2016年5月17日(火)
 「熊本地震には負けない、私たちには仲間がいる」。力強く記されたこの言葉は、5月8日付で発行された熊本県建築労働組合の機関紙「熊建労」の1面見出しだ。仲間に向けた情報発信と、全国から寄せられた物資や激励などを伝えている

いらかの波 No.1080

2016年5月 2日(月)
 熊本地震で被災された皆様には、一日でも早くもとの生活にもどれるように心からお祈り申し上げます▼私の手元に一冊の文集がある。題名は「昭和41年 卒業文集」とあり、クラス全員が何らかの思いを書いたものである。もちろんここには卒業に際して私の思いも記してあるわけだが、よく50年も捨てずに残っていたものだ

いらかの波 No.1079

2016年4月15日(金)
 こんぴらさんの日、峰山の金刀比羅神社境内に屋台が並ぶが、近年出店が少なくなった。かつては商店街から歩行者天国となり、大勢の人で賑わった。子どもの頃、わずかな小遣いをもらい駄菓子を買った、昔からずっと続く春の祭り

いらかの波 No.1078

2016年4月 5日(火)
春のたより「桜の開花宣言」。各地の標本木に5~6輪の花が開くと発表される。この春に私が多く聞いたフレーズが「靖国神社の標本木」。東京管区気象台では、気象庁敷地内にあった標本木から現在の桜に変更された。1966年のこと

いらかの波 No.1077

2016年4月 5日(火)
 1月29日、関西建設アスベスト京都訴訟判決。「勝訴」の旗出しの瞬間、私が撮った写真は実に151枚におよんだ

いらかの波 No.1076

2016年4月 5日(火)
 来た、来た。何かと言うとスギ花粉。一年の中で最も嫌な辛い季節である▼5年ほど前のこと、昨日まではなんともなかったのに、ある日突然に発症した。最初の頃は軽くて済んでいたが、段々と症状が酷くなり、今では目や耳の奥の方まで痒くなる。それこそ目玉を取り出して洗いたくなる

いらかの波 No.1075

2016年4月 5日(火)
 1月29日、雨の中でむかえたアスベスト訴訟の判決日。「勝訴」することができました。今回の判決で初めて建材メーカーの責任が認められました。組合の長年のたたかいがむくわれました。公正判決署名、カンパ活動、裁判官宛の意見ハガキ運動、傍聴支援などの運動が実を結びました▼ただ「一人親方」に対する「国の責任」は認められていません。一方で「一人親方」の中でも多くの原告に対する企業責任が認められたことで26人のうち22人が「勝訴」となりました

いらかの波 No.1074

2016年2月 3日(水)
 暖冬でむかえた新年6日、世界の声を無視する北朝鮮の暴走・4回目の核実験が行われた。また中国の景気失速や原油安などによる新年早々の世界株安の流れや、インドネシアでおきたISによる連続爆弾テロなど恐ろしいできごとが続く

いらかの波 No.1073

2016年1月 1日(金)
 新年明けましておめでとうございます。2016年の干支は「申」。「子」に始まり「亥」まで十二支。十二年で一巡する。「一家族で同じ干支の者が3人以上いると目出度い」と聞いたことがある。双子や三つ子ちゃんの場合はどうだろう

いらかの波 No.1072

2015年12月14日(月)
 全国の神々も一年に一度集まり、会議を開くという。10月、すなわち「神無月」に行われる。聞けば八百万の神々が出雲大社に集い、人々の縁組について相談をするそうだ。年に一度の大行事。もしかしたら1年の振り返りもやるのかななどと想像する▼

いらかの波 No.1071

2015年12月14日(月)
 毎日、秋晴れのいい天気が続く。畑仕事をしていると大変気持ちがいい。空には飛行機雲、のどかな日和である。と言いたいところだが、最近はちょっと様相がちがう▼

いらかの波 No.1070

2015年12月14日(月)
 「ダンスフロアーに華やかな光、僕をそっと包むようなハーモニー」。路上で披露されたのは、ヒップホップグループ「スチャダラパー」の50万枚セールスのヒット曲「今夜はブギーバック」の一節▼

いらかの波 No.1069

2015年10月19日(月)
抜けるような秋晴れの中、長男が晴れの舞台を踏んだ。保育園生活で最後の運動会だ▼発達に障害がある長男は、運動会が少し苦手。小さなときは席を離れあっちに行ったりこっちに行ったりと競技の邪魔ばかり。そんな長男が小さな仲間の手を引き、凛として入場行進をエスコートしている。「立派になった」と驚き、涙を堪えきれなかった

いらかの波 No.1068

2015年10月19日(月)
 少し前に組合仲間からの電話が鳴った。「今借りている借地に建てている倉庫を『9月中に解体して移転するように』と家主からの通達がきた」

いらかの波 No.1067

2015年10月19日(月)
 実質賃金0・3%アップの記事が載った夕刊を床にひいて散髪をしました。7月は、台風と雨で12日しか働いていない、賃金ダウンの私は心苦しい。世の中のしくみが悪いのだと気を紛らわせるための「悪政記事」には不自由しない

いらかの波 No.1066

2015年9月 9日(水)
 この夏は日本国内で、何もかも暑かった夏だと思う。8月は熱中症搬送が全国で2週連続で1万人を超え、京都でも8月3日からの1週間で337人が救急搬送されたそうだ

いらかの波 No.1065

2015年8月10日(月)
 昭和39年開業をめざし、テスト走行を繰り返す新幹線を、学校の窓からよく眺めたものだ。「団子鼻」の愛称で親しまれた「0系」車両である。その年の10月10日には、アジアで初めての東京オリンピックが開催された。人々はテレビや新聞での報道に熱狂し、おおいに盛り上がったものだ

いらかの波 No.1064

2015年8月10日(月)
「戦争法反対」「憲法9条を守れ」。今、切実にそう思う▼「中国や朝鮮に攻められたらどうするのか」といって賛成の人がいるが、安倍首相がやろうとしているのは、日本が攻められたらという話ではない。日本の生命線を守るのに、外国までいって戦闘をやろう、そうしないと日本の平和は守れない。日本だけではダメなので、集団で仲間(米国)が攻撃されたらいっしょになって反撃しよう。法律が憲法に抵触するなら、憲法を法律に近づけたらよい

いらかの波 No.1063

2015年7月10日(金)
 洗髪に使う私のシャンプーは、ポンプ式のボトルに入っている。ワンプッシュ、奥まで押し込むと明らかに多過ぎる量のシャンプーが出てくる。よほど意識していないと、ついつい強く押し込んで『しまった...こんな筈ではなかった』と。私の頭髪量との関係性でいえば、5回分程もあろうかと思える

いらかの波 No.1062

2015年7月10日(金)
 「戦争は本当になくせるんですか」。『戦争法案』廃案へむけたシール投票・宣伝行動で、二十歳前後の青年から投げかけられた問いだ

いらかの波 No.1061

2015年7月10日(金)
 政令指定都市である大阪市を解体し、行政区の再編を行い、府と市の2重行政のムダを省く目的で提案された「大阪都構想」。今回、住民投票の結果が「反対多数」で廃案となった。この問題は、果たして制度を変えなければ、何もできないのだろうか

いらかの波 No.1060

2015年5月29日(金)
みなさんはジュゴンという動物を知っていますか?南の暖かい海に住む哺乳動物で、昔に船乗りに人魚と見間違えられたこともある珍しい生き物です。このジュゴンが生きていくための食べ物は海藻

いらかの波 No.1059

2015年5月13日(水)
いっせい地方選挙もおわり、久しぶりに「芝刈り(ゴルフ)」に行ってきました。今回もプラスハンデの組合仲間とプレイ。私の友人も一緒に参加しましたが、仲間から与えられる的確なアドバイスに感嘆していました

いらかの波 No.1058

2015年4月15日(水)
桜が満開となった途端、天気の急変で花が散りつつある今、思うことが2つある。その1つが、40年間組合活動を頑張ってこられた小林栄一郎さんの訃報だ

いらかの波 No.1057

2015年4月 6日(月)
 入学式や入社式を見かけると、自分もあの頃に戻れたらなと思う。過ぎ去った年月は取り戻すことはできないが、希望よりも不安が先立ち緊張した当時を思いだす。今でも経験のないことに直面すると心臓が破裂しそうになるから困ったものだ

いらかの波 No.1056

2015年3月17日(火)
たいへん痛ましい事件が新聞紙上をにぎわしている。神奈川県川崎市で「18歳の少年がカッターナイフで人を刺殺」

いらかの波 No.1055

2015年3月17日(火)
 あまりにも残虐な「過激集団IS」による蛮行を、激しく非難する。世界中の良心が騙され続けている、「破壊と殺戮の歴史」を止めよう

いらかの波 No.1054

2015年3月 3日(火)
2014年の秋から冬にかけて、京建労の職業訓練校に焦点を当てた取材を数回行った。入職者不足にあえぐ建設産業にあって、建設青年たちは何を思い、技能を磨き、現場へ向かおうとしているか、この目でじっくりと見たかった

いらかの波 No.1053

2015年3月 3日(火)
2014年の夏より、海釣りにはまっている。向日市から大原をぬけて鯖街道を100㎞車で走り小浜港へ。釣り人4人の遊漁船で出港し、しばらくすると左手方向にクレーンが立つ大飯原発が見えて、耐震工事や津波対策工事が見てとれた。やはり再稼働するのか?

