Web建築ニュース

いらかの波 No.1175

2021年1月3日

明けましておめでとうございます。2020年、私たちの生活を激変させた新型コロナウイルス感染症。2021年も猛威をふるうのか心配だ▼ウイルスの存在は人類の歴史よりも古く、地球の誕生とともに現在に至るという。コロナウイルスは少しずつ正体が解明されてきたが、未だ克服は困難な現状。やがてワクチンも開発され、流行病となってくれることを望みたい▼恐ろしいものの例えとして「地震、雷、火事、親父」とあるが、親父の威厳は薄れ、自然災害は頻発し人々を苦しめている。しかし私たちは負けない。さまざまな経験を積み、対処する力を身につけてきた。多くの人の知恵を集め、工夫をして生活のあり方も変化させ、みんなの力でこの困難を乗り越えよう▼正月休みを利用し、実家の祖父母宅や親せきの人たちとの出会いを心待ちにしていた人も多かったろう。今回はオンラインで、元気な姿を確認しあうのも悪くない。若者から高齢者を問わず利用への環境整備が必要になり、使いこなす技術もいるので、私には少し気が重いところだが、命とくらしを守るためには止む無しである▼本年の干支は「丑」。ゆっくりでも力強くすすむ背に乗り、良き一年をともに歩もう。(刈)

【建築ニュース1175号(2021年1月1日・15日付)

最新記事

カテゴリー

月別

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に