京建労がついてるで!
京建労がついてるで!

Web建築ニュース

いらかの波 No.1119

2018年3月19日

平昌オリンピック競技で印象に残ったのが「カーリング」、別名「氷上のチェス」とも言われる。重さ20㎏もあるストーンを滑らせ、前方にある円マークの中心をめざす。交互に何回か投げて最も中心円に近いチームに得点が入る▼相手チームのストーンを弾き出すのも、1個を犠牲にして相手チームの邪魔をするのも戦略の一つで、ルールを知れば知るほど頭脳的プレーに手に汗する。休憩中におやつを食べる「モグモグタイム」や、プレー中にマイクを通して聞こえてくる「そだねー」など、他の競技にはない面白さがあり、好きになってしまった▼一方「パシュート」と呼ばれる競技では、韓国代表が自国民から非難をあびて謝罪する事態になった。他国のチームであればまったく無関心であっただろうと思う▼国内外を問わず無関心ほど怖いものはない。原発や改憲をめぐる問題、データの改ざんや隠ぺいと、官民問わず問題は山積▼京都府で知事選挙が行われるが政党選挙ではなく、私たちの代表を決める選挙。組合活動として全力で奮闘しよう。推薦する候補を知事に押し上げて全国につなげよう。府民に目を向けて、寄りそってくれる知事をつくろう。政府にエールを送る府政は退場を願うばかりだ。(刈)

【建築ニュース1119号(2018年4月1日付)】

 

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に