いらかの波 No.1052

2015年1月 9日(金)
新年あけまして、おめでとうございます▼新年にふさわしいことわざを調べていたら、初夢に見ると縁起がいいものに「一富士、二鷹、三茄子」とあった。自分の意思で見ることはできないので、幸運を祈るしかないが、すべてが夢に出てくるとどんな年になるのか

いらかの波 No.1051

2014年12月16日(火)
 早いものでもう師走ですね。皆さんお仕事のほうは、忙しくされていますでしょうか。さて、前田陽子さんってご存知でしょうか。11月16日の女子ゴルフの試合で、賞金1800万円を獲得されました。働きながら女子ゴルフのツアーに参戦し苦節9年の初優勝

いらかの波 No.1050

2014年12月16日(火)
 大変だった2014年の仲間ふやし月間。終わってみれば、支部・青年部・主婦の会とトリプル達成。わが分会も数年ぶりに月間目標達成と、仲間のがんばりに感謝するのみである

いらかの波 No.1049

2014年12月15日(月)
 公共事業の現場訪問を行った。設計労務単価は上がったけど、現場まで下りてこない。チラシを見せると一様に「こんなにもらっていない」「(この金額で受注しているなら)親方はだいぶ抜いているな」という返事が返ってくる

いらかの波 No.1048

2014年12月15日(月)
 「暑さ寒さも彼岸まで」というが妙に納得してしまうこの頃である。実った稲穂は、紅葉の季節をむかえて、刈り入れを待つばかりであり、収穫がすめばその労をねぎらい「温泉にでも...」と思う人は多いだろう

いらかの波 No.1047

2014年12月15日(月)
 「これからが正念場、チルダイするな」。「チルダイ」とは沖縄の方言で、肌をさす太陽光のあまりの強さに、気が抜けてしまう様子をいう▼本紙が、2010年と2012年に行った、沖縄取材の際にお世話になった、故・大西照雄さんが2013年6月に亡くなる前に言われたという「チルダイするな」

いらかの波 No.1046

2014年9月16日(火)
 8月の豪雨被害で被災された仲間のみなさんに、心からお見舞い申し上げます▼京建労は翌18日に福知山支部に調査団を派遣。被害の実態把握につとめ、私もそれに同行させていただいた。都市部を襲った浸水被害の実態は恐ろしく、民家を含め多くの商店など零細業者が甚大な被害を受けていることは、向かう道中からも見える景色で理解ができた。街を支える零細業者が、これほどの被害にあっている現状に、復興へ相当な時間と政策が必要ではないかと感じた

いらかの波 No.1044

2014年8月 6日(水)
 あなたはUFO(未確認飛行物体)というものを見たことがありますか? 私は小学2年生(昭和41年)の頃、山の稜線上を飛ぶ旅客機の後について飛ぶ「葉巻型の物体」を見た。当時の視力は2・0。「不思議なものが飛んでいるなぁー」と思っていた▼「未確認の飛行物体」を見てから何年か後に、アメリカにて「UFO墜落事件」と、テレビが報じた。防衛大臣も務めた政治家が「UFOはいる」と言っていた▼

いらかの波 No.1043

2014年8月 6日(水)
 年に一度の七夕も、あいにくの雨模様。6月の降水量は平年より少なかった。7月10日ぐらいには台風が列島を駆け抜けそうだ。雨は欲しいが、災害はいらない▼サッカーのワールドカップでは、日本はグループリーグ敗退で終わった。周りの期待が大きかったので残念だ。世界とはまだまだ力の差があるのか。ゴルフでは石川遼選手が約2年ぶりに、最終日逆転での優勝。「長嶋茂雄」の冠がついた大会で、氏と握手する姿が大きくテレビに映し出された。彼はやはり凄い物を持っているのだろう

いらかの波 No.1042

2014年8月 5日(火)
 「ベラルーシ」って国はどこにあるのか。すぐに答えられる人はいるのかな。今、戦況悪化の旧ソ連ウクライナの北隣▼1986年4月26日のチェルノブイリ原発の試運転中の爆発により放出された放射性物質の量は、広島型原爆の800倍といわれ、国土の23%が汚染された最大の被害国である。事故処理に現在のロシア、ウクライナ、ベラルーシなどから60万人から80万人が従事して、うち数千人が被曝を起因とする病気で死亡したとの統計もあると京都新聞は報じている

いらかの波 No.1041

2014年6月16日(月)
 近頃1年がとても早く感じるようになった。なぜか分からないが世の中の動きが早すぎるのか、それとも年齢のせいなのか。今年も梅雨の季節になり、あの蒸し暑さから逃れようとは思うがこれも自然の摂理であり逆らわないのが得策かもしれない

いらかの波 No.1040

2014年6月 7日(土)
 つい先日、道具屋に行き「角ノミ在りますか」と尋ねると「とりよせになりますし、値段も上がっていますけどいいですか」と答えがかえってきた。これはほぞ穴を掘る機械にとり付ける部品だが、ここ数年売った覚えがないということだった

いらかの波 No.1039

2014年5月16日(金)
 今年、区長の役がまわってきた。そこそこの年齢になると、いつかはやらなければならない。任期は1年。「しかたがない」と覚悟をきめた

いらかの波 No.1038

2014年5月 9日(金)
寒い冬を乗り越え花を咲かせ、多くの国民に感動と癒しを与え、新たな旅立ちを後押しした満開の桜。すでに、新たな新緑が芽生え、初夏へと季節は変わりつつある。どんなに過酷な条件のもとでも、じっと耐え、その間に新たな門出を迎える準備を整えてきた証だ

いらかの波 No.1037

2014年5月 8日(木)
 消費税増税を4月1日にひかえた買い物フィーバーと、マスメディアに踊らされたかのような3月末日、消費税増税反対の訴えに耳をかたむける人びと。京都府知事選挙の期日前投票では、前回知事選挙に比べ府内全体で14・15%多い11万8180人が投票

いらかの波 No.1036

2014年4月10日(木)
出身支部の役員さんが、病魔に冒され急死された。58歳。ガンの宣告から3ヵ月という早さだった

いらかの波 No.1035

2014年4月 4日(金)
 東京電力福島第1原発の事故から3年が経った。事故というより人災だろう。津波で被害をうけ、放射能漏れをおこした。安全管理の「想定外」の事態になったという。なんと便利な言葉だろうか

いらかの波 No.1034

2014年4月 4日(金)
 「一燈照隅、万燈照国」。伝教大師・最澄の言葉である。意味は「ひとつの灯かりは隅しか照らせないが、万の灯かりは国全体を照らす」。転じて「一人ひとりが、自分の役割を一生懸命に果たすことが、組織全体にとって最も重要なこと」

いらかの波 No.1033

2014年4月 4日(金)
2月10日、先日の大雪の話題が消えないなかで、開花した桜を見上げた。場所は熱海市、日本一の早咲きといわれる「あたみ桜」。桜の花に囲まれ相模湾を見守るのは「釜鳴屋平七像」。かつてこの地でおこった、マグロ網をめぐる漁民一揆の先頭に立った義人の夫婦像だ

いらかの波 No.1032

2014年4月 3日(木)
 沖縄の名護市長選挙で「辺野古の海にも、陸にも基地を造らせない」と訴えた稲嶺氏が再選を果たした。2013年12月、沖縄県知事が「県内移設を容認」し、県民の怒りは頂点に。告示後には自民党幹事長が「基地の場所は政府が決める」と暴言、怒りの火にさらに油を注いだ

いらかの波 No.1031

2014年4月 3日(木)
 明けましておめでとうございます。昨年は、自然の猛威をまたまた思い知らされた年で、10年に一度おこる可能性のあるとされる台風被害を9年後にして受けた年となり、その模様は各メディアで報道され、記憶に新しいのではないか。年がかわった今でも、仮住まいで生活をされている家庭もあると聞く。この被害、由良川流域では、人災だという人が多くいる

いらかの波 No.1030

2014年4月 3日(木)
 11月19日、「世直し!府直し!大集会」があった。知事候補の尾崎望氏は小児科医として「貧困の連鎖」を訴えた。不安定な雇用と低賃金のために余裕のない子育てを強いられる親子達、それを見て、何の抵抗もなく決意したと言われた

いらかの波 No.1029

2014年4月 3日(木)
圧倒的多数の国民は「アベノミクス効果を実感せず」にもかかわらず、安倍内閣は大企業の業績の向上を理由に消費税の増税を閣議決定し、1ヵ月半が経過した。この間の国会論戦で「消費税の増税が社会保障のためではなく、大企業や富裕層の減税の穴埋めのための増税」であることが明らかになってきた

いらかの波 No.1028

2014年4月 2日(水)
最近、車を12年ぶりに乗り換えて、初めて車に装置したカーナビから聞こえてくる声に「ドキッ」とした。「急発進です。安全運転を心がけてください」
 思いおこせば京都で多発する交通事故。祇園・大和大路での考えさせられる悲惨な事故。亀岡での、若者による無免許無謀運転の学童通学路の事故や、八幡でも若者のレース場まがいの運転操縦により、集団登校の列に車が跳び込む事故。中京区と下京区では飲酒運転連続ひき逃げ事件。子どもや弱者が犠牲になる...何とも言いがたいことである

いらかの波 No.1027

2014年4月 1日(火)
 10月1日に、安倍首相は国民に向け「来年4月から消費税を3%増税し、8%にする」と発表しました。これから免税点を500万円や400万円に下げられたりすると、一人親方や外注さんなど税込みでの単価で就労している仲間たちはたまったものではない。私もそうだが、手間計算の一人親方も消費税を払わなくてはいけない時代が来るかもしれない

いらかの波 No.1026

2014年4月 1日(火)
 夜空に輝く星を見上げていると、この広い宇宙のどこかで、同じように見つめているものがいるのかなとふと思うことがある。地球と同じような星は、どのくらい存在するのだろう

いらかの波 No.1025

2014年4月 1日(火)
 先日両丹各支部の出陣式にお邪魔した。手作りの出陣式に、汗をぬぐいながら輝く仲間を見て、心から『いいなぁ』と元気をもらった。そうだ、私の源流はここにあると再確認した

いらかの波 No.1024

2014年4月 1日(火)
 「トライ&エラー」という言葉を初めて耳にしたのは、私が青年とよばれていた随分と以前、ルアーフィッシングに夢中になっていた頃だった。意味するところは「挑戦と失敗」。試行錯誤を繰り返すといったところだ

いらかの波 No.1023

2014年4月 1日(火)
 今年の夏、息子にとっては最後となるこの夏休み、「職業体験実習」が7月22日から始まった。10日間という短い体験だが、近い将来自分で決めることになる職業と、働くということをこの体験を通じて考えるいい機会になるだろう

いらかの波 No.1022

2013年7月16日(火)
 7月7日、梅雨があけた。今年は雨も少なく、一段と暑さがこたえる。この時期になると決まって電話がかかってくる、「エアコンが動かない、見てくれ」と。点検をしている中で電気代の話になった。「オール電化にしたが、今回値上げになった。円安になってもっと上がるな」「アベノミクスのおかげで燃料代が高くなって、つぎつぎと品物が高くなっている」

いらかの波 No.1021

2013年7月16日(火)
 公約違反を繰り返し、自公と共に消費税増税を強行した民主党、総選挙で惨敗! 再び誕生した安倍内閣、大型補正で税金をばらまき、金融緩和で株価を吊り上げ、大企業や富裕層、国内外の投資家は空前の利益を一瞬で手に入れた。マスコミもアベノミクスを大宣伝、国民のくらしが良くなるかの幻想をふりまいた。

