ナビゲーションをスキップ
  • 裁判の日程
いずれも(京都地裁101号大法廷)
  • アスベスト訴訟動画
たんぽぽの会

関西建設アスベスト京都訴訟が結審/世論を味方に、公正判決を

2015年7月10日(金)
カテゴリ:
s1061-1-3.jpg
 西建設アスベスト京都訴訟は、6月1日に第23回口頭弁論期日をむかえ、2人の原告が意見陳述に臨みました。同訴訟は今回の口頭弁論にて結審をむかえることとなり、判決日を「2016年1月29日とする」と裁判長より伝えられました。
2011年6月3日に、京都地裁で提訴され丸4年がたち、原告は提訴当時の11人から26人にふえる一方で、7人の原告がたたかい半ばで亡くなりました。
 開廷前に行われた入廷行進で先頭を行くのは、アスベスト災禍で亡くした仲間や夫の遺影を胸に抱く原告。そして各支部や全国から駆けつけた支援者が続き、「すべてのアスベスト被害をなくそう」「原告団がんばれ」と200人の隊列でシュプレヒコールをあげました。
 傍聴席からあふれた支援者は、裁判所前を起点にデモを行い、道ゆく市民に「アスベスト被害をなくそう」と訴えかけました。

【建築ニュース1061号(2015年6月15日付)】
Clip to Evernote  Check