Web建築ニュース

憲法リレー宣伝/9条25条の旗再び

2020年11月4日

9条改憲NOの署名/協力も激励も受けて(乙訓)

10月18日に阪急東向日のイオン前にて、宣伝行動を行いました。
この日の午前中は、仲間ふやしの日曜行動で、午後からは「9条改憲NO! 改憲発議に反対する全国緊急署名」への協力を訴える活動に9人でとりくみました。
「戦争は反対」と署名してくれる買い物客や、「野党も頼りないけど、今の自民党はあかん。信用でけへん。あんたら労働組合もしっかりしいや」と、ご年配の方からの激励も受けました。
また、「父が元組合員やった。京建労のことはよく知っているし、世話になった」と自ら歩み寄ってこられた方もあるなど、市民にアピールすることができました。
コロナ対策としては、マスクの着用と、署名してもらうボールペンは使用の都度アルコール消毒を行い、1時間の宣伝で11筆の署名協力がありました。

日曜支部健診と同時/9条守ろうと大勢で(奥丹後)

 10月25日に「たんご協立診療所」にて、日曜日開催の「支部健康診断」にとりくみました。健診で多くの仲間が集まる機会を活用して、同日同時刻に診療所前の国道沿いで「憲法9条リレー宣伝」を行い、総勢51人の組合員・家族で多くの参加協力を得られました。
奥丹後支部の健診の日の宣伝は恒例化していて、多くの受診者は健診が終わると順々ではありますが、のぼりやプラスターを持ってアピールしてくれます。知っている人がいると一緒なって参加しやすく、若い世代や子ども連れでも「平和、9条を守ろう」と気軽に参加。また、健診のレントゲン車の技師さんも常連さんで、時間の合間をぬって参加してくれます。
当日は天気も良く、特に最近の土曜日・日曜日は県外ナンバーが多いので、より広くアピールすることができました。

【建築ニュース1172号(2020年11月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に