いらかの波 No.1020

2013年6月18日(火)
 「書記局は仲間を孤独にしない仕事」、これは私が入局時に先輩からいただいた言葉。恥ずかしながら、この意味に近づくまで3年かかった。気付かされたきっかけは良くしてくれた工務店の親方が、借金を苦に組合を去ったことだった。組合事務所に来ては笑顔を振りまいていた。その裏側に苦悶が潜んでいたことを私は気付けなかった。

いらかの波 No.1019

2013年6月 7日(金)

 5月15・16日と京建労の定期大会が開かれ、新年度の活動方針が採択された。毎年、大会の記事が紙面に掲載され、すべての仲間に知らされるのだが、みんな読んでくれているのだろうか。機関紙は、時々の出来事を伝え続けて、昨年1,000号の節目を迎えて以降今回で19号の機関紙が発行された。

いらかの波 No.1018

2013年5月15日(水)

 機関紙活動家の初任者教育では、しばしば「記事は客観的に書く。誰が読んでも、なるほどそうか、との読後感を与えられるものでないと、いい記事とはいえない」といわれる。一方で「記事には常に記者の主観が反映しているもので、客観的に表現しながら、読者に考えてほしい課題を提起するのが、機関紙活動の役割だ」ともいう。

いらかの波 No.1017

2013年4月30日(火)
 孫娘(2歳8ヵ月)がロタウィルスにかかった。嘔吐、発熱しケイレンをおこして動かなくなった。「意識を失った」と乳飲み子を抱えている母親は動転していた。「意識がないのですぐ来てください」と家内が救急車をよんで、とりあえず病院へ運んだ。

いらかの波 No.1016

2013年4月 5日(金)
板チョコ、生チョコ、チョコケーキ。寝る前でも目の前にあるとついつい口にしてしまう甘い誘惑。でもその誘いにのった翌朝の後悔ははかり知れない。食べ過ぎたツケは、いつの頃からか「ニキビ」と言うのがはばかられるようになったあの憎いヤツ。「出くわしたくないものランキング」の上位に位置する

いらかの波 No.1015

2013年4月 4日(木)

 私が見習工の頃、親方や先輩から「解体はもっとも勉強になる仕事だ」と言われたことがある。仕事ができないうちは、何のことかわけもわからず、言われるままに仕事をこなしていた。だが経験を積んでくるとその意味がわかるようになってくる。

いらかの波 No.1014

2013年3月15日(金)
 東日本大震災発生から2年。「3.11」を前後し、メディアでは様々な特集が組まれた。改めて「あの時」を思いおこし、心痛めた人も多いだろう。新聞記事内の被災者の言葉が胸に響いた~「震災を風化させないで」。
 復興は緒についたばかり。被災地外に住む私たちが、今後も被災地に思いを寄せ、息の長い支援を続けること。自らのくらしも余裕ない中で容易ではないが、常に肝に銘じておきたい。

いらかの波 No.1013

2013年3月 5日(火)
 「応援を探している」との声を毎日耳にする。建設許可業者は2012年3月末の調査で前年度より1万5,167業者減少、建設業従事者は2005年の国勢調査から2010年までに91万7,000人も減少してきた。そこへ仕事の総量がふえれば「職人さんが居ない」となるのは当然。

いらかの波 No.1012

2013年2月16日(土)
 柔道女子代表選手らが「監督に暴力をうけた」と日本オリンピック委員会(JOC)に直訴し、件の監督が辞任するという事態がニュースになった。高校バスケ部の体罰が理由で生徒が自殺し、受験に波紋が広がった「市立高校」の体罰報道に時期が重なり、国会でも話題になっているそうだ。

いらかの波 No.1011

2013年2月 5日(火)
 先日、父親が91歳で亡くなった。家族が欠けることはさみしいが天寿を全うしたと思っている。遺品を整理していると「引揚証明書」が出てきた。昭和23年6月27日、舞鶴港に上陸したことを証明するというものであった。いわゆる満州からの引き揚げである。

いらかの波 No.1010

2013年1月 1日(火)

 明けましておめでとうございます。昨年12月は、衆議院議員総選挙が行われ、新しくこの日本のかじ取りをする衆議院議員が確定した。これからの私たちのくらしは、どのように変化していくのか、また原発や医療・TPPなどの行方も気になるところだが、多くの人が、少しでも今の生活が良くなることを願って一票を投じたことだろう。

いらかの波 No.1009

2012年12月 4日(火)
 「雨後の筍(たけのこ)」~似たようなものが次々と現れ出ることのたとえだが、選挙目前になっても、筍ならぬ政党が次々と生まれている。一方で「政党わたり歩き」や、「増税」「減税」など主張が相反する党の合流も連日報道される。わずか4日で解散した党も。ギネスものだ。
 この原稿を書いている時点で14党。選挙本番では一体いくつになっているのやら? 予想もつかない。「国民不在の茶番」と政治不信がいっそう広がっている。

いらかの波 No.1008

2012年11月16日(金)
 ゼネコン・住宅企業の足元で、現場を実際に動かしている建設会社の社会保険(健保・雇用・年金)の適用を引き上げようと、官・民でのとりくみが進行。自己と仲間の体を動かし仕事と収入を得てきた職人・中小事業主にとって、きびしい局面となっている。

いらかの波 No.1007

2012年11月 5日(月)
 今年の拡大月間は、月間目標720人の超過達成と、年間目標70%超えをなしとげ、年間での組合員現勢増の可能性が現実のものとなりました。日夜奮闘してきた仲間の皆さんに、改めて敬意を表します。綾部支部にこんな歌が書いてありました。

いらかの波 No.1006

2012年10月18日(木)
 社会で複数の人々が行きかう中で必要とされる「マナー」。つい最近、人がいないはずの応接室の電気がついていたので、ドアを開けて空室を確かめた時も「マナー」としてノックをした。
 以前の職場で、打ち合わせ中に資料を持って入る時、コンコン、と鳴らしたノックで「今のはトイレノックよ、気をつけてね」と、指摘されたことがある。意味が分からず、ネットやマナー解説本で調べると、「ノック2回はトイレ、3回は家庭内の部屋の行き来、4回が正式」と。

いらかの波 No.1005

2012年10月 3日(水)

 季節は、実りの秋をむかえて、これから秋の果実や秋野菜などが収穫される。
 私が、今年から始めた米作りも刈り取りを終えて、おいしい米となりました。これも仲間の助けがあればこそできたことです。

いらかの波 No.1004

2012年9月18日(火)
 去る8日、京都総評が大会を開催し、数ある加盟組合の中から、京建労の吉岡委員長を新議長に選出。勇退する岩橋前議長は全労連の専従役員の就任が決まり、「京都での労働運動の経験を生かし、日本の政治を変える決意」と退任あいさつ。

いらかの波 No.1003

2012年9月 6日(木)

 日本選手が過去最高数のメダル...国民に感動を与えたロンドンオリンピック。私たちが感動したのはメダルの色や数だけではない。何より最後まであきらめずに全力を出し切る選手たちの姿だ。
 国民がテレビの前で盛り上がっている最中、「税と社会保障改革」と称して、消費税10%増税法案が成立した。世論調査で6割以上の国民が反対しているのに、民自公の密室談合。「だんご三兄弟」ならぬ「だんごう三兄弟」が、押し切った。

いらかの波 No.1002

2012年8月 8日(水)
 わたしが住む地域では、毎年7月、神輿の巡行が行われる。田植えが終わり、稲が立派に育つよう祈願した水無月祭である。もとは6月末の行事だったが、人間の都合でいつからか7月末となった。その前夜は神社で宵祭が行われる。

いらかの波 No.1001

2012年7月18日(水)
 「地縁血縁に縛られる選挙と、原発に対する町民意識とは別物であると思い知らされた」。建築ニュース1000号記念講演会の講師、ジェームス三木氏の脚本で製作される劇映画「渡されたバトン」(仮題)のあらすじ紹介の一節。

いらかの波 No.1000

2012年7月17日(火)
 久しぶりに、つるはしとスコップを持って土工をした。見習いで入ったころはそんなにきついと思わなかったのに、機械を使うことに慣れた体には、さすがにきつい仕事だ。

いらかの波(No.999)

2012年6月22日(金)

 「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい...」(夏目漱石「草枕」)。誰でも人間と生まれたからには、自由にくらしたい。しかし、貧困や病気などの苦悩を克服しながら生きなければならないのが、人の世の常。

いらかの波( No.998)

2012年5月23日(水)
 スマートフォンを使うようになって約半年。久し振りにボタンのある携帯電話を触ると、違和感があるだけでなく、文字が打てなくなっていた。多少形は違えども10年程慣れ親しんでいたはずの動きも、いったん身近なところから離れると容易に忘れてしまう

いらかの波(No.997)

2012年5月21日(月)
 今年に入って、一人の仲間との別れがあった。その仲間とは、道具屋さんで、たまに会ったときや、組合で顔を合わせた時に話すぐらいだったが、私にとって彼は、多くの仲間の中でも気軽に接することのできる一人だった。

いらかの波(No.996)

2012年4月27日(金)
 副大臣・政務三役が相次いで辞任し、国民新党が連立離脱を表明する。最近では国交相・防衛相が「あなた、お辞めになったらいかがですか」と参議院で決議が上がった。
 それでも野田首相は、消費税増税法案の成立に「命をかける」という。国民の多数は、13兆円にもなろうという負担増に、当然ながら6割が反対。『社会保障のため』 という看板がウソであることは、多くの国民が見抜いている。ひたすら「増税にご理解を」と言われても、政治不信だけが高まる。野田首相は実のところ、国民生活などに関心がなく、与党内の力関係や密室協議の行方が最大の関心事なのかもしれない。

いらかの波(No.995)

2012年4月17日(火)
 何事にしても「これで十分」はないものだと思う。学生の勉強にしても、掃除にしても。自分で十分に試験勉強をしたつもりの結果が予想を裏切ることがある。時にはキレイにみえて、本当は目に見えない花粉が残り、ある時、急に花粉症の症状が発症するように、今まで何ともなかったのが不思議なほど、状況が一変することもある。

いらかの波(No.994)

2012年4月 3日(火)
 前政権で消費税を導入3%から5%へ。「消費税は上げない」と政権政党になった民主党政権は2014年に8%に、そしてさらに増税を考えている。いったい消費税は何%になるのか。

