Web建築ニュース

いらかの波 No.1197

2022年2月2日

先日、現場の帰りに自動車の事故現場を目撃しました。渋滞していたので確認できたのですが、高齢者による単独事故のようでした▼昨今、ニュースでよく見かけるのは高齢ドライバーによる自動車事故。76歳になる私の父も現役ドライバーとして、ほぼ毎日車を運転しています。まだ働いてくれてますし、休日になると母親を連れて大好きなドライブや買い物にもでかけます。しかし最近車が無いのを見ると心配になります。常に横に乗っている母親に「親父の運転最近どう」と聞いてみると、「時々ドキッとする時がある」と答えてくれました▼本人にも確認すると「まだまだ大丈夫。次乗り換える時は軽自動車にするわ」という返事でした。私は「もうぼちぼち免許の返納を」と提案をしたかったのですが言いづらくなりました▼しかし他人を巻き込んでしまう事故があってからでは遅いので、しっかり向き合って家族で話し合っていこうと思います▼車を運転する以上、事故はつきものです。私たちの仕事は道具や材料を車に載せ、毎日仕事に向かう方が大半です。一瞬の気の緩みが大惨事を招きます。高齢者に限らず、初心に戻り危険な物を扱っているという気持ちで運転に努めようと思います。(忠)

【建築ニュース1197号(2022年2月1日・15日合併号)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に