新型コロナウイルス感染症関連

【お知らせ】京都府開催予定の住宅デーは中止になりました【中止】

2020年4月2日

2020年6月14日(日)開催予定の「第43回住宅デー」(京都府)について

全国で毎年開催されている「住宅デー」は、全建総連の加盟組合が事務局を担い都道府県単位で準備・運営がされています。

京都府内においては、今年も例年通り府内約200ヵ所を会場にした「第43回住宅デー」(2020年)の準備をすすめてまいりましたが、全ての会場を対象に「中止」といたします。

新型コロナウイルス感染症が日々拡大し、政府・専門家会議が示す「密閉」「密集」「密接」の3要件の何れかに該当するとりくみとなることから、開催について議論をすすめてまいりました。

年に一度、住民の皆様に対する「無料住宅相談」をはじめ、包丁とぎ・網戸の張替え・木工教室などの奉仕活動を、1978年の第1回住宅デーから2019年までの42回にわたり行っており、毎年楽しみにしていただいている皆様も多く、地域に定着した取り組みになっていましたが、残念ながら今年度の「住宅デー」(京都府)の中止判断に至りました。

「住宅デー」の開催に向けて、府市町村町や省庁からも後援をいただいておりました。後援をいただいた関係各機関の皆様には改めて中止のご連絡を順次いたします。

長年親しみをもって取り組みを育てていただきました住民のみなさまや、関係団体、行政機関の皆様には、来年度以降も引き続きのご理解とご協力をお願いいたしまして、中止のお知らせとさせていただきます。

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に