いらかの波(No.993)

2012年3月16日(金)

 昨年の重税反対統一行動が行われたのは、3月11日であった。税務署での取材を終えて車を走らせている時だった。巨大な地震がおこったことを知り、車載の小さなテレビを見ると、海を走る大津波。平常心が取り戻せず、しばらく車を走らせることもできなかった。

いらかの波(No.992)

2012年3月 5日(月)
 「京都からはじめよう、新しい日本」のスローガンで激しくたたかった京都市長選挙。結果はまことに残念だったが、この選挙での仲間の活動プロセスと結果をみんなで語り合い、総括を深めてきた。選挙後の情勢と組合に求められる任務について考えよう。

いらかの波(No.991)

2012年2月15日(水)
 原子力の専門家の学習会で「原発は効率の悪い発電」という言葉を聞いた。原子炉で発生する熱エネルギーの30%しか電力になっていないらしい。大半は高熱の時の氷枕の水のように、入れ替えられる海水を温めるだけ温めて、再び海に戻し近海を熱していることになる。

いらかの波(No.990)

2012年2月15日(水)
 この機関紙が読者に届く頃には、新しい京都市長が選ばれているのだろう。政令指定都市の選挙として、これほどの注目を集め、選挙後の政局を左右する選挙はめずらしい。
 「京都が変われば、国政が変わる」という期待から、多くの支援が寄せられた。関東からやってきた支援のみなさんからは「京建労の選挙戦を学ぶことができた」とのお言葉をいただいた。街頭で組織内で、力を貸してくださったみなさんに、心から感謝申し上げたい。

いらかの波(No.989)

2012年1月17日(火)
 「951」。多くの仲間は忘れたくても忘れられない特別な数字ではないか。4年前の京都市長選挙での中村和雄さんと現職の得票差であり、「刷新」目前で及ばなかった距離。惜敗と振り返ったその距離の実感を共有したい。
 前回選挙時の投票所数は289ヵ所。「951票」とは、一投票所あたり約3.3票であった。つまりあと4人で勝利していたことになる。あの時、噛みころした涙は、後悔の念であった。「自分もあと一人に伝えていれば...」と。「今度こそ、今こそ」の訴えが続く。

いらかの波(No.988)

2012年1月 1日(日)
 明けましておめでとうございます。昨年は、3月に東日本大震災、9月には奈良・和歌山での台風被害と、自然の力の大きさを思い知らされる出来事が相次いだ。
 原子力発電所の事故では、1995年1月に発生した「阪神淡路大震災」のあと、地震に対する研究もすすんだ。時としておこる、自然の驚異的な力に対して危険性が指摘されていた。それに対して、十分な安全対策はとられたのだろうか。

いらかの波(No.986)

2011年12月12日(月)
 建築ニュースには毎月まちがい探しを掲載している。この応募をきっかけに、仲間のおたよりが寄せられることが多い。
 ハガキは組合員さん本人からもあれば、家族からの応募とおたよりも多くある。天候一つとっても、恵みの雨、サッカーで泥だらけになったと、十人十色のハガキが届く。おたよりに限らず、それぞれ見る目が違うと、同じ日本に住んでいても、生活の中で見え方も違う。

いらかの波(No.985)

2011年11月17日(木)
 住民にとって身近にいる組合員の存在を、ホームページに登録し、自宅パソコンから任意に検索できるシステム『住まいの相談館』。仲間の仕事確保につながるしくみとして2002年に発足した。来春4月で10周年になる。
 この当時は、バブルが崩壊し、本格的な建設不況に入りかけた時期。前田建設工業の社内プロジェクト『修繕屋又兵衛』が全国展開を表明するなど、仲間の職域への大企業の参入も装い新たになっていた。

いらかの波(No.984)

2011年11月 2日(水)
 「1%と99%」~ニューヨークから始まった貧困と格差に反対するデモが今、世界に広がっている。人口比1%の富裕層に対し「われわれは99%」と主張しているのだ。日本でも先日、東京で「全国青年大集会」が開かれ、京建労青年部からも参加。4,800人が「99%の連帯で未来を開こう」と訴えた。

いらかの波(No.983)

2011年10月24日(月)
 自称占い師となった友人は、いつの間にか公称名が変わり、自前のタロットカードを持っていた。正直占いを信じない性質なのだが、「ちょっと被験者になってほしい」と連絡があり、どんなことを言うか好奇心にかられ出向いた。

いらかの波(No.982)

2011年10月 4日(火)
 「おっかない原発で、できた電気はみんな東京に行っている。東京の人間が一回でも、ご迷惑をおかけしています、と来たことがあるか」と柏崎刈羽原発(新潟県)近くに住むお母さんの談話を紹介するのは、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元事務局長・蓮池徹さん。

いらかの波(No.981)

2011年9月16日(金)
 9月11日、同時多発テロから10年、東日本大震災から半年を迎えた。10年前のこの日と、本年3月11日を「世界が変わった日」と表現する報道を目にした。世界はどう変わったのだろうか。おびただしい数の武装警官と分厚い防弾ガラスに守られて話す米大統領の姿には、変化を捉えることができない。

いらかの波(No.980)

2011年9月 2日(金)
 3月11日に起きた東日本大震災。雪の降る寒い日々から続く余震、夏の連日の猛暑、未だ残る瓦礫の山、行方不明者もまだ約4,700人いるという被災地の現状。復旧がなぜすすまないのか、ある自治体市長は「早く、生きる権利とお金を」と怒る。

いらかの波(No.979)

2011年8月 3日(水)

 7月24日、青年部50周年事業の開催日、58年続いた地上アナログ放送が終了した。
 しかし、同日以降も「アナログで見られる」という。というのも地デジ難民を減らすため、ケーブルテレビでは2016年まで視聴可能とか。ケーブルテレビでは、地デジの他に多岐にわたる専門チャンネルが豊富。テレビだけでなくニュースも、受け取る側が広範な分野から取捨選択できる。
 言い換えると、いろいろな情報を受け取っているようで、興味関心あるもののみに目を向けることになり得る。未知のものを「見たい、知りたい」と思う契機になる新しい情報や価値観に触れる機会が、減少しないだろうか。

いらかの波(No.978)

2011年7月16日(土)
 「最後の言葉はオフレコです。書いたらもう、その社は終わりだから」と発言し、自分が終わった松本復興大臣(元)。「命令口調」が原因ではなく、各社が必ず報じたのは前出の部分だった。
 事実を報じるとはいえ、全文を放映・掲載しない以上、そこには編集という選択の作業が伴う。取材・講演、どこを抽出すべきなのかに最も神経を使う。

いらかの波(No.977)

2011年7月 4日(月)
 先日、自然を大切に守ろうと活動している仲間と、山小屋の作業に行った。年間に作業できる日は、数えるほどしかない。
 山での作業はさまざまで、各人ができることを、できる範囲こなしていく。しかし、よく続いてるものだ。無理は言わず、本人の意志に任せ、お互いが助け合っているからこそ続いているのだろう。

いらかの波(No.976)

2011年6月14日(火)

パソコン、携帯、固定電話機、テレビ、ゲーム機と、今やさまざまな方法でインターネットの世界へ足を踏み入れることができる。夏以降もテレビが見られるようにと購入された地デジ対応テレビもインターネットを使えたりするものがあるかと思います。

いらかの波(No.975)

2011年6月 7日(火)
 大会2日目の本会議。議事運営委員会からメモを受け取った・本田勝正議長(福知山)が、朗々と投票結果を読み上げた。「賛成69・反対55・無効3。過半数により採択されました」。結果に議場は「おぉ~っ」と低いどよめきに包まれる。

いらかの波(No.974)

2011年5月13日(金)
 秘かな愛読書は広辞苑。ふと疑問に思い「完食」「滑舌」を手元の広辞苑(1993年第四版)で引いてみたが見当たらない。ごく近年広まった言葉のよう。そうかと思えば、「情けは人のためならず」を「自立性を養うために手をかけるな」という意味で使っていたことに驚いたことがある。同広辞苑には、「情けをかけておけば、巡り巡っては自分によい報いが来る。人に親切にしておけば必ずよい報いがある」と。

いらかの波(No.973)

2011年5月12日(木)
 「高き住居は児孫(じそん)の和楽(わらく)/想え惨禍の大津浪/此処より下に家を建てるな」。岩手県宮古市の姉吉に建つ石碑の文言だ。明治29年の明治三陸大津波と昭和8年の昭和大津波が、ここまで来たと記し残した先人たちの足跡。高さ1.5m程の自然石に刻まれ、何ヵ所にも建っているという。

いらかの波(No.972)

2011年4月15日(金)

 実家が岩手で、気仙沼市に親戚があり、津波被害で姪御さんを亡くされた本紙通信員の仲間が「東北、あれは大変だわ...」と言葉少なに言う。遠く京都で生活している者が知り得る、東北大震災の被害は、氷山の一角でしかないだろう。テレビの映像はもちろん、新聞の写真にも、悲惨すぎる画像は載せられない。

いらかの波(No.971)

2011年4月 6日(水)
 「レンタルビデオ屋さんが、子ども連れの人でいっぱい」。3月13日、大震災から2日後の、妻からの電話だった。被災地に押し寄せる津波を映し出したテレビは、それ以降すべてのチャンネルで震災特番が続いた。
 子どもたちが、悲劇的な映像に釘づけになったまま、勉強も食事も手に付かない様子を危惧した親たちが、レンタルビデオ店に押し寄せたという。遠く離れた京都ですら...。罹災した現地の子どもたちを思うと言葉にならない。

いらかの波(No.970)

2011年3月15日(火)
 宮城県・三陸沖の大地震のニュースが、3・13重税反対行動・取材の帰途に耳に入る。たしかに「えらい揺れやったなあ」という仲間がいたが、撮影のためデモ隊列の周囲をウロウロしていて気付かず「えっ、そんなん、あった?」と筆者ポカン。事務所に戻り、パソコンを覗くと、被災地の光景が次々に目に入る。
 船が陸に上がり、車が海に泳ぐ。都市機能のマヒ、そして死者・負傷者。瞬く間に更新されるニュースに、親族や友人の安否を確かめようと、電話をかけている仲間もいる...。

いらかの波(No.969)

