Web建築ニュース

5月1日は労働者の祭典「メーデー」/家族みんなで参加しよう

2019年4月8日

 5月1日に開催されるメーデーは、国連などが定める「国際デー」のひとつで、世界的に各国・各地でこの日に行われる労働者の祭典です。
90回目を迎える2019年のメーデーは、「許すな憲法改悪!安倍内閣は今すぐ退陣を!消費税10%増税阻止!」などのスローガンを掲げて開催されます。2019年の春闘で求めている「8時間働けば人間らしくくらせる賃金」を掲げて団結し、大幅賃上げ・賃金底上げをめざす一大決起の場として、同実行委員会が主催しています。
京建労でもシンボル・スローガンである、「働くものの団結で生活と権利、平和と民主主義をまもろう」とともに、労働者・職人と家族の立場から「若者が育つ建設産業へ」など仲間の要求を訴えて、京都府内各地の「メーデー」に参加します。
集会の後にはデモ行進を行い、工夫をこらしたプラカードやデコなどで市民に私たちの要求をアピールしながら歩きます。仲間どうしや家族でお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。
なお参加の際は所属する支部にご連絡いただけると助かります。

【建築ニュース1141号(2019年4月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に