Web建築ニュース

いらかの波 No.1201

2022年4月8日

京都府知事選挙に立候補したかじかわ憲さんの政策ビラの中に、「ひとりの仕方ないからみんなで変える」と書かれていた。私は労働者の代表として立ち上がった候補者らしいと感じた▼労働組合は年間を通じて仲間を迎え入れ、要求実現に向けてみんなで運動にとりくんでいる。ただ労働運動とは何なのかわからないまま去る仲間も多くいる。私も組合に入ったころは労働運動とはどのようなことかわかろうともしなかった。たまたま青年運動にかかわることがあり、いろんな職域で働き、環境や賃金で矛盾を抱えている人が多くいることを知り、私もできる場面で力になりたいと感じるようになった▼組合の中には仕事に追われ、家庭に追われて大変な思いをしている仲間がそばにいるかもしれない。そんな仲間こそ、「一緒に組合で学習しよう」と声をかけることが重要。建築ニュースを一緒に読み、学ぶ、機関紙はみんなに同じ情報を伝え、学習できるツールの一つだ。分会集会や班集会で機関紙を話題にして考えの交流ができる集会が作れたら、その繰り返しが自信を高め、その集合体が運動の力となり今の状況を変える手段になる▼みんなが知恵をつけて、変えていく力となればと思う。(政)

【建築ニュース1201号(2022年4月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に