2011年3月 4日(金)
 支部事務所で仲間たちとテレビニュースを見ていた。リビアで反体制デモなどで民主化を求める市民が武力弾圧を受け、ついにはデモ隊や市民めがけて空爆が行われたと。リビア治安部隊の無差別虐殺として歴史に残る暴挙。
 38歳の仲間が言う「これは分かりやすい。誰が見てもアカン。でも、分かりにくいだけで日本でも起こっているのでは」と。彼曰く「爆弾は落とさなくても、政策によって人が死んでいる」と。

いらかの波(No.968)

2011年2月16日(水)
 誰が名付けたか『小泉劇場』。「民間でできることは民間で」の掛け声のもと、規制緩和した結果は、単に大企業のもうけ口をふやしたにすぎない。
 TPP加盟をめぐって菅首相が力説する『平成の開国』も内容のない"ことば遊び"である。「世界の流れに乗り遅れるな」とのマスコミの宣伝は、現政権が盾と頼んでいるようだが。

いらかの波(No.967)

2011年2月 3日(木)
 優れた経験の普及とあらゆる分野の連携が求められる。"死なないまちづくり"から"生きていたくなるまちづくり"へ」。NPOくらしと耐震協議会・東京の木谷正道さんは発想を変える必要を強調する。
 耐震化の促進に限ったことではない。"健やかに、安全に、いきいきとくらしたい"どんな人にも共通の願いである。人生における主な安息の空間と言えば『住宅』にほかならず、私たち京建労の仲間らは"人権の守り手"集団といえるだろう。

いらかの波(No.966)

2011年1月 1日(土)
 明けましておめでとうございます。新年を迎え、読者のみなさんも「今年はこんな年にしたい」と目標を立てて、明るい未来を語りあわれていることと思います。
 一昨年、変革を求める国民の期待をあつめ政権交代が実現。昨年は、その民主党政権も2期目となり、本当に「国民のためになる政策」を実行できたのかどうか、疑問に思う1年でした。

いらかの波(No.965)

2010年12月 3日(金)
 人気を博したNHK大河ドラマ「龍馬伝」が最終回を迎えた。東山区にある龍馬の墓には多くの「龍馬伝ファン」が押しかけ、伏見区の酒造会社は「龍馬伝純米酒」なるものを発売したという。

いらかの波(No.964)

2010年11月18日(木)

 この機関紙が、仲間のみなさんの手元に届くのは、『京建労まつり』準備の真っ最中か、それともとりくみが終わった後か。一口にニュースというが、本紙に掲載する情報は、仲間の生活・仕事の中で生まれる「いい話」であり、編集部が「みんなに知って考えてみてほしい」と思う記事。

いらかの波(No.963)

2010年11月12日(金)

 「ネジバナ」という植物がある。「ねじり草」などともよばれる、高さが30cm程度の、細長く茎の伸びる花。ラン科の小さな花が茎にそって、螺旋状に幾つも咲いていく。

いらかの波(No.962)

2010年10月19日(火)
 全国初「都道府県単位」での、住宅改修助成制度が実現した秋田県で、全建総連の51回定期大会が開催された。総連本部が、中小建設業の振興と建設労働者の仕事おこし・地域経済の活性化に向けた、全国的方針を、この地で採択したことは、単なる偶然のめぐり合わせか。

いらかの波(No.961)

2010年10月 4日(月)

「仰ぐ山なみ東山/みどりの風が朝をよぶ」。私の母校、六原小学校の校歌冒頭の歌詞。へたくそなリコーダーで校歌を吹きながら歩いた少年時代。ものごごろがついた時には、すでに横に居た旧友との『やんちゃ』。この歌を歌うと、思い出すことが沢山ある。

いらかの波(No.960)

2010年9月14日(火)
 選挙戦になると「企業門前宣伝」という企画がある。筆者もこれまで、ワコールや日本電池、島津製作所の門前で早朝、足早に出勤する労働者に革新候補の政策を訴えるビラを配ったことがある。

いらかの波(No.959)

2010年9月 4日(土)
 今年の夏は、猛暑日が続き建築現場で働く仲間にとって、とてもきびしい環境だ、また一方で汗まみれになって働く仲間をうらやましく思う仲間がいる、働きたくても現場のない者にとって、二重にきびしい夏だろう。

いらかの波(No.958)

2010年8月 5日(木)

 夏休み。共働きのわが家の場合、長く続く休み期間中、子どもたちの行先は大抵の場合、私の実家となる。歩いて2分の隣の町内ですから、恵まれた環境。朝、組合事務所に出てくる前に、子どもたちを連れて実家へ立ち寄る。

いらかの波(No.957)

2010年7月20日(火)
 山科から三条通りを歩き、核兵器廃絶を訴える「国民平和大行進」。東山区の白川を渡るときに「おや」と思う風景に出合った。川の真ん中から、桐らしき広葉樹。川底から「すっく」と2mほどの幹に大きな葉を茂らせている。

いらかの波(No.956)

2010年7月 6日(火)

 サッカーのワールドカップ南アフリカ大会、日本代表はベスト16という結果に終わった。日本選手の懸命な走りが脳裏に焼きつく。チャンスになる保証など無くとも、仲間を信じて何度も何度も、ピッチを駆け上がる姿に励まされた。
 日本代表のひたむきな姿、献身的な守備を見て、妻は「政治家も見習え」と、ポツリ。「政治家にも色々あるよ」と私。

いらかの波(No.955)

2010年6月15日(火)
 参議院選挙の投票日が7月11日に決まり、民主党政権にとっては初の、国民の審判が下されることになった。
 本紙は、読者のみなさんが国政の主権者としての賢明な判断が下せるよう、建設労働者の仕事・くらしを向上させるための「政治家を選ぶ基準」を提示させていただいているので、対話の参考に

いらかの波(No.954)

2010年6月 4日(金)
 「ウィキペディア」というオンライン事典。誰でも編集に参加できる機能から、虚偽の情報を記載する「荒らし」などもあり、慎重に閲覧したい。
 普天間基地問題から「政党」とは何かと、調べてみる。「ウィキペディア」でも「広辞苑」でも、おおむね「共通の原理・政策をもって政治的目的で組織された団体」という中身。

いらかの波(No.953)

2010年5月15日(土)
 コンビニでアルバイトをする娘たちの間で「ウィル・スミス」なる言葉遊びがあるそうだ。この外国人の名のようなものを早口で名乗ると「いらっしゃいませ」と聞こえるらしく、ゆっくり発音し、周囲にバレないかどうかが、彼女らのゲームだという。

いらかの波(No.952)

2010年5月10日(月)
 わが家の2人の息子は、空手をやっている。フルコンタクト空手と言って、本当に「当てっこ」をする組手。格闘技や武道に対する考えは様々あろうと思うが、「痛み」=「嫌なこと」に逃げ出さないようになってほしいと、応援し続けている。

いらかの波(No.951)

2010年4月20日(火)
 「いのちの平等」「くらし再生」を訴えて選挙戦に立った門ゆうすけ氏。府内各地で、今のくらしをよくしたいと願う府民の心をとらえ、30万の得票を得た。だが残念ながら、新しい府政の「門」は開かなかった。くやしい。
 保守系支持者が多いと見られる地元建設業者との対話では、「住まいのリフォーム助成をつくり、地元建設業者が元気になる京都府にしましょう」「公契約条例も制定して、確かな技術が評価される建設業の存在価値を高めましょう」などのよびかけに、『期待する』の声が多数。これまでの選挙では感じられなかった手応え。

いらかの波(No.950)

2010年4月20日(火)
 3月19日京都市議会で「京都市立看護短期大学廃止条例」が、共産党と自民党が反対し否決された。私は思い出す。2008年10月、同じく京都市議会、民主党と共産党の両会派が提出した「後期高齢者医療制度の廃止を求める意見書案」が賛成多数で、可決した「変化」を。
 2009年8月総選挙、政権交代。貧困と格差が広がった日本で、国民が出した答え。勤勉な日本人が、働けど報われない社会に、原因を探し見渡せば、「おにぎりが食べたい」と言い残し人が死ぬ国に生きていた。

いらかの波(No.949)

2010年3月13日(土)
 組合員のみなさん、いよいよ4月11日投票で、京都府知事選挙が行われます。京建労も参加する、民主府政の会から、第二中央病院委員長でもある、門ゆうすけさんが立候補を表明されています。
 門さんが発表しているマニフェストには、分かりやすく以下のことが書かれています。「緊急対策・3つの転換・5つの再生プログラム」に別れていて、そこに門さんが掲げる「京都府ビジョン」が書かれています。
 日頃の組合運動にがんばるのも、もちろん大事ですが、知事選挙での勝利は、要求を実現させる大きな効力があります。少しでも、手の空いている方は支部事務所まで! できることからお手伝いをお願いします。
 4月になり、知事選後には、花見にも行きたいものです。日本人は桜が好きなようで、TVニュースでも「桜だより」がよく映ります。御室の遅咲き桜や、北の方へ桜を追いかけ、花を見物したいものです。
 スキー好きの人にとっては、春スキーもそろそろ終わりの頃ですね。私も、長野へスキーに行く予定。予定通りいけば、これ幸い。
 ニナガワ民主府政が誕生したのが1950年。京建労も、この同じ年に誕生しています。それから60年。4月にはぜひ、門知事を誕生させたいものです。(光)

いらかの波(No.948)

2010年3月 4日(木)
 一樹の陰に宿り合い、同じ流れを結ぶも、先世の契り浅からず...。「袖触れ合うも他生の縁」というが、別れは常に悲しいものだ。谷淳二君が亡くなって2ヵ月になる。筆者の机の向かいの、本部財政部の席に供えてあった花も、片付けられている。
 人の死に際して再認識することは「その人は確かに生きた」という動かしがたい事実だ。

いらかの波(No.947)

2010年2月15日(月)
 京建労会館で、署名を集めてまわる青年部長の姿があった。保育プール制の堅持・拡充や待機児童の解消などを要求する京都市長あての署名であった。保育現場の労働組合青年部の仲間から、預かったものだと言う。彼は預かった5名連記7枚・35筆の署名を集めた。

いらかの波(No.946)

2010年2月 3日(水)

 筆者は先日、民放TVの「阪神大震災『神戸新聞』の7日間」というドラマを涙しながら観た。「ここ泣く場面なの?」と、妻が新しいティッシュを差し出して尋ねる。ありがとう。
 製作工程に壊滅的な打撃を受ける中、「震災当日」の夕刊を刊行しようと駆けめぐる記者たち、瓦礫から家族を救出している住民から「不謹慎だ」との罵声を浴びせられるカメラマン、情報に飢える被災地に災害の真実を伝えようとする販売所の人々...、やがて「希望」の道筋を浮き彫りにする不屈な「記者魂」を追った秀作であった。

