Web建築ニュース

いらかの波 No.1134

2018年11月15日

ついに我が家にも最新のゲーム機が登場した。11月に誕生日を迎えた長男のたってのお願いによるものだ▼9歳になった長男。早いか遅いかは別として、いよいよ欲しいと思ったかというのが私の思い。小学3年生になり、学級委員長や新聞委員などさまざまなことに積極的に挑戦する姿に私も励まされたので、今回は彼のお願いを叶えてあげることにした▼次男や三男、じいちゃんやばあちゃんが見守る中、待望のゲーム機開封。ぱぁっと明るくなる表情。開口一番、彼は「みんなでやろう」と家族の顔を見渡した。なんだか久しぶりにみんなで笑った気がした▼この秋の仲間ふやし月間では、多くの仲間が活動に参加した。その人数、実に2127人である。みなさんが運動にかけた時間と比例し、仲間同士の絆は深まり組合は前にすすんでいる。その前進の礎には仲間を組合に送り出してくれた家族の存在がある。仲間たちが元気に楽しく参加できるのは家族あってこそ。あらためて、家族のみなさんには感謝を申し上げたい▼この秋、あまり一緒にいられなかった息子たちとともにゲーム機を囲んでたくさん笑った。勝った負けたと大げさにはしゃぐ私の姿を見て、長男が一番うれしそうに笑っていた。(熟)

【建築ニュース1134号(2018年12月1日付)】

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に