未分類

【アスベスト訴訟】3月の上告審弁論、「完全勝利」へ全力支援を/「仲間の無念報われた」原告の声

2021年2月17日

【1陣共同代表・中尾さん】
まずはともにたたかった仲間たちに「勝ったよ」と伝えたいと思います。この勝利で仲間の無念も報われました。
喜びを噛みしめたいが、3月には仲間の弁論があります。全力で支援して、完全勝利を勝ちとりたいと思います。
これまでに多くの仲間が亡くなりました。ようやく救済の道がひらかれた。国もメーカーも自分たちの責任を認め、これから出てくるであろう被害者救済に全力をあげてほしいと思います。
【1陣共同代表・義経さん(大作さん遺族)】
夫・大作はアスベスト疾患にり患し病床で「真面目に働くものがばかを見るんだな」と漏らし逝きました。本当に悔しかったろう、無念だったろうと思います。
墓前には犬死ではなかった、何も間違っていなかったよと伝えたいと思います。支えていただいたみなさん、本当にありがとうございます。
経済発展のために、亡くしていい命などありません。毒だとわかって生産し流通させた罪は重い。二度とこのようなことがおこらないようにしてほしいと切に願います。

【建築ニュース1177号(2021年3月1日付)】

一覧に戻る

特集

  • 京建労住宅デー
  • 若者に魅力ある建設産業に