ナビゲーションをスキップ
  • 裁判の日程
いずれも(京都地裁101号大法廷)
  • アスベスト訴訟動画
たんぽぽの会

恒例の団結・交流まつり/他界された仲間を思う

2015年12月15日(火)
カテゴリ:
1072-4-2(s).jpg
 11月23日に「第4回 京都団結・交流まつり」が開催されました。場所は毎年の恒例となっている京都市南区の六孫王神社。「すべての争議の早期勝利、解決をめざして」というテーマの通り、京都で労働争議をたたかう仲間・支援者がつどい、6団体が18ブースで出店しました。

 関西建設アスベスト京都訴訟の原告団も出店。本部労対部が店頭にたって、あたたかいお酒とおつまみを提供しました。参加者や仲間が立ち寄ってくれる中で、ゆっくり過ごしましたが、2014年まではこのとりくみに一緒に参加していた、他界された仲間の顔が見られない寂しさをあらためて感じる機会でもありました。
 そんな中でも署名コーナーにとどまらず、会場を回り参加者に署名をお願いして歩く原告団員の姿がありました。
 松村共同代表をはじめ、原告団と支える仲間がステージに上がり、2016年1月の結審に向けて必ず勝つ決意と更なる応援のお願いを熱く訴えました。
 雨が心配されましたが、前日のビラまきで集まった近隣の住民のみなさんも含め、400人の参加で盛会でした。
【建築ニュース1072号(12月15日付)】
Clip to Evernote  Check