いらかの波(No.945)

2010年1月19日(火)
 1950年7月20日、右京区の仲間の家に18人の大工が集った。京建労(当時・全京都自由労働組合大工支部)の結成総会。今年が60年の節目にあたる。現在の仲間は1万8760人。60年の時を経て、現在1000倍を超える仲間と共にある。
 「金脈・人脈ないけれど/わしら組合持っている/じっと我慢の時やない/みんなでしあわせ作り出せ」1975年、当時委員長であった浅田源三郎氏が「お座敷小唄」のかえうたとして作られた詞。

いらかの波(No.944)

2010年1月 1日(金)

  明けましておめでとうございます。組合仲間のみなさんは、良い年をお迎えでしょうか? 明けて2010年は、4月に京都府知事選挙がある年です。京建労が推薦を決めた、門祐輔さんの勝利のために、全力でたたかいたいものです。
 正月早々なんですが、私は先日「胃カメラ」なるものを飲み、「要治療」と。詳しい検査結果を待ちながら、この文章を書いています。私たち職人のくらしを良くするには、知事の顔を変えるのが特効薬です。

いらかの波(No.943)

2009年12月 3日(木)

 山上憶良は、万葉集の世界ではまれにみる社会派歌人である。彼が詠んだ「貧窮問答歌」は、とくに有名である。―世のなかを 憂しとやさしと 思へども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば―。

いらかの波(No.942)

2009年11月16日(月)

 11月9日、東西ドイツを隔てていたベルリンの壁が崩壊してから20年目を迎えた。西側へ亡命しようとした人の内、全体で少なくとも930人以上、ベルリンだけでも255人が射殺された国境。

 冷戦の象徴とも言うべき「壁崩壊」のニュースは、大きな報道がなされ、ハンマーを打ち振るう人々や、東西に別れていた人々が抱き合う歓喜の姿が思い出される。

いらかの波(No.941)

2009年11月 4日(水)

 8月から10月にかけての仲間ふやし月間、お疲れ様でした。この不景気の中、月間中に目標を達成した東山・綴喜八幡・船井をはじめとする13支部のみなさんに敬意を表します。これらの支部からは学ぶことが多くあるのではないでしょうか。

いらかの波(No.940)

2009年10月16日(金)

 「木というのはね、どんなに古く、汚れていても、鉋をかければ、美しい木肌が現れ、理屈抜きに『生きているな』と感じます。私たちの仕事や生活も、生命に向き合っていきたいものです」と話すのは、近年、家業の樽商を継ぐことになった宮本博司さん。

いらかの波(No.939)

2009年10月 2日(金)
 解体工事業を営む知り合いに、ある家の不用品処分を引き受けてくれと頼んだことがあった。彼の仕事がら無理な相談ではないだろうと思い頼んだのだが「俺は解体屋やで。そら、処分はできるけど」と言いながら半ば嫌々、引き受けてくれた。

いらかの波(No.938)

2009年9月15日(火)

 秋の4連休は仕事で行けそうにないが...仲間ふやし月間が終わった11月には、四国に「アンパンマン電車」に乗りに行きます。岡山まで新幹線にも乗る予定ですので、子どもにとっても一石二鳥です。

 さて、みなさん、総選挙はお疲れさまでした。民主党が300を超える議席を得る結果となりました。結果、自公政権を終わらせたことには違いありません。

いらかの波(No.937)

2009年9月 7日(月)

 稔。筆者の長男。もうすぐ17歳。別れた先妻の許で暮らしている。筆者が29歳の青二才のときの命名だ。果物の「実」ではなく穀物の「稔」にしたのは、以下の期待があったから。

いらかの波(No.936)

2009年8月 4日(火)

 衆院が、21日の午後1時に開催した本会議で解散した。何故「バンザイ」なのかと、多方で話題になった。「天皇の国事行為だから」「やけくそ」など諸説飛び交う。

いらかの波(No.935)

2009年7月17日(金)

 この機関紙が届く頃の「解散風」の強さと風向きはどうなっているのか。とにかく、仲間の生活に活気を取り戻す選挙結果に期待したいものだ。

いらかの波(No.934)

2009年7月 6日(月)
 本部の「労働学校」に参加。なぜ、経済が破たんし大不況が起こったのかという話。その原因のひとつは「日本の非正規社員の割合が多いのが問題だ」とのことだ。

いらかの波(№933) 

2009年6月12日(金)
もう何ヵ月になるだろうか。小型デジタル音楽プレイヤーが、自宅のパソコンデスクに放置したままになっています。イベントのゲームで頂いた賞品。もちろん新品であります
ずいぶんと前に流行し、普及しているもので、誰でも簡単に大量の音源を保存して持ち運び、音楽を楽しむことができる優れもの。らしい...

いらかの波(No932)

2009年6月 3日(水)

新型インフルエンザが巷を覆っている。国や都道府県は、次から次へと対策を打っているようだが、伝染力、恐るべきかな。またたく間に360人以上にのぼる患者が確認されているという。医薬品や療養ベッドも足りない。お医者様も大変だ

いらかの波(No.931)

2009年5月17日(日)
本部事務所前の国道沿いでも、ツツジが咲いています。舗装された道路の、狭い植え込みの中で根をはり、排気ガスをあびる、決して良い環境とは言えない場所でも、きれいな薄紅色の花びらを見せてくれます

いらかの波(No.930)

2009年4月30日(木)

 この春3月に嵯峨釈迦堂の涅槃会(ねはんえ)を見物に行った時のこと。最近まで知らなかったが、民間では俗に「お松明式」というそうだ。境内の大松明に点火し、夜空を焦がす勇壮な行事である。式典が終わった後、本堂で青年僧が披露した法話の一節が、妙に心に残った。

いらかの波(No.929)

2009年4月15日(水)

 「ぼく、野球やりたいねん」。打ち明けたのは、私の小学4年生になった息子。問いかけられた私は『サッカーはどうするねん』と思いつつ聞くと、どうやら本気の様子。

いらかの波(No.928)

2009年4月 3日(金)

「...戦争を起こすのも人間。止める努力をするのも人間。戦争は天災でもなんでもない。それが私の戦争に対する考えで、これを座標軸にしています」という経済同友会終身幹事・品川正治さん(85)。深く重みがある言葉です。みじめで暴虐的な戦争を体験した品川さんは、「80歳近くになるまで戦場の話はできなかった」と言います。「人に話すことではないということが私を縛りつけてきた」と言います。

いらかの波(No.927)

2009年3月13日(金)
  「昨日は東関の麓にくつばみを並べて十万余騎、今日は西海の浪の上に纜(ともづな)を解いて七千余人」(「平家物語」)。猛き者も終には滅びぬ。平家の公達は時代の大波に呑みこまれ、壇ノ浦に姿を消した。常ならぬ浮世の習い、昔も今も変わらない。

いらかの波(No.926)

2009年3月 3日(火)

 前号でお伝えした「派遣切り」にあった32歳の男性から組合事務所に電話。

 「組合に入りました。ありがとうございました。会社の寮を出なくてよくなりました。ありがとう」

いらかの波(No.925)

2009年2月13日(金)
 「死んだ男の残したものは/ひとりの妻と/ひとりの子ども/ほかには何も残さなかった/墓石ひとつ残さなかった...」。詩人・谷川俊太郎の戦後の作品であるが、反戦歌にもなったことがあるから、ご存じの向きもあるかもしれない。

いらかの波(No.924)

2009年2月 4日(水)
 2009年、あっという間に1ヵ月が過ぎました。2月になるというのに「年越し派遣村」のインパクトをもって迎えた、新年の感慨が消えません。

いらかの波(No.923)

2009年1月 5日(月)
 新年明けましておめでとうございます。本年が読者のみなさんにとって、良い年でありますよう、願っています。

いらかの波(No.922)

2008年12月 2日(火)
 公安警察の捜査法に「泳がせ」というのがあるという。マークした被疑者を普段の生活・行動のまま「泳がせ」ておいて、捜査当局はその行動を監視する。被疑者とて人間だから、生活のリズムというものがある。そこに付け込み転覆をはかる。

いらかの波(No.921)

2008年11月17日(月)
追加経済対策に盛り込まれた定額給付金。11月8日から9日に行われた大手新聞社の世論調査で、「必要な政策と思う」が26%、「そうは思わない」が63%と、否定的な結果。何をやっても支持率があがらない。

いらかの波(No.920)

2008年11月 1日(土)
 法人税を10年納めていない。えっ!そんなことがあるの? ―3メガバンク・グループの6つの銀行が、過去の損失を黒字と相殺する措置によって法人税が ゼロに―。へぇっ、そんな矛盾した措置が行われていたのか。国民は自己責任で倒産・失業にまで追い込まれて、大企業にだけそんな措置をするなんておかしい じゃないか。

いらかの波(No.919)

2008年10月15日(水)
 熟田津(にぎたづ)に船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎいでな(「万葉集」巻第一・八番)。万葉歌人の額田王が、唐・新羅連合軍との戦い に向かわんとする古代ヤマト政権の船団の様子を詠じた歌一首。夜の松山港(=にぎたづ)で、月の方角や潮の干満をはかり船を出すタイミングを待っている。 さあ、今こそ漕ぎ出そう

いらかの波(No.918)

2008年10月 3日(金)
  「この不景気やから」。仲間ふやしの行動中、何度この言葉を聞いたことだろうか。鉄筋・コーキング・左官...「資材の仕入れ値が1・5倍になった」「工事費に転嫁できない」「儲けがでないので今は辛抱」と嘆く。

いらかの波(No.917)

2008年9月12日(金)
 9月1日よる、「建築ニュース」の編集を終えて家に帰ると、いきなり目に飛び込んできた「福田首相辞任」のニュース。「えっ、辞めるっていつ言わはった ん」「今や、映画を見よと思ったら突然これや」と夫が言う。またか、1年だけの無責任な首相。あれだけ総裁選に税金を使って、マスコミも騒いで、今回もま たですか。国民不在の内輪のゴタゴタ騒ぎに巻き込まれるのはもうたくさん。

いらかの波(No.916)

2008年9月 3日(水)
 漫画家の赤塚不二夫氏が亡くなった。読者のみなさんも「おそ松くん」「天才バカボン」などの代表作はご存じと思うが、世界から核兵器をなくす「ヒロシマ・ナガサキからのアピール署名」の共同よびかけ人の一人であることは、知る人ぞ知る、というところか。

