Web建築ニュース

いらかの波 No.1133

2018年11月6日

紅葉の季節を迎え、早いところでは冬支度の準備が忙しくなる。行楽地では大勢の人々が行き交い、賑やかながらも晩秋の寂しさを感じることも多くなる。四季があり、それぞれの美しさもまた格別▼西日本豪雨や河川の氾濫、地震による倒壊など大きな被害を受けた地域の人々には、一刻も早く復興できるように、政府はもとより全国の支援が必要だ▼東京へ到着し各地を巡りながら関西へと向かい、関西から出国する「ゴールデンルート」が訪日客に人気。しかし連絡橋への衝突事故や、空港島の浸水被害などで旅行客は激減した。ふやすためには様々な工夫が必要だろう▼工夫といえば我々の仲間ふやし運動も様々にとりくまれているが、集約し共有することで運動する力量を高めなければならない。多くの情報を集約し、内容を把握して行動の指針をつくることが必要。各支部共に奮闘されたことだろう▼正しい情報を発信し、確信を持つことは大切だ。沖縄県知事選挙に続き、那覇市長選挙でも米軍基地移設に反対する候補者が再選勝利。政府は移設が実現すれば、飛行経路が海上となり騒音軽減、負担軽減になるという。空域については一切言及しないままで、そんな言葉をあなたは信じられますか。(刈)

【建築ニュース1133号(2018年11月15日付)】

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に