第46回住宅デー 6月11日(日)
第46回住宅デー 6月11日(日)

Web建築ニュース

主婦の会/夏休み子ども応援企画の紹介

2021年9月15日

飲食とりやめて短時間で恒例行事/醍醐

 主婦の会では、8月の日曜日に「子ども工作教室」にとりくみました。
毎年夏の期間に開催して、近年では工作をしたあとに、流しそうめんや焼きそばを食べる「暑いけど楽しい」と好評だった恒例行事になっていました。
しかし、2020年は感染防止から開催を見送りましたので、「今年こそは」と役員で準備をはじめ、飲食はともなわないとりくみとして開催しました。
作品は、木工キットの中でも短時間でできそうな「ミニラック」に挑戦することにしました。
事前の試作では、役員5人で、ああでもないこうでもないと言いながら作った結果、完成図とは異なるものができ上がりましたので、当日は大工さんに手伝ってもらうことにしました。
そうして迎えた当日、子どもの参加は1人にとどまりましたが、みんな満足のいくできあがりとなりました。

みんなの応援で作品が完成

 中丹支部主婦の会は、8月1日に「夏休み子ども企画」として木工教室を支部事務所でとりくみました。
子ども7人・シニアの会6人・大人11人が参加して、スライド式本棚・イス・ラックを作りました。
お父さんと一緒にラックを作ったゆうり君は、「むずかしそうと思ったけど簡単だったし、いっぱいものが入りそう」と満足したようす。最年少のみゆちゃんは、本棚に挑むもオネムに勝てず、お母さんとおじいちゃんが頑張りました。
シニアの会のみなさんの全力応援のおかげで、無事に全員が作品を完成させることができました。

【建築ニュース1190号(2021年10月1日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に