ナビゲーションをスキップ
月別

ボランティア

全京都建築労働組合【京建労】左京支部が被災地支援の一環として2011年9月に地域で物産店を開催予定、2011年11月に現地ボランティア派遣を行う。
これに向けて、現地との交流を図りつつ正確な情報を得るために仲間の代表が宮城県へ向かった。
東日本大震災から約5ヵ月半。宮城県仙台市→石巻市→南三陸町→気仙沼市で京都の建設労組が見たものを動画にしました。
【被災地の今】【レポート】【その後】

私たちが帰郷した8月31日、環境省が発表したその内容とは?
【事実は被災地にある】 総走行距離1941㎞の左京支部行動を京建労本部教宣部が動画編集

7月16日・17日、京建労伏見支部の仲間30人が、宮城県石巻市へ災害救援ボランティア。片道12時間の陸路を馳せ、現地での炊き出し・清掃作業にとりくみました。
カンカン照りの中、一心不乱に作業する仲間、被災地の深刻な現状、被災者とのふれあい...。その経験の数々から、仲間は何を感じたのか。
参加した仲間は『ぜひみんなで、再度ボランティアに行こう」の声が聞かれました。

6月9日~12日、京建労から福島・宮城入りした、ボランティア先遣隊がつぶさに見てきた被災地の現状を報告します。