Web建築ニュース

いらかの波 No.1191

2021年10月5日

長かった新型コロナウイルス感染拡大の第5波も、感染者がずいぶん減り京都の緊急事態宣言も解除の運びとなった▼今年の春から新しく仕事仲間となった見習い君の歓迎会はおろか、まだ晩御飯も一緒に行ったことがない。真面目に頑張っているので、美味しいものでも一緒に食べに行きたいものだ▼周りの同年代が次々とワクチンを接種したという話を聞いて、自分は基礎疾患もないからあとでいいと思っていたが焦ってきた。宣言は解除となるが子どもの通う小学校の運動会は保護者見学2人までで、各学年時間差で行われる。保育園は保護者見学1人まで。子どもを預かる側も対策で大変だと理解はできるが、やはり親としてはさみしいところがある▼秋の仲間ふやしも支部の出陣式を8月末に開催し、スタートダッシュをかけると決めていたが、延期が重なり支部役員の中でも意思統一ができぬまま、できることを細々とやっている現状。そんな中でも仲間の協力で加入もゼロではない。すべてが解禁ではないが、多くの仲間に組合の良さを知らせ、仲間ふやし運動への協力をよびかけ、10月攻勢で支部の仲間ふやし目標、青年と主婦の会の目標達成をめざして頑張り抜きたいと思う。(人)

【建築ニュース1191号(2021年10月15日付)】

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に