Web建築ニュース

現地から要請受け 被災地・岡山へ/支援隊を組織し復旧活動

2018年8月3日

 京建労では2018年7月豪雨の被害に関して、全建総連と建労岡山から支援要請を受け、7月28日に復旧支援活動に参加しました。
参加したのは山中副委員長を先頭に京都中央支部の佐々木さん、宇治支部の杉原さん、右京支部の寺島書記、伏見支部の中川書記の5人。被災者宅のガレキ撤去や洗浄作業などを他県連組合の仲間とともに行いました。
また本部青年部でも建労岡山青年部の要請を受け現地入り。被災者の激励などを行い、伏見支部などで集められた義捐金を手渡しました。

【建築ニュース1128号(2018年8月15日付・9月1日合併号)】

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に