Web建築ニュース

いらかの波 No.1200

2022年3月17日

少し前のことだが、道上洋三さんが、長年続けていたラジオ番組を3月25日の放送をもって卒業することとなった。9月に脳梗塞を患い、リハビリを続けてこられたそうだが、復帰はかなわなかった。ここ数年、現場に向かう車でずっと聴いていたので大変残念なニュースだ▼先にもう一人の大御所である浜村淳さんを聴いていたが、スタート時間が通勤時間と合わずに自然と道上さんの番組を聴くようになった。昔、父親が道上さんのラジオを聴いていた時は、朝から大声で「六甲おろし」を歌う変な「おじさん」というイメージだったが、時が経ち自分も「おじさん」となったのが面白い▼国の政治や時事問題にも率直に切り込む熱さが私は好きだった。ロシアのウクライナ軍事侵攻に、道上さんならどう切り込み、どんな言葉で私たちに伝えてくれただろうか▼偉大な先輩のあとは大変だと思うが、道上さんもかつては中村鋭一さんという偉大な方の後を受けての登板で、苦悩したと言っていた。次は道上さんの後輩アナウンサー2人が担当するが、自分のカラーを出して元気を届けてもらいたいものだ。いつか元気になった道上さんがゲストで来てくれる朝を楽しみに、今日も私は現場に向かう。(人)

【建築ニュース1200号(2022年4月1日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に