Web建築ニュース

大工21800円、鳶工23400円/設計労務単価が8年連続上昇

2020年3月16日

国土交通省は2020年3月から適用となる「公共工事設計労務単価」を発表しました。全国全業種平均で前年から2・5%引き上げられ、2万214円となりました。
今回から新たに有給休暇の取得義務化もふまえて、年5日の有給休暇取得に必要な費用も反映した内容となっています。
2013年の政策的な引き上げから8年連続の増額となり、2012年度比54・6%、7142円増となりました。
京都府の全業種単純平均では2万3952円で前年比3・1%、728円増となりました。主要業種の設計労務単価は以下のとおりです。公共工事に従事する皆さんは、ご自身の賃金(日当)と比較してみてください。
【2020年3月から適用される設計労務単価(日額・8時間就労・京都府)】
・大工   2万1800円
・左官   2万2900円
・とび工  2万3400円
・型枠工  2万3500円
・鉄筋工  2万2900円
・鉄骨工  2万1900円
・電工   2万400円
・配管工  2万1000円
・塗装工  2万4800円
・内装工  2万3900円
・サッシ工 2万3700円
・ガラス工 2万2200円
・溶接工  2万4700円
・造園工  2万900円
※右記で紹介している業種以外については、国土交通省のHPで報道発表資料を参照してください。

【建築ニュース1161号(2020年4月1日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に