Web建築ニュース

100周年にあたるメーデー/いのち守るため労働者が団結

2020年5月1日

 京建労本部・支部は、毎年5月1日に京都府内の12ヵ所でひらかれる各地域ごとの「メーデー大会」に参加しています。
しかし、2020年に京建労が参加を予定した「メーデー大会」は新型コロナウイルス感染症による影響で、全会場の集会とデモ行進が中止になりました(「宮津与謝統一メーデー大会」はスタンディングアピールを行う)。
また、本部・京都市内支部が参加を予定した「第91回全京都統一メーデー大会」についても、二条城前でひらかれる集会とデモ行進は中止となりましたが、「メーデーアピール」の公開・「SNSメッセージプロジェクト」(左上参照)・京都新聞への新聞広告などにとりくみました。
2020年のメーデーは、日本で最初にメーデーが実施された1920年から大きな節目となる100周年の記念大会にあたっていました。
左上に紹介する「SNSメッセージプロジェクト」は、各界の労働者の仲間たちがそれぞれの要求を掲げた写真を撮影して、スライドショーを動画配信サイト・ユーチューブで公開するもので、公開日以降も見ることができるものです。京建労本部からは、吉岡執行委員長と、本部主婦の会のみなさんがスライドショーに登場しています。
また、「第91回全京都統一メーデーアピール」では、「今ほど、いのちを守るために、労働者の団結が求められる時はありません。新型コロナウイルスの感染拡大防止に先頭で立ち向かっている医療や公衆衛生現場、福祉労働者をはじめとする仲間に団結して、命と暮らし、雇用と生業を守りぬくために力を合わせることを心から呼びかけるものです。(中略)日本初のメーデーから一世紀。どんな情勢下でも、闘う歴史と伝統を受け継ぎ、働くものの団結で、生活と権利、平和と民主主義を守るため、ともに奮闘しましょう」と訴えています。

【建築ニュース1164号(2020年5月15日・6月1日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に