いらかの波(No.915)

2008年8月 1日(金)
 新幹線の車両前方に流れるニュースに、某新聞社の速報が流れる。内容は有明海で漁船130隻がパレードをしたというもの。流れる文字を目で追うと「大漁旗あげ有明海の再生祈る」

いらかの波(No.914)

2008年7月15日(火)
 1リットル181円、毎月上がるガソリン。8月には190円台になる予測もある。巷では渋滞が解消されたとか?若者の車離れや大手損保会社が自動車保険料値上げ?など相次ぐ生活必需品の値上げで家計は緊迫、財布のひももギューと絞められたまま。

いらかの波(No.913)

2008年7月 3日(木)
 「竊(ひそか)に愚案を廻らして古今を勘(かんが)うるに先師の口伝に異なることを歎(なげ)き...」、歎いているのは、鎌倉時代の僧・唯円。先師とは、 巨大宗門・本願寺を確立した親鸞。先師と同時代を生きた唯円が「上人の導きとは、こうだ」と説く『歎異抄』の冒頭の言葉である。

いらかの波(No.912)

2008年6月13日(金)
 「タスポ」。喫煙しない人にはなじみない言葉だろうか。これは自動販売機で煙草を買う時に必要となった成人識別ICカードのこと。

いらかの波(No.911)

2008年6月 3日(火)
 今、府立植物園の2000株のバラが見ごろらしい。そして、6月になると1万株の紫陽花(アジサイ)が、宇治・三室戸寺の境内をうめつくします。花は素敵ですね。心を和ませてくれます。

いらかの波(No.910)

2008年5月15日(木)
 政権の中枢を経験した者は往々に、自らの政治力を誇示しようと、引退後も暗躍するようである。太古には「院政」と称され、俗にいえば老害というべきか。 小泉前首相が自民・民主の実力者を密かに集めて宴席を設けたという。与野党の実力者が鳩首をつき合わせたことから、近く政界再編か?とメディアが騒ぎだし た。

いらかの波(No.909)

2008年5月 2日(金)
 5月1日からまたガソリンが値上がりしそうだ。1リットルあたり160円を超えるという予測もある。暫定税率分(25円)が下がって少し助かると思って いたら、あっという間の値上げだ。まだまだ不備な「必要な」道路の建設、或いは道路整備の財源のために、暫定税率復活は止むを得ないらしい。本当にそう か?

いらかの波(No.908)

2008年4月15日(火)
 先日、私の8歳と5歳になる息子が面白い会話をしていた。下の子が兄に聞いた「お父さんのお仕事ってなに」。3年生になる長男は、そんなことも知らないのかとばかりに「平和とか言いながら歩かはるんや」と答えた。正確な答えではないが理屈を通りこえて嬉しかった。

いらかの波(No.907)

2008年4月 5日(土)
 4月1日から高齢者を差別する「後期高齢者医療制度」がはじまりました。75歳という年齢で医療内容に格差をもうけ、保険料は全員から徴収するとんでもない制度です。

いらかの波(No.906)

2008年3月15日(土)
 --青春とは人生のある期間をいうのではなく心の様相をいうのだ--サミュエル・ウルマンの高名な詩の冒頭であるが、後期高齢者医療制度が施行されようとしている現在、教訓的な部分は他にある

いらかの波(No. 905)

2008年3月 4日(火)
 京都市長選挙は残念な結果に終ったが、肉薄したことで我われの要求も実現の可能性が高まるのは確実だ

いらかの波(No. 904)

2008年2月15日(金)
 3月3日は雛祭り。女の子のすこやかな成長を祈る年中行事です。私の家にもガラスケースに入った「雛人形」があったことを覚えています。ちらしずしや菱餅、桃の花を飾って祝ってもらいました。大切に育てたわが子が、ある日突然暴行事件にあったら...。

いらかの波(No. 903)

2008年2月 1日(金)
 読者のみなさんは、島崎藤村の小説『破戒』をご存じだろうか。北信州の被差別部落出身の教員・瀬川丑松が葛藤の末、父の戒めを破り「みなさんもご存知でせう...」と、教壇でわなわなと手足を震わせながら部落民のくらしと差別の日々を教え子に語る別れの授業が胸を打つ。

いらかの波(No. 902)

2008年1月15日(火)
 2008年、今年の干支は子(ね)。「子、丑、虎、卯...」といえば分かるように、十二支は「子」で始まる。時刻をあらわす「子の刻」も深夜12時を中心にした2時間をさし一日の始まりにあたる

いらかの波(No. 901)

2007年12月28日(金)

 支部ニュース新年号を飾る写真の撮影を、毎年組合員のTさんに頼んでいる。今年は、川堤に並ぶ百本桜の上に朝日が昇るという構図。だが濃い霧が立ちこめ 朝日をおおう。彼曰く「この写真は、今の日本を象徴していると思う。新聞を見ていると悪いことばかり。でも、その背後に輝く太陽がある。と、わしには、 はっきりと感じられるんや」と言う


いらかの波(No. 900)

2007年12月 3日(月)
 紅葉の見ごろも今が最盛期。京都市内は観光客でにぎわい、東福寺や清水寺、嵐山や高雄など紅葉の名所へとマイカーやタクシー、観光バスで東大路通りや丸 太町通りは大渋滞です。この新聞が届く頃には、もう終っているかもしれませんが。ホッと一息、季節の流れを感じてみたいものです。

いらかの波(No. 899)

2007年11月15日(木)
 筆者が小学生の頃の修学旅行は「伊勢参り」が定番だった。30年前の「おかげ横丁」は今日のように整備されておらず、大勢の参詣客が土煙を巻き上げていたように記憶している。

いらかの波(No. 898)

2007年11月 2日(金)
 このところ報道を賑わせております防衛商社「山田洋行」。元専務から長年接待を受けていた疑惑が報じられてから前防衛省事務次官なる人物を目にしない日 は無い訳でありますが、私のような節操のない男は、ゴルフ・マージャン・飲食...と聞くと「ええなぁ」などと口走ってしまう始末であります。

いらかの波(No. 897)

2007年10月15日(月)
 足元にはウオーキングシューズ、首にタオル姿で歩いている人たちが増えてきた。軍隊の基礎訓練をベースにしたビデオの映像に従って運動し、7日間で減量プログラムを消化するという短期集中型のエクササイズが社会現象と呼べるほどのブームになっているとか。

いらかの波(No. 896)

2007年10月 3日(水)
 仲間ふやし運動たけなわの秋、支部でも分会でもあらゆる手立てを講じての紹介・加入よびかけが展開されている。ある支部の現場訪問では、その場で加入申 し込みに至った労働者もいたという。仲間ふやし決起集会の席上、新加入の仲間が「これからよろしくお願いします」と照れながら自己紹介する場面はいずれも 新鮮で頼もしい。

いらかの波(No. 895)

2007年9月14日(金)
 「労災認定がすんなり下りたのは、京建労のお陰。大勢の仲間が後ろに控えていることを実感しました」と語る山科支部の北村さん。教宣学校でアスベストに関する講義での胸に残る発言だった。

いらかの波(No. 894)

2007年9月 3日(月)
 8月28日、6年半ぶりに皆既月食が全国で見られたらしいが、京都の空は雲に覆われてその隙間から見た人は少ないのでは。ニュートンは、りんごの木からりんごが落ちるのを見て、「万有引力」を発見した。月は地球の引力があるから、地球の周りを回っていられるのだと。

いらかの波(No. 893)

2007年8月 8日(水)
 参議院選挙の結果はご承知の通りの与野党逆転。安倍・自公政権の政治の暴走にきびしい審判が下るであろうことは選挙前からある程度は予測できたが、二大政党を自認する政党は、この選挙で、本当に国民の前に胸を張れる政策を示し得たのかどうか大いに疑問である。

いらかの波(No. 892)

2007年7月14日(土)
 --働けど働けどわが暮らし楽にならざりじっと手を見る--とわが同郷の歌人石川啄木は詠んだ。ホンマにその通り、つくづくため息の出る日々である。小生の アルバイト先の同僚の時給は、8百円、朝8時から18時まで働いて6千8百円、年収にすれば2百万円だ。「6月の住民税は倍以上引かれていた」と嘆く。

いらかの波(No. 891)

2007年7月 5日(木)
 「グリーンフィンガー」と言う言葉をテレビで耳にした。造語かなと思い調べてみると、英国で園芸の才能のある人のことを言うらしい。最近、ガーデニング に人気があり、ホームセンターの園芸売り場に夫婦で種や苗を買いに来ている姿をよく見かける。植物には癒し効果があり、土をいじっていると心が穏やかにな るようです。水をやりながら育っていく変化を見るのもなかなか楽しいです。

いらかの波(No. 890)

2007年6月15日(金)
 ものいはじ、父は長柄の人柱、鳴かずば雉子も射られざらまし...。筆者が少年の頃、母から「人前で要らんこと言うたらアカン」と諭されたときに聞いた「雉も鳴かずば撃たれまい」の原典とされる人柱伝説である。

いらかの波(No. 889)

2007年6月 1日(金)
 石垣の間に植えられたさつきの花が満開だ。朝5時、犬の散歩をしながらそれを見ている。山は若葉、空は青く澄み渡り、小生は戦争について考える。

いらかの波(No. 888)

2007年5月15日(火)
 「これ何?」「何してるの?」と、3歳になる姪は何にでも興味をもってたずねてくる。会うたびに成長していく姿を見ていると、生まれた時あんなに小さかったのに、小さいながらに一所懸命に生きているんだなって思ってしまう。

いらかの波(No. 887)

2007年5月 1日(火)
 経済財政諮問会議はIT関連、金融業などを成長分野に、重厚長大と言われる製造業や建設産業は停滞分野に分類する。成長分野にさらに応援の国策を、との ことだが、「停滞産業」を支えるおびただしい数の人間がいることを忘れてはいないか。この不慮(あるいは意図)が、格差と貧困を生み出している。

いらかの波(No. 886)

2007年4月15日(日)
 小生はペット犬を飼っている。散歩をしてご飯を食べて、あとはほとんど寝ている。1日20時間近く寝ているんじゃないかなぁ。働かなくてもいいし、お金 の心配もなく生活の苦労もない。でも、本を読んだり映画を見たり恋人と語りあったり、友達と遊びに行ったりとかいった趣味や楽しみはないように見える。そ れは幸せか?

