Web建築ニュース

いらかの波 No.1105

2017年7月6日

6月、梅雨の中休みで快晴の日に平和行進に参加した。道路脇にある温度計は32度を表示する中で、長さ200メートルの隊列が「戦争をなくせ」「核兵器いらない」「原発をなくせ」「ノーモア広島」「ノーモア長崎」と平和への思いを唱えながら、西へと行進し次の地域へとバトンを渡した。地元自治体で原水協の理事をして3年。少しずつ自治体平和の運動がわかるようになってきた▼日本原子力研究開発機構の研究開発センターで放射性物質が入る容器が破裂し、5人の作業員が内部被曝した。何年か前に放射性物質をバケツで扱い、2人が被曝しその後に死亡したのを忘れたのか▼日本にある発電用原子炉は全部で59基。そのうち廃炉決定しているものが15基。日本海側にズラリと並ぶ原子炉、その手前の洋上に落ちる北朝鮮の弾道ミサイル。人類は有事の原子炉を制御できない。福島第一原発の事故で立証された▼総理、原発は即時停止がいいですよ。総理、生物兵器やナパーム弾は大量殺戮兵器で、核爆弾は違うのですか。総理、世界で唯一の被曝国である日本が、核兵器禁止条約制定に参加しないというのはどういうことなのでしょうか。総理、あなたは本当に国民の代表なのですか。(熊)

【建築ニュース1105号(2017年7月15日付)】

一覧に戻る

特集

  • 社旗保険加入指導
  • 若者に魅力ある建設産業に