ナビゲーションをスキップ

動画ニュース

月別
2017/01/25 に公開 2017年1月24日、京都地裁に提訴いたしました。提訴に先立ってとりくまれた「提訴集会」より動画でお伝えいたします。
2016/01/29 に公開 国の責任、四度認める 建材メーカーの責任を始めて断罪 【勝訴】2016年1月29日 京都地裁
2015/04/05 に公開 2015年3月22日に円山公園音楽堂にて開催した 「要求実現『元気な京建労』春の総決起集会」に ラジオ番組の中継がやってきました。
2014/12/08 に公開 3・11 震災から3年9ヵ月、石巻から組合仲間を招き 「震災・災害をを考えるつどい」を開催。 動画は当日に京建労の活動報告のバックで投影した
京丹後市宇川(経ヶ岬)に米軍基地建設計画-Xバンドレーダー基地の建設反対のため京丹後市役所に人々がつめかけた。(2013年12月15日)
京都府に米軍基地はいらない!
いらんちゃ!

東日本大震災後、地元の建設業者が真っ先に行動し、がれきで埋まった道路を啓開し、橋­を直して、自衛隊や警察、ボランティアが入れるようにしました。地元の建設業者は自ら­も家族や自宅を失うなど被災者でありながら、発注者になるはずの役場も機能を失う中で­、自分たちの判断で行動しました。激しい余震と新たな津波に怯え、原発建屋爆発の黒煙­に恐怖しながら、それでも重機を動かしました。地元の建設業者には「このまちを守るの­は俺たちだ」という職人魂があるからです。
私たちが生活している京都府でも近い将来、大規模な地震が来ると予測されています。震­災から教訓をしっかり学び、住民や行政と地元の建設業者がしっかりと結びついて、災害­に強いまちづくり、家づくりをご一緒に進めていきましょう。

2013年3月9日に開催され3,500人が集まった「バイバイ原発きょうと」@円山音楽堂および周辺

集会とデモの写真をひろば企画ライブでのMC.DACK&DJ.Kicksの音楽とともに動画にまとめました。

MC.DACK! 彼は京建労青年部書記長【でもある】大工さん☆
編集:京建労本部教宣部

2012年10月14日に宝が池公園で開催された京都の建設労働組合「京建労」の全世代型まつり「わくわくフェスタ」
第1回目の開催となったこの日、会場には1,690人の仲間が集った。