Web建築ニュース

3年ぶりの対面喜びあう/青年部が第60回定期大会を開催

2022年7月5日

 6月23日、3年ぶりに対面での青年部大会が開催され、久々に仲間が一堂に会したことを喜びあえる場となりました。
感染対策として代議員定数を制限しながらも11支部から25人が参加。各支部の経験報告や、新しく部員になった仲間から決意も語られました。
亀岡支部の23歳の仲間は、コロナ禍で青年部に入っても何もできなかった2年間の思いから「これからは新しいことを頑張りたい」と語ってくれました。
午後からは奥野書記次長から「一人親方問題」について講義を受け、3つのグループに分かれて全員発言を行い、自らが置かれている立場や階層を意識しながら、労災やインボイスなどの内容を深めあいました。
法人事業主や一人親方でインボイスの捉え方の違いに議論が紛糾する場面もありましたが、建設関係に従事する若い仲間が生き生きと働き続けられる業界にしたいという思いを確かめあう貴重な場となりました。
【建築ニュース1207号(2022年7月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に