業界を変える

建設キャリアアップシステム(CCUS)

CCUSとは

「建設キャリアアップシステム(CCUS)」は、技能者の資格、社会保険加入状況、現場の就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みです。このシステムの活用により技能者が能力や経験に応じた処遇を受けられる環境を整備し、将来にわたって担い手を確保することを目的としています。

京建労は、建設キャリアアップシステムを以下の姿勢ですすめています

技能者登録 技能を見える化することで、適正な賃金水準の確保をめざします。
事業者登録 施工能力の見える化で優秀な技能者を育てる事業者として能力をアピールし、仕事の受注につなげます。

CCUS登録のメリット(技能者)

  1. 技能や経験が証明される
    建設キャリアアップシステムの導入により、客観的に技能や経験がわかるようになります。仕事をした分だけ実績がたまり、仕事を受けやすくなることもあるといえます。
    ※レベル判定システムで建設キャリアアップシステム利用前の「経験」を能力評価に組み込めるのは、2024年3月まで(それ以降は技能者登録を申請しても過去の経験が反映されません)。
  2. めざすべき将来像が明確に キャリアのレベル分け
    国土交通省は建設キャリアアップシステムの活用を通じて、就業状況や保有している資格に応じて、以下の4段階で技能者のレベル分けをしています。レベルによりカードの色分けもなされ、目指すべきキャリア(「(職長など)将来どんな仕事をしたいか」「どのくらいの収入がほしいか」など)が明確になります。
  1. 共通のものさしで 適正な賃金を
    建設業では、これまで経験や知識は明確なものさしがなく、伝わりづらい部分がありました。しかし、建設キャリアアップシステムを活用し個々の能力を「共通のものさし」で測ることで、適正な賃金を受けられる機会が広がります。
  2. 建退共制度との連携も
    建退共(建設業退職金共済制度)では、共済手帳に証紙を貼り付けることで掛金を積み立てます。建退共制度の電子申請方式の導入に伴って、建設キャリアアップシステムで蓄積される就業履歴をデータ連携により掛金充当に活用し、退職金給付の徹底と事務の効率化につなげることが可能。辞退届のトラブルも防げます。

建設キャリアアップシステムで若者が育つ建設産業へ

建設キャリアアップシステムの大きな目的は、建設現場で働くみなさんの技能・経験を適切に評価し、誰が見てもわかる形で現場経験を記録し、技能を「見える化」することです。
職種別の能力評価を、「技能労働者の適正な賃金水準の確保」につなげる運動としてさらに大きくしていくことが必要です。

登録・技能者レベル判定は京建労で

京建労は実績豊富な認定登録機関。また、組合員は技能者レベル判定を受けることができます。レベル判定を受けるための保有資格等の基準は職種によって異なります。くわしくはご相談ください。

登録申請についてはこちらをご覧ください

ページトップへ戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に