Web建築ニュース

2021.7.16

最高裁判決後初の京都訴訟期日/国は和解へ 企業も責任を

 関西建設アスベスト京都2陣訴訟の第22回期日が、7月1日に京都地裁で開かれ、原告の中村さん(元船井・中村さん遺族)・佐伯さん(元右京・佐伯さん遺族)が弁論に立ちました。閉廷後には弁護士会館で報告集会……

2021.7.16

働き方見直す集会で建設アスベスト闘争を報告

 7月10日に「働き方を見直す京都集会」が開催され、全体で約100人が参加しました(現地40人・京建労から6人)。 テーマは「今こそ、人間らしく働き安心できる職場と社会を」で、コロナ禍だからこそ人間……

2021.7.16

実習交えて記事や見出し学ぶ/主婦の会がオンライン機関紙教室

 7月10日、本部主婦の会は機関紙作成の支援企画として「機関紙教室」にとりくみました。まず第1部として、本部主婦の会教宣部を対象とした「見出しとキャプション講座」が午前10時から京建労会館で行われ、建……

2021.7.16

いらかの波 No.1187

「お父さんおかえり!」と駆け寄る幼き日の私、ゆうに40年以上前のこと。現場から帰宅した父が言う「ちょっと待ってや。今日はチクチクやしな」。父の言う「チクチク」、そのどこかひょうきんな響きからも、命にか……

2021.7.5

核なき世界へ、思い一つに/「平和」を考える夏到来

広島と長崎に核爆弾が投下され、多くのいのちが奪われてから76年の夏を迎えます。毎年この季節には、平和を考えるとりくみが催されます。コロナ禍において形の変化はありますが、「あの戦争は繰り返してはならない……

2021.7.5

北/支部でもすすめる学習月間/率直、前向き次世代

 北支部では「組合の歴史を学び、今後の活動に向けた分会間の交流」を目的に役員学習会を6月23日に開催。20人の支部・分会役員が参加しました。当日は、組織部が学習会をすすめ、組合の歴史や専門部の活動、北……

2021.7.5

コロナ禍で生活激変 困窮者を救え/「支援プロジェクト」各所で開催

 コロナ禍において、働く現場や学ぶ形が変化を強いられ、多くの国民が困難に陥っています。そういった困窮者を助けようと食材や生活必需品を配布する活動「食材等支援プロジェクト」が広がっています。京建労でも多……

2021.7.5

労組と野党が手をつなぎ新政権を/京建労第27期労働学校が開校

6月23日と24日に、京建労第27期労働学校がひらかれました。今年は1日目に下関市立大学から関野教授を招いて「経済情勢」を、2日目には立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長の安斎育郎さんから「平和運動……

2021.7.5

新部長に山川さん/青年部が第59回定期大会を開催

 本部青年部は6月27日に第59回定期大会を書面による決議で開催しました。会場となった京建労会館には本部三役と担当書記など6人が参加し、事前に各支部から送られてきた手続き書をもとに、各議案と予算、決算……

2021.7.5

いらかの波 No.1186

「運動のオンライン化は代替手段か、新たな手法か」私の中でさまざまな思いが交錯する▼京建労第27期労働学校はYouTubeLIVEを活用したオンライン配信で行われた。2020年の第26期もYouTube……

最新記事

カテゴリー

月別

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に