京建労がついてるで!
京建労がついてるで!

Web建築ニュース

2018.7.4

いらかの波 No.1126

「4人に1人が京建労」。私が元気になるフレーズのひとつだ▼京都に住まう建設従事者のうち25%は京建労に加入しているわけで、ひとつの現場には必ず複数人の組合員がいるといった計算だ。仲間の皆さんはその現状……

2018.7.4

いらかの波 No.1125

「出発、進行」。この言葉誰しも聞いたり、目にされたことがあるだろう。鉄道用語で前方にある出発信号機が、進行表示を示したことを確認する際に発せられる指差呼称にすぎない。言葉は聞き流していると本来の意味を……

2018.6.7

いらかの波 No.1124

第66回本部定期大会が終わった。いつものように発言時間になると初競り状態。議長はその中から選択しなければならない。慣れないとドギマギする。でも決まればピタリと静かになる。さすがだと感心する。▼「この度……

2018.5.18

いらかの波 No.1123

5・3憲法集会のデモ行進の最中、「ノボリ旗の写真を撮ってほしい」と仲間から声をかけられた▼「上京支部、中京支部、下京支部、東山支部のノボリ旗が並んで行進している写真を撮ってほしい」という依頼だった。そ……

2018.5.7

いらかの波 No.1122

桜の花が例年より早く咲き始め、春なのに夏が来たかと思うようなあたたかさ。燕が飛びかい、梅雨が来るのが早いと言われ。私も六十七歳から六十八歳、1年あっという間に過ぎ去ろうとしています▼先日、妻がひとりで……

2018.4.16

いらかの波 No.1121

先日、出張で鹿児島におもむいた。街は西郷どん一色でお迎えといったところだった▼翌日レンタカーで知覧特攻平和会館まで行き、林の中にたたずむ三角兵舎という出撃前に特攻兵士が過ごす半地下の建物を見学した。当……

2018.4.10

いらかの波 No.1120

「サクラサク」。携帯電話どころか各家庭には電話機も無い時代に、入学試験の合格発表を家族に知らせた電報の一文である▼日本人にとって桜(ソメイヨシノ)の花は心が躍る木であると思う。山間のわが故郷は山桜か八……

2018.3.19

いらかの波 No.1119

平昌オリンピック競技で印象に残ったのが「カーリング」、別名「氷上のチェス」とも言われる。重さ20㎏もあるストーンを滑らせ、前方にある円マークの中心をめざす。交互に何回か投げて最も中心円に近いチームに得……

2018.3.5

いらかの波 No.1118

昨年、京丹後市から84件の工事が発注された。その一覧表を見て驚く。64件(76%)が最低制限価格での落札。『当然その価格が公表されているのだな』と思った。ところが、積算根拠となる数値が公表されているの……

2018.2.26

いらかの波 No.1117

長男は高校3年生。春からは大学生となる。ひょんなことから息子と一緒に、私の30年前の卒業アルバムを引っぱり出した。アルバムの中の自分に、長男の年齢が追いついたのかと思うと感慨深い▼当時の私は進学への興……

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に