健康保険・保険料

健康診断・健康づくり

支部健診

40歳以上には、がん検診の上乗せ補助!女性には乳がん検診5,000円まで補助!

建築国保は独自に支部健診を行い、基本健康診査・各支部共通項目の検査内容に加え、がんなどオプション検査が受けられます。支部健診は39歳以下の組合員・家族も含めて受けられます。

(但し、各支部共通項目の検査・がんなどオプション検査を受けるには必ず基本健康診査を受けてください)

各支部共通

腎臓や尿管の病気の発見につながる尿潜血、痛風の原因となる尿酸などの検査が追加されています。

尿 検 査尿潜血
便検査 大腸がん検診・一回法
生化学検査 ALP 総コレステロール アミラーゼ
TP(総蛋白) クレアチニン 尿酸
血液学検査 白血球数 血小板数  
生理検査他 胸部X線検査 視力 聴力

基本健康診査(特定健診)

オプション 2,000円まで(40歳以上は上乗せ補助あり)

各支部 選択項目 

肝炎ウイルス検査や胃カメラ、女性のがん検診など、支部ごとに受診項目を決めます。(上限があります)

肝炎ウイルス検査 喀痰細胞診 子宮がん検診診
腹部エコー 肺機能検査 骨密度測定
胃透視(直接撮影) 乳がん検査 視触診前立腺(PSA)
胃カメラ 乳腺エコー 眼底検査
ペプシノーゲン マンモグラフィー ピロリ菌検査

◎上乗せ補助項目 40歳以上の組合員、家族が対象です。

40歳以上の組合員はアスベスト疾患の発見のため、胸部X線検査は専門医による再読影を実施。その結果、精密検査が必要とされた方は二次検診(CT検査)を無料で受けること ができます。くわしくは国保組合、各支部へお問い合せください。

ページトップへ戻る

特集

  • 住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に