Web建築ニュース

学びと交流の次世代企画/DJパフォーマンスで熱気最高潮

2018年11月15日

 11月11日、本部次世代建設委員会は東山区にある「MAHARAJA祇園」にて次世代交流イベントを開催し47人の仲間が参加しました。
イベントの前半は学習企画として、「建設現場のクレーム対応」と題し、建設紛争などを専門に扱う上田敦弁護士による講演が行われました。
契約書のあり方からクレームへの対応法、民法改正などが詳しく話され、参加した仲間たちも、メモを取ったり質問をしたりと真剣に聞き入っていました。
後半は昼食をとりながらの交流会として、名刺交換会などを開催しました。早速仲間たちは近くにいる人たちと名刺交換をしながら自己紹介をし、自身の仕事や地元の話などでおおいに盛り上がりを見せていました。
交流会は山中副委員長の司会で進行し、中盤にはマイクを通して全体への自己紹介や日ごろ思うことなどを代わる代わる発言しました。
 「塗装業をしています。仕事受け付けます」や「親父から引き継いで2代目です。がんばっていきます」など若手ならではの元気な発言が多く聞かれました。
クライマックスにはダンスタイムとして、この日限定のスペシャルゲスト「DJ・K」によるパフォーマンスが行われ、参加者たちも憧れのMAHARAJAで踊り、交流を深めていました。

【建築ニュース1134号(2018年12月1日付)】

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に