いらかの波(No. 885)

2007年4月 1日(日)
 3月25日朝、震度6強の地震が石川県輪島市を中心に起こった。また、大きな地震が...。と、地震が起こるたび、阪神淡路大震災のことを思い出す。被災地 の状況は大変だ。いつ起こるともわからない大地震、地震対策は? 耐震、保険、避難袋の準備は? などと一瞬頭をよぎるがまたいつの間にか忘れてしまう。

いらかの波(No. 884)

2007年3月15日(木)
 君子豹変す...といった感の、京都市「新・景観政策」である。熟語の由来は「君子がその誤りを認め改めると、人心を回復し鮮やかに面目を一新する」との漢籍だが、京都市長は過去の乱開発について反省していないのだから、ただちに「君子」とはいえない。

いらかの波(No. 882)

2007年3月 1日(木)
 今年は、暖冬で2週間も早く梅の花が開花しました。地球温暖化が心配されますが、春がもうそこまで来ていることを感じる出来事です。「東風吹かば匂い起 こせよ梅の花、主なしとて春な忘れそ」と、菅原道真が詠んだ北野天満宮の梅林が有名です。梅の香りはとても良く日々の喧騒を忘れリラックスさせてくれま す。植物の香りには、心と身体を癒す不思議な力が秘められています。

いらかの波(No. 883)

2007年3月 1日(木)
 先日、知人が現場に顔を見せて「近所のおばあちゃんの相談を聞いて来たとこや」と言う。リフォーム会社の営業が「家の土台が腐っているから今すぐ直さんとつぶれてしまう」などと説明。その日のうちに契約して、現金で80万円、残金はローンを組まされた。

いらかの波(No. 881)

2007年2月 1日(木)
 正月明けからしばらくの間、食卓に納豆が。筆者実はあまり納豆を好きではない。理由はあのにおいと粘りである。妻は目を輝かせて「この間テレビで言ってたよ『ダイエットに効果』だって。すぐに売り切れて手に入れるのが大変らしいよ」という。

いらかの波(No. 874)

2007年1月 1日(月)
 自由でありたい。なるべく自由でありたい。できる限り縛られたくない...、と小生はずいぶん若いころから七転八倒苦しみを経験してきた。しかし、自由であろうとすると、とにかく批判を浴びがちだ。

いらかの波(No. 873)

2006年9月15日(金)
 仲間をふやすことは、すなわち組合の力をつけること...。わたしたちは、この信念のもと、2万人回復をうかがう地点まで到達してきた。先日の活動者会議でも講演や討論を経て、多くの仲間が「仲間ふやし」への決意を固めあった。

いらかの波(No. 872)

2006年9月 1日(金)
 7月から煙草が値上がりした。愛煙家にとっては腹の立つ値上げだが、この際禁煙したらどうか、とか、まだ吸ってるか、アホやなと、友人らは無責任に言い放つ。

いらかの波(No. 871)

2006年8月 1日(火)
 小泉政権になってからどれだけの悪法が成立したでしょう。6月に成立した医療改悪法もそうです。国民にどれだけの負担を押し付けたら気が済むのか。今、 69歳の女性は「やっと70歳になったら、1割負担になると楽しみにしていたのに、2008年には2割になるんですか」という嘆きの声が紹介されていた。

いらかの波(No. 870)

2006年7月15日(土)
 昔、「唄は世につれ、世は唄につれ...」という決まり文句で始まる歌番組があった。後日、社会の動きや現象が、流行歌に反映することをなんとなく理解できた。

いらかの波(No. 869)

2006年7月 1日(土)
 庭の手入れをした後で、ゆっくりと煙草を喫いながら庭を眺める。庭石、樹木の枝ぶりや、風に揺れる葉先を見る。何年もそうして庭を眺め続けて、はた、と 気付いたことがある。石の形、木の形、一つひとつが美しいのはもちろんだが、実は枝と枝との隙間、石と木の間の何もない空間もまた、美しさの要素なのだ と。

いらかの波(No. 868)

2006年6月15日(木)
 2001・9・11アメリカのツインタワーに旅客機が突っ込んだ。当時、となりの国際貿易センタービルに勤めていた女性がいた。堤未果さん。5・3憲法集会で講演を聞いた人もたくさんいるだろう。

いらかの波(No. 866)

2006年5月15日(月)
 最近よくいわれる「2007年問題」。いわゆる「団塊の世代」といわれる人々が2007年から大量に定年を迎えるという問題である。多くの人工比率を占 める彼らは、高度経済成長などまさに日本の動向を左右し、時代を動かしてきた。2007年から数年間は大量の退職者が出るため、企業は人材確保のため採用 を増やしたり、また金融機関などは、彼らの退職金目当ての営業合戦を始めたりと抜け目がない。

いらかの波(No. 864)

2006年4月15日(土)
 大会議案の調整のため、昨年一年間の不払い相談件数と、解決にこぎつけた事例をふり返ってみた。集約途中ではあるが、本部に持ち込まれた不払い相談は9件で解決したのは6件、いずれも仲間は必死の思いで組合の戸を叩いたに違いない。

いらかの波(No. 863)

2006年4月 1日(土)
 この4月、息子が小学校に入学するので、地球儀を買いにいった。本当は私がほしかったのだが。読者の中に家に地球儀がある方は見てほしい。それはどのような形状であろうか。

いらかの波(No. 862)

2006年3月15日(水)
 4月9日投票で京都府知事選挙が行われる。我われにとって4年ぶりのチャンス到来というわけだ。いまの知事の、府民に対する冷たい対応にNO! を突きつけねばならない。

いらかの波(No. 861)

2006年3月 1日(水)
 冬季五輪が2月11日から熱くたたかわれている。この号が手元に届くころ日本はいくつのメダルを手に入れているだろうか。

いらかの波(No. 860)

2006年2月15日(水)
エンジンの回転数が一定に達すると自動的に燃料噴射を抑える安全装置を「リミッター」という。これは発動機が発明された直後から存在するそうで歴史は古 く、つまり機械による事故で利用者たる人間が不幸な災害に遭遇しないようにとの、安全・安心の科学の結晶であるともいえる。

いらかの波(No. 859)

2006年1月 1日(日)
 今年の干支は戌。インターネットで「犬」と検索してみたら600万件ものサイトが見つかった。単純に計算して日本の人口の20人に1人が何らかの犬に関 するホームページを開設していることになる。わたしの周りを見渡しても、ホームページを開設している人はいないんだけどなぁ。

いらかの波(No. 858)

2005年12月15日(木)
 先の衆院選、自民党327議席の背景について、金子勝・慶応大教授が語っているので紹介する。テレビの視聴時間の長い人の自民党支持率が高い。職業的地位の不安定な若者や所得下層の人が小泉自民党に投票した。

いらかの波(No. 857)

2005年12月 1日(木)
 秋の仲間ふやし月間は多くの組合員、家族、役員のみなさん、そして書記局・事務局一丸となっての奮闘で見事、本部基準目標を達成しました。みなさんの奮闘に心から敬意を表します。

いらかの波(No. 856)

2005年11月15日(火)
「沖縄に新基地、沿岸案で日米政府合意」。27日朝刊の見出しが目に飛び込んだ。地元住民らの強い反対で辺野古沖に建設する計画が破綻したにもかかわら ず、日米両政府は、県民多数の反対の声を無視して、最新鋭で恒久的な軍事基地を建設しようとしている。日米政府は、それだけでなく、米陸軍司令部をキャン プ座間(神奈川県)に移転。横田基地(東京都)に、航空自衛隊航空総隊司令部を移転する方針。

いらかの波(No.855)

2005年10月19日(水)
 衆参同日選挙で中曾根首相(当時)が「私は売上税などやらない。この顔がウソをつく顔に見えますか」と国民に大見得を切りながら、実は真っ赤なウソ。まったくの「政治の退廃」であった。この当時に極めて近い(もしくはそれ以上の)政治的退廃状況が訪れている。

いらかの波(No. 854)

2005年10月 3日(月)
 先日、学区の防災訓練があり、サイレンの音を合図に各町内から大勢の人が小学校に避難してきた。校庭では地震体験車の実演や、人命救助の講習などが行わ れた。もしものときに慌てずに対処できるように、日ごろからこうした取り組みは大切であろう。昨年の台風による北部の仲間の被害や、この前のアメリカでの ハリケーンの被害などの映像を見ていると、京都でもいつ地震などで避難しなければならない時期が来るとも限らない。

いらかの波(No. 853)

2005年9月21日(水)
 自民党の歴史的圧勝で総選挙は幕を閉じた。日米の財界に奉仕する政党がこれほど支持される。「黒」を「白」と言い、そこを突っ込まれれば開き直る首相が これほど支持されるものなのか。国民は「改革」を支持しているのだろう。力強く「改革」を牽引する小泉首相に期待しているのだろう。けれども、それがどう いう「改革」であるかを自民党に投票した人の何割が正しく理解しているのか。

いらかの波(No. 852)

2005年9月15日(木)
 「ボンカレー」のパッケージキャラクターが37年ぶりに変更され、女優の松坂慶子さんが起用されています。改めて「お母さんが作ったカレーの味」をイメージし、特に団塊の世代にアピールしているとのことです。

いらかの波(No.851)

2005年9月 1日(木)
 アスベスト問題が社会問題になっている。こうしたニュースを見ると「政府は今まで何をやってきたんだ」という怒りがこみ上げるのだが、結局彼らは「何もしていなかった」に極めて近い。

いらかの波(No.850)

2005年8月 1日(月)
 お年寄りや年金生活者から「保険料が倍になった」「昨年の3倍の保険料。間違いとちゃうか」など高すぎる京都市の国保料に対する市民の不安と怒りが広 がっている。「市民の立場で相談に乗ってほしい」「私たちは保険料を払えるようにしてほしいんだ」と、1万人を越える市民が区役所窓口に殺到した。不況に 苦しむ市民に、なぜこんなときに値上げか。医療費の増加や3位一体改革による補助金の減額などを背景に、2005年度に見込まれる赤字のしわよせを保険料 の値上げに転嫁。

いらかの波(No.849)

2005年7月15日(金)
 牛丼屋の店頭から牛丼がなくなって久しい。この秋にも復活かと思いきや、先日アメリカで2例めのBSE感染牛が確認された。これにより牛丼の復活もしば らく延びそうな気配である。米農務省は今回の感染は輸入再開に影響はないとしているが、確実な安全を確保できるまでは輸入再開はするべきではない。