国保のお知らせ

マイナンバーが必要な手続き

2017年5月17日

法律に基づき、平成28年1月からマイナンバーが利用されます。
マイナンバーが必要になる手続きには、支部窓口でマイナンバーとともに本人確認を行います。

こんな場面で利用されます

資格関係

  • 建築国保に加入するとき
  • 住所が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 結婚、出産、その他扶養家族が増えたとき
  • 就職、結婚、その他扶養家族が減ったとき
  • 建築国保を脱退するとき

給付関係

  • 傷病・出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 葬祭費
  • 療養費
  • 高額療養費、限度額認定
  • 第三者行為 など

本人確認書類

本人確認には、「身元確認」と「番号確認」が必要です。

1 個人番号カードを持っている場合

「身元確認」と 「番号確認」が1枚でできます。

1 個人番号カードを持っている場合

「身元確認」

運転免許証、パスポート、その他官公署から発行されたもの で写真、氏名、生年月日または住所が記載されているもの

「番号確認」

通知カード、マイナンバーが記載されている住民票

身元確認ができる書類は上記以外にもありますので、建築国保または各支部までお問い合せください。

一覧に戻る

特集

  • 社旗保険加入指導
  • 若者に魅力ある建設産業に